ブログほほえみ通信

何度も移植してもうまくいかない人は子宮に炎症がありませんか

ほほえみ鍼灸院に来られる患者様の中には、体外受精をして移植までいっても着床しない方がいらっしゃいます。
そういった方は子宮に炎症があることが多いです。

以前は大きな病院に行かないと調べられなったけれども、大きな体外受精専門の病院では検査することができます。

 
子宮に炎症がある場合は、抗生物質投与が必要なようです。
何度か移植してもうまくいかない方は一度調べることをおすすめします。

原因ははっきりとは分からないけれども、流産を繰り返して手術をしたときに炎症が起きることもあるようです。

特に年齢が若くて受精卵のランクが悪くないのになかなか妊娠されない方は、検査をしてみてはいかかでしょうか。

どこでもやっている検査ではないので、あらかじめインターネットで調べるか、病院へ問い合わせてくださいね。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索