ブログほほえみ通信

不妊症の原因を鍼灸治療で改善

不妊症で鍼灸院に来られる方で不妊症の原因と考えられる事は血行障害による冷えです。

そのために卵巣、子宮に栄養がうまく届かないために卵子の質が悪くなったり、子宮内膜が薄いなど冷えて着床しにくくなっていると思われます。

そのような方の生理の経血は色が黒っぽく、塊がある場合も。
また生理痛もひどい方が多いです。
一方、血行が良く暖かい子宮の方の生理は血液の赤い色をしています。

鍼灸治療をしていると生理の経血の色も赤く、塊もなくなってきます。
生理痛もなくなり暖かい子宮にかわります。
そうすることで妊娠しやすい体質へと変わってきます。

鍼灸院に来られる方で暑がりの方はいませんほぼ全員冷え症の方です。
長年クーラーなどで体を冷やしてこられているせいです。

体を暖めると妊娠しやすくなります。
ほほえみ鍼灸院では全身を温灸で暖めることで血行を良くして行きます。

体温が上がりホルモンが正しく分泌され排卵、高温期も安定して、子宮内膜も厚くなり妊娠しやすい体に変わっていきます。

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索