ブログほほえみ通信

かんばりすぎない子育て

ほほえみ鍼灸院に治療に来られる患者さんの多くの方が、下半身が冷えています。
しかしながら患者さんご自身は自分が冷えているとは思っていません。
ご自身の体調にしっかり目を向けていますか?

 

毎日の仕事や家事に追われ、完璧に近いくらいに仕事や家事をされている方が多く、無理に無理を重ねている方もいらっしゃいます。

出産し、お母さんとなった方々も体調を崩されている方も多いです。


特に一人目を授かり、二人目も授かると、一人目とは違い家事や子育てに追われ、体調を崩しやすくなります。
一人目のお子さんがいると、二人目の赤ちゃんが寝ていても、お母さんは休むことができません。
ご主人も忙しいので、土日しか見てもらえないため、体が疲れてしまうのです。
 
また思った以上に子育てが大変で、育児ノイローゼになり辛い思いをされていた方もいました。
自分一人で育てなければならないと思い込み、子育てが出来ていないのではないかとご自分を責めているように見たので、人からの援助を求めることは悪いことではないと、お伝えしました。

この方は千葉にいるお母さんに時々来てもらい、一番大変な時を乗り越えました。
お母さんは仕事をされていたので申し訳ないと思っていたようですが、必要な時はきちんと人を頼りましょう。
 
また、練馬区なら3時間1500円でお子さんを預けることも出来るのです。
そういう行政のサービスを利用したり、民間でやっているサービスもあるので、ストレスを解消しながらゆとりのある子育てをしましょう。
自分一人でがんばり過ぎないように。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索