ブログほほえみ通信

冷え症体質の改善

冷えは不妊の大きな原因のひとつです。

冷え症で体が冷えきって重い、疲れやすい、顔色が悪い、肩こりがある、ふとんに入っても足が冷たくて眠れないetc..。
このような症状は家庭でできる改善法があります。
 
食生活を見直す
まずは食べ物を変えてみましょう。
生野菜、果物を温野菜にしてみましょう。
特に、根菜類を摂るようにするといいです。
コーヒーを緑茶を紅茶やハーブティに変えてみましょう。
しょうがを入れ黒砂糖を加えた飲み物を1日に2〜3回飲むと体があたたまります。

筋肉をつける
1週間に1度〜2度、30分程度歩きましょう。
筋肉が増すことで基礎代謝が増えるので、体の中で作られる熱が増えます。
特に腹筋を鍛えるのがおすすめです。
 
ヘム鉄を摂る
貧血が原因で冷え症になることもあります。
ヘム鉄を積極的に摂取しましょう。
鉄の多い食べ物、羊の肉、レバーを食べるといいです。
 
あたたかい服装を
家の中でもスキー用のズボンをはく。
下半身は厚着、上半身は重ね着をしましょう。
できるだけ、ゆったりしたものを重ねて履くといいです。
靴なども窮屈なものは避けましょう。
5本指ソックスの上にソックスを重ねたり、温かい本物のムートンブーツを履くのもいいですね。

首、足首、腰を温める
首は脳に酸素や栄養を送る頸動脈などの血管やリンパ管や食道、神経など大切なものが細い場所に集中しています。
脂肪も少ない場所で血管から熱が逃げやすい場所なので、ここを温めると体も温かくなります。
 
足湯や入浴、そして早めの就寝
できれば夜寝る前に足湯をすると、ふとんに入ってからも体がぽかぽかになります。
お風呂に入って早めに12時までに就寝すると、疲れの取れ方が違います。

何度も言いますが、冷えは不妊の大きな原因のひとつです。
ぜひできることから試して体を冷やさないようにしてください。


不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索