ブログほほえみ通信

【不妊治療】良い病院選び

ほほえみ鍼灸院には毎日たくさんの患者さんが、東京都内だけでなくいろいろなところから来られています。
ですので、不妊治療にとって良い病院の話も、そしてもしかしたら良くないかも..と思える病院の話も聞いています。

私たちが治療した方々の状況や経過から、また妊娠された方からの情報から、何年にもわたって人工授精をしたり、長期にわたってクロミッドを服用すると、妊娠しにくくなります。
たしかに排卵誘発剤で妊娠する人もいますが、そういう方は飲んだ初期に妊娠しますが、1年以上に服用し続けると反対に妊娠しにくくなります。

ですので、私たちは治療に入る前に詳しく今までの経緯をお聞きして、長くクロミッドなどの薬を飲んで生理をおこしたり、排卵を起こしたりしている方には、いったん薬をやめていただき、鍼と温灸で体を整え、薬を飲まなくてもきちんと、生理、排卵することができるようにします。

長期にわたってこのような薬を出す病院の場合、他の病院に変わることをお勧めします。
また何度かの体外受精を経験され、1度も妊娠にいたらなかった場合も、他の病院を探してください。

特に体外受精の病院に関しては、採卵の仕方が違います。
自分の体にあった病院探しが必要になります。
合わない病院にいってもダメな場合が多く、ある程度行ってダメな場合は変わってください。

自然妊娠をめざしている方が2、3年経っても妊娠しないので病院にいったら、排卵誘発剤を処方されて服用したことで、これまで生理周期が28日周期でで来ていたのに30日から35日になってしまい、体調が悪くなった方がおられました。
けれどもこの方は病院をやめて鍼灸治療に変え、体の状態を鍼と温灸で整えるとすぐ妊娠しました。
 
こういうことがたくさんあります。

初期の検査は必要なので、しっかりとした病院を探し、合わないと思ったら変わる勇気も必要です。
 
JUGEMテーマ:不妊治療

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索