ブログほほえみ通信

朝までぐっすり眠るために

先日、”早朝に目が覚めてしまう”という方がいらっしゃいました。
早朝に覚醒してしまう原因としては、女性ホルモンの乱れや薬の副作用、悩み事など心の状態、あとは加齢が考えられます。
 
女性ホルモンのバランスでいうと、月経前・妊娠中・出産後・更年期に睡眠障害が現れやすいです。
とくに月経前や妊娠初期に早朝覚醒や眠りが浅くなり途中何度も目が覚める中途覚醒があります。
 
・早朝にプロゲステロンが増加する(日が暮れるとともにエストロゲンが増加する)
・1日の深部体温リズムが卵胞期に比べて、黄体期は体温が高く、リズム変動に差があまりない。
 
つまり、プロゲステロンの増加が眠りから覚醒しやすくなります。
 
ホルモン剤など薬の副作用や心の悩みごとも影響しやすいです。
月経周期や薬の服用、睡眠の変化など記録をつけて把握すると良いです。
 
対策としては、
・気持ち良く起床できる睡眠時間を把握する
・そして、就寝起床時間を一定にする(平日も休日も)
・日中に太陽の光を浴びて、体にメリハリを覚えさせて体内時計を整える
・適度な運動をする
・あまり考え過ぎず、ストレスを溜めこまない
・寝る前の入眠儀式(リラックスタイム)をつくる
・寝室の室温や湿度など快適な寝室づくりをする
・数ヶ月間、睡眠日記をつける
・その他、生活習慣の見直しをしてみる(食事時間、カフェイン、アルコール、香辛料など)
 
睡眠は女性ホルモンと密接に関係しています。
質の良い睡眠をとることが質の良い卵の形成につながります。

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


睡眠のゴールデンタイム

眠りのゴールデンタイムは夜の10時〜午前3時です。
この時間に睡眠をとると、体の疲れがとれ妊娠しやすくなります。
それはこの時間帯に卵子を育てるホルモンが出る時間帯になるからです。
 
人の体は昼間、自律神経のうちの交感神経が主導で働き、
夜間は副交感神経が主導で「おやすみ」モードになって、よると昼とで自動的に切り替わるようになっています。

また皮膚をはじめとした体の新陳代謝は、午後10時〜午前3時頃までに活発に行われています。

早めに休む習慣をつけましょうね。

 

JUGEMテーマ:私の冷えとり

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


毎日、笑顔で過ごしていますか?

昨日、三鶴先生が患者さんに話されていた内容がとても良かったので、
ぜひこちらでも皆さんに共有できればと思いお伝えします。
 
「なかなか妊娠に結びつかない」
「時間に制限があるから、体づくりをしている余裕はない」
と気持ちに焦りを抱えた状態は、妊活をしている方なら誰しも経験されたことがあると思います。
 
ですが妊娠はお母さんがいくら強く望んでもコントロール出来ないことです。


胎内記憶を持って生まれた子供たちが話すのは、
「お空の上で、どのお母さんに行こうか見ていた」
「神様にどうしてこのお母さんのところに行きたいのか理由を話して分かってもらえたら滑り台でお腹の中に入ったんだ」
「お母さんがニコニコ笑顔で優しそうだったから」
「お母さんと同じ顔になりたかったから」
など話してくれます。
なかには何年も時間をかけてお母さんをお空の上から眺めている子もいます。
 
つまり、
子供がお母さんを選んでやってくること。
子供が沢山のお母さんの中から探し見つけてくれること。
が妊娠に実を結ぶと言うのです。
 
「よし!今度こそ!」とお母さんが気合いが入り過ぎると、体も緊張しホルモンも乱れやすくなります。
お空で見てくれている赤ちゃんもプレッシャーを感じているかもわかりません。
 
一番妊娠しやすいのは、心がリラックスしている時です。
 
「毎日、笑顔で過ごしていますか?」
 
笑顔は心も体もほぐしてくれます。
日常生活の中で、イライラや口げんかや愚痴や悪口、過去を思い出して気持ちが下がったり、将来への不安などは天から試されていると思った方がよいです。

"これでも本当に赤ちゃんが欲しいか!"と。


怒りや悲しみなど負の感情にそのまま流されないこと、思惑通りにならないことです。

自分を強く持って、「今」に照準を合わせることです。
気持ちが追いつかない時は、口角を上げると脳は"幸せ・嬉しい"と錯覚を起こします。
気持ちがゆらぎやすい時は負けずとポケットに小さな鏡を入れておいて、自分の顔を映し口角を上げることです。
 
