ブログほほえみ通信

不正出血は鍼灸治療で止まります

最近、不正出血の続いていた37歳と26歳の患者様が妊娠されました。
2人共排卵の時期などに不正出血が続いていた為に妊娠することができずに鍼灸治療に来られました。

不正出血はホルモンの乱れなどにより起こるといわれています。
鍼灸治療では薬をまったく使うことなく自律神経を整え、血流をよくし、卵巣の働きを活発にすることで不正出血はきれいに止まります。

鍼灸治療でこの2人とも不正出血が止まり、そしてすぐ1周期目で妊娠されました。
 
不正出血を止めるために産婦人科ではいろいろな薬を処方することもあるようですが、薬は1次的に効くこともあるけれども、一方で何かの副作用もあります。

医師から薬をもらうと何の疑いもなく信じて長く薬をつかっている方もよくありますが、かえって卵巣など体に負担がかかり妊娠できなくなっている場合もよくあります。

薬と言うと何か体に良いもののように思えますが良くないものもあります。
不妊症は病気ではないのです、妊娠する薬というものはどこにもはありません。
妊娠は体を整えれば、自然に授かるものです。

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

| 1/1PAGES |

記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索