ブログほほえみ通信

食事に対する意識を変えましょう

ほほえみ鍼灸院には子宝を望んでいるけれども、なかなか授からないという女性がたくさん訪れています。
そして、赤ちゃんをなかなか授からない理由が、必要な栄養素を摂っていないことだったり、からだの冷えからきていることを知らずにいます。

 

毎日の食事はホルモンバランスとも深くかかわっています。
栄養が足りない状態ではホルモンバランスも崩れやすく、妊娠はもちろん、生理不順や月経前症候群になったり、生理はあっても無排卵だったりします。
 
私たちの体はすべて食べ物からつくられています。
髪の毛、爪、皮膚、体内の血液や骨に至るまで、食べ物から作られているのです。
体外受精をしてなかなか妊娠に至らない方は、赤ちゃんが宿る子宮が冷えて固くなっています。
ふかふかの温かい子宮をつくるのも食べ物なのです。
 
特に35歳以上の方は気を付けなければなりません。
母体の年齢が上がるということは、卵子も年をとっていくということです。
男性の精子は毎日作られるのに対して、卵子は本人が胎内にいる時期から卵巣内でつくられいます。
そして初潮を経て、妊娠するまで休むことなく排卵されます。

また不妊治療による体外受精で、採卵の際、加齢によって採卵数が少なくなることもあります。
 
しかし食事や冷えの改善、生活習慣を見直すことで、「いい卵子」をつくることができれば40代でも妊娠率はアップします。
目に見えない細胞レベルから若返ることが出来るのです。
妊娠するために必要な食事のとり方などはこれまでこちらのブログでもたくさん紹介しているので、ぜひ参考になさってみてください。

 

食事で妊娠しやすい体づくり

http://kodakara.hohoemi-baby.net/?cid=13

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索