ブログほほえみ通信

病院の選び方を間違えないで

体外受精の病院はそれぞれ異なるやり方で採卵や移植をしています。
ホームページやブログにどんなにいいことを書いていたとしても、実際やってみるといい加減なところもあります。

 

例えば、体外受精する前に、風疹の抗体があるかどうかを調べ、またクラミジアの検査とホルモン検査などをしますが、それらの検査を全くしないで体外受精に進んだ方がいらっしゃいました。
結局その病院ではうまくいかなくて、ほほえみ鍼灸院に不妊鍼灸治療に来られた方なので、しっかり検査ができる病院を紹介させていただきました。

 

妊娠中に風疹になると赤ちゃんに大変なことが起こります。
またクラミジアも赤ちゃんに影響を与えます。
だから検査をすることはとても大切です。

 

体外受精に進まれる方は病院を選ぶ時に
「家から近いから行きやすい」
といったような安易な理由で選ばないようにしましょう。

 
30代の方が強刺激の病院だとはしらないで、注射を毎日やっていたら尿がでなくなった方もいます。
そんなに辛い思いをして頑張って採卵したのですが、移植してもうまくいかず、どうしたらいいのか悩んで来られた方もいます。

 

「友人が妊娠したから自分もそこを選んだ」という方も、その病院が合うかどうかは分かりません。

 

そして、できる限り体外受精を始める前に、体づくりをしておくことをお勧めします。
体がしっかりしていないと、いくら胚盤胞までいった卵子があっても、移植でうまくいかない人も多いのからです。

 

とにかくじっくり自分に合った病院を探して行ってくださいね。

 

JUGEMテーマ:不妊治療

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


| 1/1PAGES |

記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索