ブログほほえみ通信

精子の数と鍼灸治療

人工授精をされているカップルがご夫婦揃ってほほえみ鍼灸院に治療に来られています。

いつもご主人の精子の運動率が悪く、精子の数も1ミリリットル中1500万〜3500万匹ぐらいで妊娠しにくい状態でしたので人工授精の10日前より2回の鍼灸治療をさせてもらいました。
すると、1ミリリットル中7000万匹に増えていました。

お医者さんも奥さんも「別人のようだった!」とおどろかれていました。

2000万匹以上あれば妊娠は可能とされていますがやはり数は多い方が妊娠はしやすいです。
運動率も15%アップしていたとのこと。

東京の方はご夫婦とも夜遅くまで働いて、寝不足で疲れている方が多いです。
疲労している時は精子の数、運動率、にも大きく影響がでます。
男性も血流をよくして疲労を回復させることで精子の数、運動率ともに良くなります。

女性の方だけ治療しても男性の精子に力がないと妊娠は出来ません。
その様な場合は男性も鍼灸をしたほうが良いと思います。

男性の方はタイミングの前、精子を取る10日ぐらい前より2〜3回鍼灸治療をすることで精子は変わります。

 
JUGEMテーマ:不妊治療

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索