ブログほほえみ通信

子宮内膜症、子宮筋腫

婦人科系の病気は、子宮や卵巣が冷えて血行が悪く、血液の循環が良くないことが原因で起こります。
子宮筋腫は子宮の筋肉にできる固い良性の腫瘍です。


水は冷蔵庫で冷やすと凍ります。
それと同じように体を冷やすと子宮や卵巣に病気がでます。

 

体を冷やすと上半身に血液が回ります。
何故かというと上半身には様々な臓器があるため、生命維持のために優先的に上半身に血液を送るのです。
子宮や卵巣など下半身にある臓器は生命の維持ににはあまり関わらないので、血液が回りずらくなるのです。
血液循環が悪くなると、弱っている部分に病気が出るのです。
 
子宮内膜症も原因についてはいろいろと難しいことがいわれていますが、おへそから下を温め、血行を良くすることで、症状が軽減されるのです。


へそから下にカイロ、仙骨にカイロ、おまたカイロをお勧めします。
体を温めて血流を良くしましょう。
そしてそれは妊活につながります。

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索