ブログほほえみ通信

夏冷えにご用心

わたしたちのからだは、夏になると基礎代謝を低下させ、汗を出すことで体温を下げます。
そうすることで暑さに適応できるようになっています。

 

昔は夏になるとかき氷やそうめん、スイカ、トマト、キュウリなど体を冷やす食べ物で、暑さをしのいできましたが、
今ではどこに行っても冷房がきいていて、そういった食べ物を食べることで暑さをしのぐというよりもからだを冷やしてしまっています。

 

冷房のきいた環境が体温調節機能を乱れさせ、冬よりも夏の方が、からだのこりや痛み、下痢、生理不順、生理痛、夏風邪などを引き起こしやすくなっています。
いわゆる「夏冷え」です。
からだは冷えると、免疫力を低下させます。
体が冷えると、なんとなくからだがだるかったり、なかなか風邪が治りにくかったり、夏バテになりやすくなります。
 
自宅では冷房をきかせずに生活して、会社では防寒対策も必要です。
子宮や卵巣が冷えないように、シャワーだけでなく、お風呂にも入りましょうね。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


風邪をひいたときの対処法は

風邪はからだが冷えた時に起こりやすい「冷え」からくる症状の代表。
からだは冷えると免疫力が落ちてきます。
そうしたところにウイルスが侵入してくると、熱が出たり、のどが痛くなったり、咳が出たり
鼻水をはじめ、さまざまな症状を引き起こします。
 
「風邪かな」と思ったら、まずはからだを温めて、体温を上げましょう。
普段からエアコンの効きすぎた部屋にいることに注意して、夏でも温かい飲み物を飲んで、体温を下げないように気を付けましょう。
オフィスでの服装も冷えないように工夫しましょう。

冷えた時は、あたたかい飲み物を飲んで体をあたためましょう。
 
卵酒
日本酒一合を温めて、卵黄1個を加えてよくかき混ぜ。
はちみつを入れてもよし。
 

焼き梅干
梅干し2個を網で焼いて軽く転がし、熱いお茶とともに食べる。
殺菌作用のある梅干しは、からだを温める効果もあります。
 

生姜紅茶
温かい紅茶に擦ったしょうがを入れて、はちみつか黒砂糖を入れて飲むのも効果があります。
紅茶、しょうがはからだを温めて免疫力をアップさせます。

 

ぜひお試しください。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


汗腺機能を高めて、冷え防止

 

いよいよ夏到来です。
汗が止まりません。
 
汗をかきやすい時こそ、汗の質に意識むけると健康状態も把握しやすく、冷え予防対策になります。
 
良い汗は、小粒でサラサラして、乾きやすく、無味無臭で汗をかくとスッキリする感があります。
悪い汗は、大粒でベタベタして、乾きにくく、しょっぱくて臭いがあります。
汗をかくとグッタリ感が出ます。
 
汗は血液に含まれる血漿から作られ、汗腺を通って皮膚状に分泌されます。
良い汗は、汗腺にミネラルが摂り込まれた後、血液に再吸収されます。
悪い汗は、汗腺にミネラルが摂り込まれた後、血液に再吸収されず、汗と一緒にミネラルが出てしまいます。
すると体に必要なミネラルもなくなるため、夏バテや熱中症などの原因につながります。

ミネラルと一緒に出た悪い汗は、乾きにくく皮膚表面に多く残って雑菌を繁殖させるため、ベタベタや不快な臭いになります。
その状態で放置しておくと皮膚表面が乾かないので冷えにつながります。
冷房にあたると更に冷えます。
 
良い汗に変えるには、汗腺機能を高めることが大切です。
汗腺機能を高めるには、
・汗が少しずつ出るような、肌が汗ばむ程度を目安にした、軽い有酸素運動(たとえばウォーキングなど)を続けると効果的です。
・夏はミネラルを含んだ飲み物で水分補給を心がけること。
・そして汗をかいた後は、おしぼりやウェットティッシュなど、硬く絞った濡れタオルで拭くと臭い予防やクールダウンに良いです。
 