いつも笑顔でいるあなたを見て、旦那さんも笑顔になるでしょう。
家の中に笑いが生まれ、明るくなるでしょう。
そんな家庭をお空の上で見ている子供は、きっとここに来たいと思ってくれるはずです。
 
体づくり(栄養バランス・温活・睡眠・服装・環境・ストレス)は、自力や他力を借りてどうにか出来ます。
それを超えた境地のことは、手離し信じるのみです。
 
週1回の鍼灸治療に継続的に通うことが妊活へのモチベーション維持になる、という患者さんがとても多いです。
 
「笑顔」「楽しい」「わくわくする」など幸せホルモンにスイッチが入ることを「今」から練習してみてはいかがでしょうか。
知らぬ間にお空の上の赤ちゃんへママ自己㏚になっているかもしれませんよ^^

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


睡眠と女性ホルモン

睡眠と女性ホルモンがどのように関係しているかご存知ですか。
 
睡眠時には、「成長ホルモン」「メラトニン」「コルチゾール」の3つのホルモンが分泌されます。
 
「成長ホルモン」は、細胞の修復や再生、疲労回復させる効果があります。
入眠後まもなく訪れるもっとも深い睡眠時に大量分泌されます。
睡眠中に脳や体を休養させて心身をリセットします。
 
「メラトニン」は、別名「睡眠ホルモン」とも呼ばれ、入眠をスムーズにする効果があります。
就寝時刻の1〜2時間前から分泌されます。
交感神経から副交感神経へ切り替えてリラックスさせてくれます。
就寝時刻の1〜2時間前から部屋の照明を薄暗くしたり、ブルーライトにあたらないようにするなど入眠しやすい環境づくりすると良いです。
 
「コルチゾール」は、副腎皮質ホルモンの一種で別名「ストレスホルモン」とも呼ばれています。
過度のストレスを受けると分泌量が増加し、脳内の海馬を傷つけて記憶力の低下など悪影響を及ぼします。
入眠後のもっとも深い睡眠時に分泌を抑制させ、質の良い睡眠へ導きます。
朝は分泌量を上げることで血圧や血糖値が上がり、起床準備に入る働きがあります。
 
睡眠不足や寝る時間が遅い日が続くと、自律神経のバランスを崩すだけでなく、エストロゲン(E2)の分泌を低下させます。
エストロゲン(E2)が低いということは卵巣の機能低下につながり、更年期障害さらには閉経にも影響してきます。
卵巣と脳のキャッチボールでエストロゲン(E2)の分泌量が増えて、卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体刺激ホルモン(LH)へ発育を促す働きがあります。
卵胞刺激ホルモン(FSH)はストレスで分泌量が増えやすく、それによってエストロゲン(E2)が低くなりやすいです。
つまり、睡眠と女性ホルモンは密接に関係しているわけです。
 
睡眠で女性ホルモンの良い関係を作るポイントは
・早めに就寝する
・寝る1〜2時間前から入眠環境をつくる
・起床時刻や生活リズムを一定にする
です。
 
体が温かいのも睡眠の質を良くします。
お布団や寝る部屋の暖かい環境つくりも大切です。

 

JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


背中の硬さからわかること

最近、背中が硬い方をよくお見かけします。
背中は精神面の現れでもあり、日常の背景を物語っています。
特に女性に多く、緊張・プレッシャー・ストレス・恐怖・不安・心配・怒り・悩みなどが強いと背中がガチガチに強張っていたりします。
そのような場合、呼吸が浅くなりがちで、お腹も硬く、内臓下垂の傾向があります。
 
呼吸が浅いと内臓を引き上げる力が弱いため、骨盤内に内臓が下垂し、子宮や卵巣が圧迫されて血流阻害につながります。
内臓が硬くなって機能が低下したり、連動する自律神経が乱れたりします。
 
深い呼吸がきちんと出来ると、酸素が隅々の細胞まで行き届き、内臓の機能が正常に戻ったり、脳の働きも良くなったりします。
自律神経も安定し、めまい、耳鳴り、不眠、イライラ、不安などの症状やうつ病、自律神経失調症などの予防にもなります。
免疫力や新陳代謝も上がって、解毒や脂肪燃焼が促進したり、女性ホルモンの働きをよくさせます。
 
