ブログほほえみ通信

体外受精受精のクリニックの選び方

ほほえみ鍼灸院には様々な段階の方が不妊鍼灸治療に来られています。
その中でも強刺激の採卵方法を行っているクリニックで何回も採卵を繰り返しても妊娠できず、鍼灸治療に来られる患者様も多くいます。

強刺激で何回も採卵を繰り返しているので、卵子がだんだん採れなくなって、このまま繰り返すとますます薬で卵巣が弱って妊娠できなくなります。
こうなってしまった場合、何か月か採卵を休んで薬を体から抜かないと妊娠は難しいと思います。

焦る気持ちはあるでしょうが、卵巣を休めることが大切です。
妊娠に必要なのは妊娠できる質の良い元気な卵子が1つあれば良いのです。
強い薬やホルモン剤で弱ってしまった卵子がたくさん採卵できても妊娠には繋がりません。

そして次はできれば軽い刺激の採卵方法のクリニックを選んだほうが良いと思います。
 
また、一般の産婦人科で「不妊治療」としてクロミッドを処方されます。
数ヶ月、中には1〜2年も服用し続けてきた方もおられます。
けれども、長い期間クロミッドを飲まされてタイミングを取りつずけても妊娠できず、その後そのまま体外受精のクリニックに転院しても、またすぐに薬をつかって採卵するのでまず良い卵子が採卵出来ません。

長く排卵誘発剤で卵巣を刺激し無理に排卵させているので卵巣が弱ってしまっています。
やはり少し卵巣を休ませてから採卵しないと妊娠できる良い卵子は育ちません。

卵子を育てるのは薬でなくあなたの元気な卵巣なのです。

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索