ブログほほえみ通信

うれしい便りが届きました

ほほえみ鍼灸院のポストには、時折卒業した患者様からお便りが届きます。
少し前に嬉しいお手紙を頂いたので、ご紹介させていただきます。

 

------------

院長先生 三鶴先生 古財先生 大変ご無沙汰しています。
妊活中には先生方に大変お世話にな、感謝しております。
おかげさまでん妊娠生活も無事に9ヶ月(33週)に入り、先日より仕事の方も産休に入ることができました。
もっと早くに連絡しようと思っていたのですが、この時期になてしまって申し訳ありません。

 

赤ちゃんの成長も順調で、検診のたびに大きくなっていて、胎動も元気いっぱいの女の子です。
妊活中には辛い経験もしましたが、その辛さがあった分、今お腹の子が愛おしくたくさんの幸せを感じております。
本当に先生方にはよくしていただき、生活面で気遣っていただいたおかげです。
辛い時にはたくさん話を聞いていただき、応援していただいたおけげで、
今こうして元気に過ごせているのだと思います。

無事に出産したらご報告させてください。


まもなく実家の仙台に里帰りします。
こちらに戻ってきた時には、赤ちゃんを鍼灸院に連れて行きますので、抱っこしてあげてください。

先生方のご多幸をこころよりお祈り申し上げます。

 

 

------------------

 

この方は看護師として働いておられ、妊娠にたどり着くまでに大変苦労されたのを覚えています。

本当に根気よく頑張ったと思います。


子どもは授かりものですが、粘り強く諦めなかった方は妊娠されて鍼灸院を卒業していくのも、いつも不思議に感じます。

このお手紙をいただいてしばらくしてから、無事出産し母子ともに健康とのお知らせをいただきました。
本当におめでとうございまあす。

便りがないのは元気な証拠といいますが、やはりお便りをいただけると嬉しいものですね。

そしてこのお手紙が、今 妊活で頑張っている方の励みになりますように。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索