お風呂の入り方も、手足を温めた後、半身浴して、クールダウン後の着替えが良いそうです。
 
1.最初にお尻が浸るくらいの浅めの湯をためる
その際、42〜43度の熱めのお湯にして、10〜15分間休眠している汗腺が多い手足の先(肘から先、膝から下)を温めて汗腺を目覚めさせる
 
2.次にみぞおち程度の高さまで、ぬるま湯を足して36度前後にして、半身浴で体を中心から温めて、じっくりと汗をかく
 
3.湯上り後は、軽くタオルで水気を拭きとり、うちわや扇風機などで自然に汗が引くまでクールダウンしてから着替える

 
※ 入浴の前後や途中の水分補給もお忘れなく。
 
これを2〜3週間続けると汗腺機能が高まって、良い汗がかけるようになるそうです。
 
汗をかいた後の蒸発が体温低下の働きになるので、いかに蒸発しやすくするか
ぜひ、汗腺機能を高めることも冷えを予防してみてはいかがでしょうか。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


化学物質はからだを冷やす

からだに不調を感じると、すぐに薬を飲んで症状を抑えようとする方がいます。
なかには何種類もの薬を食後に飲まれる方もいらっしゃいます。

 

化学薬品には、からだを冷やす作用があります。
特に解熱剤や鎮痛剤はからだを冷やしてしまい、さらなる痛みにつながりかねません。

 

また、食品添加物、保存料、残留農薬なども人の体内に入ると、冷やす働きをします。
化学物質は自然界には存在しないものであるため、体内に侵入すると、からだがストレスを起こし、交感神経が緊張し血管が収縮を起こします。

 

それによって、全身の血流が悪くなりからだが冷えてしまうのです。
からだの不調はできる限り、生活習慣や食事を見直しましょう。
 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


ストレス状態が長く続くと、体温が下がります

仕事の忙しさが長く続くことによって、さまざまな不調を体にきたすことがあります。

 

毎晩遅く眠りにつき、
休みの日でも仕事のことが頭から離れないような状態になり、
わけもなくイライラしたり、
いつも不安を抱えて気分がすぐれない状態に陥ると、
夜もなかなか寝付けなかったりしてしまいます。

こういうことが長く続くと、体温が下がり免疫力が下がり、病気になりまねません。
 
夫婦喧嘩もそうです。
急にFSHが上がるのです。
普段よりFSHが上がるということは、ストレスが溜まっている証拠なのです。
夫婦喧嘩くらいと思っていても、からだは反応してしまいます。
 
ストレスのかかった状態が長く続くと血圧が上昇するため、血管が収縮して血行が悪くなります。
さらに、白血球の中のリンパ球の働きが弱まって、体の免疫力もダウンしてしまいます。

ストレスを抱えながらの妊娠は難しくなります。
ストレスの元は、仕事、人間関係、不安、睡眠不足、暑さ、寒さなど様々です。

妊娠するためには少しでも、上手にストレス解消をしましょうね。

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


しっかり「体温調整」しましょう。

暑かったり寒かったり湿気や汗で肌が冷えやすい季節です。

こんな時こそ、自分の手でお腹・お尻・足首を触って肌温度を確認する習慣をつけるようにしてください。
予想に反して肌が冷たくなっていることはよくあります。
冷たいと触った時に「温かい」「気持ち良い」という感覚があります。
 
冷たいと分かれば、すぐ対処することが出来ます。
 
濡れたままの衣類は着替えたり、
着衣を1枚を2枚に増やしたり、
冷房の冷気は下に沈殿するのでレッグウォーマーで防いだり、
場合によってはカイロを使ったり。
 

暑い季節に「レギンスを下に重ねて履くのは無理!」という声をよく聞きます。
そのような方もお腹・お尻・足を触って冷たくなければ良いのですが、冷たくなっていれば対処が必要です。
また、汗がとまらない状態になるまで履く必要もありません。

