ブログほほえみ通信

元気な卵子をつくるには

人の身体は4か月前の食べ物が血液となり今の身体を作っています。
人間の血液は120日(4か月)で入れ替わると言われていますので、しっかり体質を変えるには、まず4か月必要ということになります。
 
間違った食事、悪い生活習慣、過度のストレスは、私たちの代謝を司どり免疫力を高めるのに、不可欠な「酵素」を減らしてしまいます。
 
それは卵子にも影響します。
身体が欲している栄養素はしっかり摂り、身体を冷やすものはやめ、消化・吸収・エネルギー生産・排出がうまくいくように循環することで、代謝が良くなり卵子も元気になります。
 
1日の間に身体は新陳代謝で、1兆もの細胞を入れ替えています。
不要になった細胞は、死んでいきその近辺の元気な細胞を細胞分裂させ2個にし、その1つを失った細胞の後釜として成長させます。
 
私たちの細胞数は60兆です。
細胞の生まれかわりのサイクルは肌で28日、心臓で22日、骨は2年、卵子で90日、3周期かかってゆっくり成熟したのち排卵します。

体外受精では卵子を採卵しますが、90日前から育った卵子を採卵するということになります。
そのためにも、代謝を高めるような、生活習慣が大切です。
 
JUGEMテーマ:不妊治療

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索