ブログほほえみ通信

「赤ちゃん」という言葉の由来から考える

「赤ちゃん」と呼ばれる由来をご存知ですか?
生まれたての赤ん坊は、赤血球が多く、体温も高く、体表面も赤いことから「赤ちゃん」と呼ばれているそうです。
赤ちゃんは体も柔らかいです。
 
歳をとってくると、白髪が増え、白内障を患ったり、皮膚に白斑が出たりと、「白」が目立つようになります。
肌や髪の毛は硬くなり、動作の可動域も狭く、体全体が硬くなっていきます。
 
「赤」から「白」へ変わるというのは、つまり年齢を重ねること、「体温の低下」の意味を表しています。
 
体温が低下するということは、
「 体の冷え → 血流の悪化 → 凝りや痛みの発生・新陳代謝の低下 → 体が硬くなる 」

ということです。
 
体が硬いということは、筋肉や臓器、血管までも硬いということに繋がります。
内臓だけが柔らかいということはありません。
つまり「体が硬い=冷え、冷え=筋肉・臓器・血管が硬い」ということを表します。
 
今から体を柔らかくしておくことは、妊活はもちろん、将来の自分の健康や家族を守ることにも影響します。
 
では、筋肉や臓器や血管を柔らかくするにはどうすればよいかというと、赤ちゃんのように血流を良くして体温を高くすることです。

たとえば

  • 筋肉を普段から使って動かすこと。すると、筋肉は熱を産む作用があるので自発的に体を温めてくれます。
  • 臓器は口から摂取して中に入れるものに意識を向けて過ごすこと。たとえば温かいもの・消化の良いもの・栄養バランスなど摂取すると本来の臓器の働きを戻り免疫力の高い体を作ってくれます。
  • 血管は下半身をしっかりと温かくして体を冷やさないこと。
    全身の循環が良くなると、肌や髪の艶質も良くなり、生理痛の解消をはじめ不定愁訴を改善します。
  • 普段から体温を高く、血流が良いと、風邪も引きにくく、万病の予防につながります。

 
自分でもお腹・お尻・足を触ったりして、ぜひ体を温める工夫をされてみてくださいね。
 
服装に関していえば、着用する色や素材まで意識を向けると、より体温の高い柔らかい体を保つことができます。
たとえば赤色を着用すると、実際の体感温度より体温が高く感じる性質があります。
アウターだけでなくインナーまでも明るい色にすれば、気持ちがネガティブになりようがないです。
赤色は愛情の色とも言われているので、きっと周りへの接し方も変わってきます。
またシルクや綿の素材で股上の深い無地のショーツなどを着用すると骨盤周囲を温かく保ってくれるのでおすすめです。
 
ぜひ参考になさってみてください。

 

JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


水が与える影響力

人は生まれる前は、お母さんのおなかの中で羊水に包まれて育ってきました。
生まれた後も、体の60%は水分で出来ています。
子供はもっと水分量が多いです。
男性よりも女性の方が水分量が多いです。
水は生活の中でも欠かせない存在です。
 
今日は水が与える影響力についてご紹介します。
 
水には水の妖精と呼ばれる「結晶」が存在します。
水に声をかけたり、音楽を聴かせたり、文字や写真を見せたりすると、呼応するように独特の結晶が現れます。
 
それは、波動を水が読み取るのだと考えられており、
たとえばテーブルやリンゴや犬や人体もすべて振動していて固有の周波数を発し独特の波動を持っているのだそうです。
波動は形あるものだけでなく、口から発した言葉や書かれた文字、音楽も波動を持っているそうです。
 
波動と結晶がどう関係するのか実験をした人がいました。
それは「ありがとう」と「ばかやろう」という文字を書いた紙を瓶に貼りつけて水に見せてみました。
「ありがとう」という言葉を見せた水は、綺麗に整った形の結晶をつくり、
「ばかやろう」という言葉を見せた水は、結晶がバラバラに砕け散っていたそうです。
 