ただし、酸素を運ぶのは血液なので、血流を良くしておくことが大事です。
ストレスも血流を悪くさせる要因のひとつです。
 
意識して、深い呼吸したり、手を広げる、歯を離す、オンオフのスイッチ入切するなどして、精神的にリラックスするのが良いです。
オフ時間は、ヨガやストレッチ、ウォーキング、音楽に合わせて動く・歌うなど体を動かしてストレス解消したり、アロマや瞑想など脳を休ませる時間をつくるなど大切です。
 
リラックスできると、脳の活性・疲労回復・血行促進・美肌力アップ・脂肪燃焼・集中力アップなど活動的にさせてくれます。
 
ストレス多い生活をしていたり、加齢による肺活量の低下、食いしばりや歯ぎしり、力みやすい、無意識に浅い呼吸がクセになっている方は、1日5〜10分の深呼吸から始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


レモン白湯で代謝UP!

血の巡りが悪いと女性ホルモンの分泌を鈍らせ、自律神経も乱れやすいです。
その中でも今回は「内臓冷え」について話します。
 
内臓冷えとは、冷えて臓器の働きが弱まり、消化吸収・代謝が悪化している状態です。
ストレスや疲労、冷たい飲食物の取り過ぎ、冷房などが原因です。
 
たとえば、
・お腹や腰回りが冷たい
・だるくてやる気が出ない
・日中眠い
・肌荒れ、肌のくすみ、シミ、シワ、たるみ
・目の下のクマができやすい、目が疲れやすい、寝ても疲れがとれない
・便秘、下痢
・冷え性、厚着しても体が冷える
・太りやすい
・むくみやすい
・食欲の低下
がある方は内臓が冷えている可能性があります。
 
これらの症状は毛細血管や静脈が、酸素や栄養素が届けられず、また二酸化炭素や不要な老廃物、余分な水分などを回収できていない状態です。
皮膚や臓器、筋肉にも毛細血管は網の目に入りくんでおり、静脈や毛細血管を広げて血行を促進させることが、血の巡りを良くさせて胃腸の活発化、代謝や免疫力アップにつながります。
 
おすすめは「レモン白湯」です。


白湯の熱で胃腸を温め食べたものが消化しやすく、汚れを洗い流してくれます。
腸の排泄機能も高まり体内に溜まった毒素や老廃物をデトックスさせ浄化してくれます。
レモンの酸味は腸の動きを活発化させ、便秘・むくみなどにも効果的です。
また香りもリラックス・リフレッシュを促し疲労物質を減らして代謝力を上げてくれます。
朝起きてすぐに1回、毎食事時に1回ずつ、寝る前に1回飲むと血をサラサラにしてくれ女性ホルモンや自律神経の働きに良いです。
 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


体を芯から温める入浴法

妊娠しやすい体をつくるために入浴は効果があるけれども、どのように入るかも大切です。

例えば熱いお湯に短時間つかるのか、またぬるめのお湯にゆっくりつかるのかによっても、効果が違ってきます。
 
どちらも血行が良くなり、湯の温度で温められた血液が全身を巡るため体全体が温まります。
けれども、ぬるめのお湯に、ゆったりとつかる方が血管を拡張する作用があるため、より血行が良くなり、内臓や筋肉へ酸素や栄養がスムーズに運ばれます。

また腎臓からは老廃物が排出されやすくなるため、血液がきれいになりなり、そのきれいな血液が卵巣や子宮に運ばれて、よい卵子が育ちます。
ゆったりとぬるめのお湯につかりましょうね。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


骨盤や股関節の柔軟性は大事です

骨盤周りの筋肉が硬いと、股関節の可動域も狭くなり、骨盤内の血流も悪くなります。
股関節の上に骨盤が乗っかっており、股関節は、いわば体の土台となります。
ビルと土台をイメージしていただくと分かりやすいです。

土台がゆがんでいたり、傾いていたりしたら、ビルは崩れやすくなります。
土台に柔軟性があれば、仮に地震が起こっても力を分散させて平衡を保ちやすいです。
つまり、股関節に柔軟性を持たせることは免震装置をつけるようなものであり、姿勢が正しくなるよう調整しやすいということです。
 
姿勢が正しく維持できると、骨盤内の血流が良くなります。
骨盤内の血流が良いと、子宮内膜が厚くなって赤ちゃんを育てるベッドをふわふわに準備出来たり、酸素や栄養が行き渡り質の良い卵に育ったり、卵巣のう腫や子宮筋腫などの婦人科疾患を未然に防ぐことが出来たり、生理痛が解消したりします。
また、女性ホルモンを分泌する卵巣の機能も高まり、着床しやすい環境づくりに繋がります。
 
