ブログほほえみ通信

妊娠と仕事の兼ね合い

多くの女性が仕事をされている現代。
仕事との兼ね合いもあり、結婚も当然遅くなりがちです。

そして、30代後半から40代になると部下も出来て、仕事の内容も難しくなるでしょう。
なかには管理職の試験や仕事上に必要な資格取得ために、長い時間をかけて勉強している方もいます。
そうした方がほほえみ鍼灸院には多く不妊治療にこられています。

 

こちらのブログでも時々お話ししていますが、仕事で激務をこなしながらの不妊治療は難しいと思います。
本当に今やらなければ後悔するかもと思うことが1番大切なことだと思います。

良い卵子を採卵するためには10時くらいには寝ること、ストレスを溜めないことだ大切です。
患者様の中には30代後半で自然妊娠したものの仕事が忙しく流産してしまった方がいました。
その方は子どもを授かるため、大学卒業後勤めていた会社を辞めて、妊娠するために頑張っている方もいます。
 
またデパートにお勤めの方も、ストッキングにパンプスで1年中仕事をしていましたが、どうしてもお子さんが欲しいということで仕事をやめて治療や体のケアに専念することで、無事妊娠しました。
さらに一人目は体外受精で妊娠だったけれども、二人目は自然妊娠されています。

いろいろな事情はあると思いますが、先で後悔のないようにご夫婦でしっかり話し合っていただけたらと思っています。

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索