今度は、ご飯を瓶にいれて「ありがとう」と「ばかやろう」の言葉を1ヶ月毎日声かけ続けてみました。
すると「ありがとう」の言葉をかけたご飯は、発酵した状態で麹のような芳醇な香りがしたそうです。
一方、「ばかやろう」という言葉をかけたご飯は、腐敗して真っ黒になってしまったそうです。
 
さまざまな実験結果から、「愛と感謝」の言葉をかけたり見せたりすると、まるで水が喜びふるえたかのように綺麗で美しい華やかな結晶になったことがわかりました。
 
日常に無意識に使っている言葉のクセに意識をむけて、旦那さんや家族、お腹の中の赤ちゃん、さらには植物や生物、水、食べ物など万物の全てに、そして自分に対しても、
 「ありがとう」「おかげさまで」「面白い」「素晴らしい」「ワクワクする」「ドキドキする」「ときめく」「嬉しい」「幸せ」「大好き」「愛してる」「大丈夫」「ついてる」「美味しくなれ」「元気になれ」など
 
話しかけたり心をこめてみてください。
毎晩寝る前に、今日の出来たこと、良かったことなど自分を褒める言葉を書き出すのも◎
 
言霊とあるように、言葉には不思議なエネルギーがあります。
五感にも、見る・聴く・におう・味わう・言葉・触る、などに全身で感じるアンテナがあります。
 
慣れないうちは、つい「どうせ」「だって」「でも」「だめだめだ」「無理です」などネガティブになってしまっても大丈夫!
すぐに「と思ったけれど、頑張る」など撤回修正するプラスの言葉をつなげれば良いのです。
人との会話でも少しずつネガティブ用語を「面白い」や「楽しい」など変換するのも日々の努力が報われ好循環します。
 
嬉しいことに、ほほえみ鍼灸院に通われる多くの方は、体づくりだけでなく心づくりも意識するようになり、30代〜40代にかけて多く妊娠されております。
 
ぜひ、お試しください。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


卵巣機能低下症

まだ20代や30代と若いのに、ほてり、のぼせ、イライラや手足の冷えなどはありませんか?

このように若いのに更年期障害のような症状がみられるのが、「卵巣機能低下症」です。
「卵巣機能低下症」は卵巣機能は正常なのに脳からの指令が届かずに働きが低下している場合と、卵巣そのものが低下している場合があります。
 
卵巣機能低下で女性ホルモンが不足した状態が続くと、骨量の減少や膣の乾燥などの症状が表れます。
過度なストレスや過激なダイエット、不規則な生活、体の冷えなどが原因としてあげられます。

 
夜は遅くとも11時から12時くらいまでには休み、動物性タンパク多めの食事をとり、ストレスを上手に解消しましょう。

仕事を抱えながら赤ちゃんを望む方の多くが仕事のストレスを感じています。
ましてや40代で忙しい仕事をされている方は、ますます妊娠が遠のく可能性が高くなります。
赤ちゃんを授かるために、働き方を変えたり仕事を変えたりすることも必要かもしれません。

 

本当に今何をすべきかはご本人が分かっていると思われます。
卵巣を低下させない生活習慣、ストレス解消法を見直しましょう。

 

JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


眼の疲れと妊活

働いている方や旦那さんの帰宅を待ってから寝る方は就寝時間が遅くなりがちです。
夜更かし朝寝坊、あるいは寝不足の状態が続くと、妊活の大きな妨げになります。
 
たとえば、
 
・眠りたい時に眠れず、眠ってはいけない時に眠くなる
・食欲がなくなる
・やる気がなくなる
・元気がなくなる
・セロトニン(脳内伝達物質)が乱れ、精神不安定を起こしやすくなる
・慢性的な時差ボケ状態になり、活動的でなくなる
・自律神経が乱れやすくなる
 
