ブログほほえみ通信

亜鉛と妊活

施術中に「亜鉛は摂った方が良いですか?」というご質問をいただきました。

亜鉛は、男性の精子をつくる上で必要というのは有名ですが、
亜鉛には、壊れた組織の再生や細胞を作る体の新陳代謝を上げる働きがあります。
女性の場合、受精卵の細胞分裂を促すのに亜鉛が関係します。
 
亜鉛の摂取量は9〜12mg/日
 
亜鉛が不足すると免疫力低下につながり、
風邪をひきやすくなったり、抜け毛や爪が欠けたり、食欲低下、味覚障害など起こしやすいです。
 
牡蠣など海由来の魚介類に多く含まれています。
他にも牛肉やうなぎ、玄米、大豆などにも入っています。
 
亜鉛はミネラルの1つでです。
ミネラルは体の中で作ることが出来ないので、食べ物から摂る必要があります。
けれども、ミネラルの利点は貯蔵できること。
 
妊活中にアルコールを飲んでいる人は少ないと思いますが、アルコールは亜鉛吸収を妨げるので注意が必要です。
 
日頃からバランスの良い食生活を心がけて亜鉛欠乏を防ぎましょう。
 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索