熱は上に上昇するので、脇の下や首回りが開いた服を着ると風通しが良く、熱を放散させやすいです。
それから意外と暑い時ほど、レギンスや長袖は快適に過ごせるんですよ。
 
長袖は直射日光から肌を守るので日焼け予防だけでなく、涼しく感じたり汗も乾きやすいので冷房による冷えからも守ってくれます。
 
 
肌のべたつきは発汗後の乾いていない状態で肌の上に湿気がまとっています。
汗による体温低下+乾いていない湿気が冷房の冷気にあたって冷えやすくなるので、実は夏に長袖は重宝します。
 
私は着脱が簡単なので夏用アームカバーを良く使っています。
 
 
汗をかきやすい人は、かばんの中に、アームカバーや夏用の薄いレッグウォーマー、着替え用の靴下や下着、小さいカイロを入れておくと、すぐに対処しやすいです。
 「吸汗速乾」と書いてある素材や天然のシルク素材は肌をサラサラに保ちやすいので、おすすめです。
 
暑い夏に体を冷やさない努力が妊娠を招きやすくもします。
冷房で冷える夏こそ「体温調整」がとても大切です。
 
自分で自分の体を把握して対策が練れると、夏も楽しく過ごせるはず。
 
他にも、これが良かったよ!というアイデアがありましたら、ぜひ共有していただけたら嬉しいです。

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


梅雨頃から夏にかけての冷えが妊娠しづらくなります

今の季節は急に雨が降り、スニーカーにズボンを履いている方は、靴下から膝下までがずぶ濡れになり、その状態で電車のエアコンで冷えてしまって、風邪をひいたりお腹を壊したりする方もいます。

 

この季節はいつゲリラ豪雨のような雨に見舞われるか分からないので、天気予報で雨のマークが出ていたなら、長靴を履いて下半身冷えを守ってくださいね。

 

またオフィスや電車に乗られる方は、ズボンの下に綿素材のレギンスを履いて下半身を守りましょう。
下半身の血行が悪くなると妊娠しづらくなりますから、しっかりとあたためるケアしてください。

 

私たちのところに不妊治療で訪れてくださる方には、とにかく「下半身をしっかり温めてください」とお伝えしています。
これをしっかりと継続してやっていただいた患者様の中には、体外受精をやっていた方が自然妊娠したり、一人目は体外受精だったのに二人目は自然妊娠されたという方が多くいらっしゃいます。
 
血液が酸素と栄養を子宮や卵巣に運んでいきます。
冷えていると血流が悪くなります。
下半身をあたためること重要性を分かっていただけると嬉しいです。


 風邪をよく引く方は特に冷え対策が必要です。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


使い捨て「布ナプキン」

「布ナプキン」が体に良いというのは何となく知ってはいましたが、
洗って使いまわすのが面倒と感じている方は、私だけではないのではないでしょうか。
かといって、紙ナプキンも便利で使いやすいけれど、なんとなく体に悪そうに感じてしまいます。

 

紙ナプキンは、紙が化学繊維で出来ており、吸収体ポリマーが入っていることで冷えを誘発して、生理痛など婦人科系に影響を与えているようです。
肌に刺激が強いと冷えだけでなく、かゆみ痛み臭いの原因にもなります。

 

布ナプキンが体に良い理由は、
生理不順、生理痛、冷え、痔、便秘、尿漏れ、におい、かゆみ、おりもの減少…などの改善につながるとのこと。
生理周期が乱れている人が安定したり、薬を飲まないと乗り越えられないくらい生理痛が重い人が軽減したりなど…の話はよく聞きます。

 

そこで、「使い捨て」の布ナプキンで婦人科の悩みが解消したという助産師さんの話を聞いて、私も実践してみました。

使い捨ての布ナプキンは市販でもあるそうですが、節約も兼ねて衣替えで出た古着をナプキンサイズにカットしてやってみました。
ハンカチサイズにして折り畳んで使っている方もいらっしゃるようです。自分の使いやすい方法で大丈夫です。

*生理期間は、念のため一番下に紙ナプキンをして、その上に端切れ布を5枚前後(個人差あり)
*生理以外の時は、おりものシートの代用で、端切れ布を1〜2枚(個人差あり)