本来、体温は朝が一番低く、午後から夕方にかけて高くなる習性があります。
最低体温の後に目が覚めて、最高体温に達した後に眠りにつくのも、手足の血管が開いて熱の放散が始められているためです。
子どもの手足がぽかぽか温かいと眠たいと判断するのもそういうことです。
ですから、海外旅行時の時差ボケや夜間勤務などは、特に日内サイクルを意識して過ごすことが大切です。
 
たとえば
 
・朝陽を浴びる
・夜は光量を落とす
・日中のリズミカルな筋肉運動
・しっかりものを噛むこと
・深い呼吸を心掛ける
・食事の時間、寝起きの時間を一定に決める
 
など。
 
とくに眼と子宮は同じ経路に属しており、目を疲れさせると子宮にも影響します。


眼は脳の出店とも言われ、眼が疲れると脳の働きも低下します。
たとえばパソコン業務・携帯スマホの見過ぎ・DVD鑑賞・テレビ鑑賞・読書・編み物・縫い物・ブルーライト系を浴びるなど
根詰め過ぎると、昼夜が狂い、睡眠やホルモンに大きく影響を与えます。

 

子宮にパワーを蓄えるためにも、眼の使い過ぎに気を付けて、体を労わることも大切です。

 

JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


心ときめかせることの大切さ

心をときめかせること、キュンキュンさせることは、女性ホルモンを活性化させる上でもとても大切です。
 
 
日々過ごしていれば、誰だって気持ちが上がる時もあれば、下がる時もあります。
 そんな時は、“自分にとっての心キュンキュンする○○”を見つけておくのが肝心です。
 
そうして、心のアップダウンの差を少しずつ小さくし、引っ張られないようにすることが、心身へのストレスも軽減します。
 
私の場合、お店の健康・美容・温活コーナーに足を運んだり、温浴施設に行ったり、本屋や図書館の健康コーナーに入り浸ったりするのが、たまらなく心ときめく瞬間だったりします。
 
患者さんの何人かは韓流ドラマにハマっていたりするそうです。
たしかにキュンキュンですね!
 
 
医学博士の阿保徹さんは、
 
「健康であるというのは、
心とからだに過剰な負担や逆のリラックスのし過ぎが無く、
規則正しく揺れ動いていることである。」
 
とおっしゃっていました。
 
 
既にお気づきの方も多いと思いますが、
妊娠しやすい体とは、健康な体をつくるということです。
 
そこには、心や脳内ホルモンも関わるため、極力ストレスを少なくすることが血流を促進させ、体を温かくし、腸内環境を整え、免疫力を高めることが好循環になります。
 
ストレスを極力つくらない生き方をするには、働き過ぎ・心の悩み・薬の長期服用を控え、日中の活動と十分な睡眠・腸内環境を良くする食生活・筋肉を使って発熱を起こすようにするほか、
 
心の切り替えスイッチ(心キュンキュン)を見つけることです。
 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

心の癖をなくしてハッピーになりましょう

簡単に言うとハッピーなことを考えているとハッピーになるようなことが訪れるものです。
これを心理学では「ピグマリオン効果」といいます。

 

つまりいいことを考えているといいことが起こるし、悲観的なことを考えているとその通りのことが起こってしまうのです。

 

多くの妊娠を望む患者様と接していて感じることは、
はじめてからダメと思いながら体外受精に挑む人と、前向きに考えて挑む人とでは、結果が変わってくるということです。


でも人間だからついつい悲観的なことを考えてしまうこともあります。
そんな時は「大丈夫、大丈夫、」を10回言いましょう。
心の中で唱えるのもよし、声に出すのもよし、です。
 
「どうせ私なんか」
「こんな世の中でなかったら」
「なんであの人ばかり」
 
否定的な考えが今の現実をつくっていることに気づいたなら、今すぐ自分の言葉や考えを見直しましょう。
そして、悲観的に考える心の癖をなくしてハッピーなことを引き寄せましょう。

 

JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


毎日の生活の中に幸せがあります

鍼灸治療を通してよ落ち込んだ方や、悩み事を聞くことがくあります。
それも不妊だけではなく、会社でのトラブルであったり、ご夫婦のことであったりさまざまです。
ストレスを上手に解消することが出来ない人が多いと感じています。
 
