ブログほほえみ通信

赤ちゃんが結んだ夫婦の縁

不妊治療にほほえみ鍼灸院に来られている患者様の中には、ご主人が子どもを望んでいなくて、奥様だけが望んでいて鍼灸治療に通っておられるケースもあります。

話を聞いてみると、ご主人に子どもの頃に両親が忙しく兄弟も多いことから寂しい思いをしていたため、「子育てに自信がない」と言われたそうです。
 
子どもの頃の心の傷が残り、前に踏み出せないでいるようでした。
奥様の気持ちは変わらないのなら、ふたりでしっかり話し合ってもらってから改めて通ってくださいとお話しました。

2か月間治療を休んで話し合いをして、子どもを持ちたいというお互いの気持ちが決まった時、今まで嫌がっていた病院にもお二人で行くようになりました。
そして検査の結果、ご主人の精子が少ないことなども、理解したようでした。

それからご主人も生活習慣を変え、マカ、亜鉛を積極的にとってくれるようになり、夜も12時までには寝て、体を整えはじめたそうです。
 
奥様はその前から鍼灸治療でしっかり体を整えていましたので、時々治療に訪れていました。
それから2か月後、自然妊娠されました。

結婚して9年めに、ご主人の本当の気持ちを知たようです。
赤ちゃんのことを、通じてお互いを理解し、絆が深まったように思えます。
良かったですね。

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索