運動不足、長時間の座り仕事など股関節を動かさない生活を送っていると、どんどん体液が滞り冷えて動きが制限されていきます。
腰や膝に痛みがでたり、太ももが太くなったり、足首まで影響しやすいです。
すると、体のすみずみに栄養や酸素が行き届きにくく疲労物質が蓄積しやすく、体の老化(サビ)、冷えへと繋がります。
 
よって、骨盤周りや股関節を動かす運動や体操をすること、筋肉が痩せている人は筋肉をつける努力をしたり、温活グッズを活用して下半身を温かく過ごすことが血液循環を良くさせ骨や筋肉、関節、神経などの運動機能を高めてくれます。
骨盤周りや股関節に柔軟性がつくと、確実に妊娠率が上がります。

 

JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


ホルモンを乱れ

ストレス、睡眠不足、疲労、冷えなどは、ホルモンを乱れやすくします。

 

体は良くも悪くも素直なので、必ず何かしらの変化を表します。
体に良い行いを続けていると、体は努力に応えてくれます。
鍼灸に定期的に通い続けてくださる方のほとんどは、生理痛がなくなった、月経周期が安定してきた、汗をかきやすくなった、採卵の成績があがった、など体質改善しています。
 
逆に、ストレス、睡眠不足、疲労、冷えに通ずる生活を続けていると、血流阻害に関係する症状が表れやすくなります。
たまに、「ストレスは思い当たらない」という方もいらっしゃいますが、お仕事をされている日と休日を比較すると、自分にとってのストレス度合いが分かりやすいかと思います。
もしくは、疲労がぬけない、凝りがとれない、慢性症状なども一例です。
 
冷えについても、皆さん色々努力されていらっしゃいます。
ただ一番大事なのは、自分が「ポカポカ温かい」と感じているかどうかです。
「やっています」と答えられる方の中には、もっと防寒した方が良い方もいらっしゃいます。
子宮内の温度が高いと、卵の質も良くなり着床もしやすいです。
 
最近では、ホッカイロやヒートテックを活用されている方もよく耳にします。
気候によっては、タオルケットでなく毛布に変えたり、暖房を入れるのも良いです。
 
ほほえみ鍼灸院では、体の状態が良い方は妊娠に至る回数が早く効果を出しています。
また、体が良くない方は温灸と鍼で滞りをほぐし、血流促進させています。
当院の温灸は治療着の上から温められ、全身に温灸ができます。
皆さん湯上りのようにポカポカになって帰られます。
なかには、「このまま寝ていたい」「このまま帰りたくない」など気持ち良過ぎてという声を多数いただきます。
 
秋冬モードにスタイルを変えて、リラックス、睡眠環境、温活を心掛けることがホルモンの働きを良くさせます。

 

JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


35歳を過ぎたら体のサビをとる

人間の体は、生きれば生きるほど酸化が進んでいきます。
酸化とは「錆びる」こと。
もちろん、卵子も酸化していきます。

卵子はあなたがお母さんのおなかにいるときにすでにつくられています。
年齢がある程度経過した卵子は時間が経った分、経酸化されているのです。


その人それぞれに卵子の数は年齢によっても、また生活習慣や食べ物によっても違いが出ています。
若いからといって卵子の数が多いとは限りません。
妊娠を考えるならAMH,FSHなどの血液検査をし、自分の卵子がどうなっているのか知る必要があります。
卵子が少ない場合は、体つくりをして早めに体外受精をした方がいい場合もありますので、自分の卵子の状態や大体の数を知ることも必要です。

そして、これから排卵される卵子を酸化させないためにも、サビとりが必要になります。
サビとりには食べ物や生活習慣の見直しや、体を冷やさないよう心がけることが大事です。


これまでこちらのブログでもたくさんご紹介させていただいています。
せひご参考になさってくださいね。

冷えない服装などブログに書いてありますので
参考になさってくださいね。

 

不妊症と冷えとり
http://kodakara.hohoemi-baby.net/?cid=11

 

食事で妊娠しやすい体づくり
http://kodakara.hohoemi-baby.net/?cid=13

 

自宅でできるセルフケア
http://kodakara.hohoemi-baby.net/?cid=10

 

JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


| 1/10PAGES | >>

記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索