生きていると色んなことが起こります。
何故だと思いますか。

私達は生まれてくるとき、容姿や親、兄弟、友人などを決めてきています。
このことは池川明先生の本でも紹介されていますので、興味のある方は読んでみてください。
そしてこれから起こる色々な、アクシデントを体験する旅の途中だと考えてください。

 
アクシデントから逃げることもできますが、そうするとまた同じようなことに巻き込まれたという事はないですか。
自分が1番不幸だと思いがちな女性も多いのですが、どんなに傍からみて幸せそうと思う方でも悩みはあります。

生きて悩むことは本当はありがたいことなのです。
ご自分が選んだ人生です。
何があっても前向きに進んでいると、不思議と解決つくこともありますよ。

 

JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


ストレスと副腎の関係


人はストレスがかかると、副腎皮質ホルモンを分泌してストレスに対抗します。
ストレスが長期にかかったり栄養不足があると副腎が疲れて、うまく分泌できなくなります。
副腎が疲労すると卵巣機能低下につながるといわれています。
 
ほほえみ鍼灸院に不妊治療にお越しになられている患者様に
「ストレスがありますか」と聞いてみると
多くの方が「特にありません」と答えられますが、
本人が自覚していない場合もあります。
 
働きながら不妊治療していたら、仕事のストレスや過労などもありますよね。
他人からや身内から「お子さんは」と聞かれることもストレスになります。
 
脳の視床下部というところから、排卵や生理をおこす指令が出ています。
この視床下部は、ストレスを受けるとホルモンバランスが乱れ妊娠しにくくなるので、少し力を抜いたほうが、妊娠しやすいように思います。

上手にストレス解消しましょうね。

 

JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


不思議と明るい患者さんは妊娠します

ほほえみ鍼灸院には20代から40代まで、さまざまな年代の患者さんが来られています。

いろんな方をみていて思うのですが、
明るくめげない患者さんは、妊娠されお子さんが授かっていることが多いのです。

これは落ち込んであまりくよくよしないということでもあり、
人から何と言われようとあまり気にしないようにしていて、自分を持っている感じがします。

 
体外受精をしていて妊娠するまで何度もかかる人もいます。
卵子はその時によっていい卵子もあれば、悪い卵子が採卵されることもありますから

1度目や2度めで妊娠する方は本当にラッキーな方だと思います。
 
10回以上採卵という方もいます。
そういう状況の中でも、他人に振り回されることなく淡々と体つくりをし、

前向きに頑張っている方には、赤ちゃん来るのです。

 

反対に「落ち込みやすい人」はなかなか結果に結びつかないことが多いです。

何故落ち込みやすい方が難しいかというと、
脳の視床下部が自律神経系、内分泌系、女性ホルモンの分泌を調整しているからです。
ストレスを受けるとホルモンバランスが乱れ他の機能にも影響が生じてしまうのです。


上手にストレスを解消しましょうね。

 

JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


毎日こまめにストレスを解消しましょう

脳にあるホルモン分泌の司令塔となっているのが、視床下部です。
ここから指令が出されると、卵巣から女性ホルモンが分泌されます。
排卵や生理も視床下部からの指令によって起こります。
 
また感情や自律神経もここで管理されています。
だから日々のストレスが視床下部の働きに影響を与えます。

引越しや仕事、子育て、身近な人との別れ、肉体的な疲労や精神的なストレスを感じていると、視床下部がオーバーワークになりかねません。
 
視床下部は心と体をサポートするとても大切な器官であるとともに、とてもデリケートな神経の集合体です。
強いストレスや体調の変化で生理不順なったりするのは視床下部が受けたストレスの影響が女性ホルモンの分泌に、影響を
与えたことによります。
 
こまめにストレスを解消することも必要です。

 

JUGEMテーマ:不妊治療

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


| 1/2PAGES | >>

記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索