ブログほほえみ通信

野菜多め、タンパク質不足になっていませんか

パンやパスタやスイーツなど「糖質が好き」でという女性は多いと思います。
けれども「タンパク質不足」にならないよう気を付けましょう。


糖質を減らした分をタンパク質で補えば問題ありません。


肉や魚などのタンパク質は出来る限り朝、昼、晩摂りましょう。

タンパク質は、体をつくるうえにおいても、もっとも大切な栄養素なのです。
ほほえみ鍼灸院に不妊治療にこられている40代の患者さんにレバーや赤身の肉を、毎日普段より多めに摂っていただいたら、卵子が多くとれて卵子の質もアップしていました。

 
野菜も体にはいいですが、卵子の質をアップさせるなら、タンパク質は必要です。
肉や魚を意識して食べていただくとと3、4ヶ月後には卵子の質がアップしますし、着床しやすい体をつくることにつながります。

体外受精の病院を何度か変えてみたけれど、うまくいかないと思っている方は日々の食生活を変えることが必要です。
体外受精で使う薬や注射で卵子はよくなりません。

 
ご自分の体をつくることが 先決ですよ。
体に良い食べ物はこれまでのブログに載せてありますので、参考にしてくださいね。

 

 

食事で妊娠しやすい体づくり

http://kodakara.hohoemi-baby.net/?cid=13

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

  • 2016.06.30 Thursday
  • -
  • 11:28
  • -


記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索