使用後は、紙ナプキンと同様にトイレットペーパーで丸めて捨てるだけ。

 

やってみて良かったのは、小まめにトイレに行くようになったこと。
使用済の布なので柔らかくて、肌に温かくて、蒸れないこと、気持ち良いこと。
自分の経血の状態を把握しやすいこと。

 

冬や冷房など寒い時は「おまたカイロ」もおすすめです。

 

妊活を始めると、自分の体と向き合うことになります。
婦人科系のことはなかなか人と比べることが出来ないので、自分が知ろうとしないと、状態が分からないまま年齢を重ねてしまいます。
妊活が終わっても、自分の体は生涯付き合っていくので、大切なことだと実感しているこの頃です。

ご不明な方はお気軽にご相談ください。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


現代人に低体温や冷えが多いのはなぜか

低体温で冷えが原因で体調を崩している方が増えています。
体温の低下によって免疫力低下を招き、自己免疫疾患やアレルギー症状の発症につながります。

 

では、どうして現代人に低体温や冷えが多いのでしょうか。

理由は、運動量が減っているからです。


電気掃除機や電気洗濯機など家事を行う家電が当たり前となったため、これらが普及する以前に比べると私たちは運動量が減少しています。
また交通機関の発達とマイカーの普及も運動量現象の要因となってます。


どこに行ってもエアコンが効いていることも体を冷やす要因となっています。
そして、仕事場や移動の電車で体を冷やしているのにも関わらず、シャワーだけで入浴を済ませてしまい体を温めないままでいる方も増えています。
そして、運動不足のまま水分を取り過ぎることで、体が浮腫み体温が下がります。
また冷たいものの摂り過ぎることで、内臓温度を下げていることも低体温や冷えの要因となっています。
 
こういった便利な生活が、体の体温を奪い、病気になりやすくしています。

子どもが公園などで遊んで体を動かす機会が減り、中高生が冬でも素足にスカートでいて下半身を冷やしていることも、将来の不妊につながりかねません。

 

これからはどこに行ってもエアコンが効いており、体が冷えやすくなってます。
そうして冷えた体は家に帰って、湯船に入って温めましょう。
1日の疲れも取れ、次の日まで疲れが取れないようなことはなくなります。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


何度も体外受精を繰り返しても妊娠しない理由は

体外受精を10回以上繰り返してもうまくいかない方は、ご自分の卵巣で育った「卵子の質」が良くないことが考えられます。

 

卵子の質を良くするためには、下半身の血行を良くして子宮や卵巣に栄養や酸素をしっかり送り、良い卵子を育てることができる体を作らなければなりません。

 

肩こり、首コリ、腰痛、冷え性はありませんか?
体外受精をしてもなかか妊娠しない方の多くが上半身に血液が回り、下半身の血液循環が悪くなってしまって子宮や卵巣に血液が回りなくくなって良い卵子を採卵できずにいます。
 
西洋医学では「冷え」はきちんとした病気の1つとして扱われていません。
なので病院では冷えがからだや子宮や卵巣に影響をしているとは伝えません。

 

東洋医学では冷えから病気になることや、不妊症になりやすいことがあることを伝えています。

 

これまでほほえみ鍼灸院に治療に来られた患者さんには10回以上体外受精をしてもうまくいかなかったけれども、1週間に1度鍼灸治療を受けて体の状態を整えて体外受精に臨んで11回目で妊娠された方もいらっしゃいます。
また、40代で5回ほど採卵移植をしてもうまくいかなかったけれども、鍼灸治療と生活習慣の改善でしっかり体づくりをしたことで自然妊娠された方もいます。

 

妊娠するために必要なのは「質の良い卵子」と「赤ちゃんが育つふかふかのお布団のような子宮」です。
ですので、大切なのは、体つくりをして良い卵子を自分の卵巣で育てることです。

 

体つくりをしないで採卵ばかりしても、お金と時間の無駄です。
体外受精をしたらといって赤ちゃんがすぐ授かるわけではないのです。

 

元気な赤ちゃんを授かるためには、しっかり体つくりをしましよう。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


| 1/14PAGES | >>

記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索