ブログほほえみ通信

妊活で大切なことの本質を知りましょう。

薬は即効性がありますが、体への負担は大きいということをご存知ですか。
 
早く結果を急ぐ気持ちも分かりますが、
赤ちゃんを思うなら、準備がとても重要です。
 
そして焦る心はストレスを生みます。
ストレスによって血流が悪くなり、自ら足かせをつけてしまっているのです。
 
焦って採卵を繰り返すと、浮腫みでパンパンになったり、卵巣が腫れたり、急な体重増加など副作用をおこしかねません。
もしそんな状態で妊娠したと仮定しましょう。
そんなお母さんの体の中で、赤ちゃんは過ごさないといけないわけです。

体から薬を抜くためにお休み月が必要になったりすれば、時間も余計にかかります。
下半身の血流を良くする、脳の疲労を軽くする、などの体づくりをしっかりする
そして、自分に合った病院を選ぶことがとても大切です。
 
鍼灸も手技療法なので、鍼や灸の種類もたくさんあれば、流派もあったり、様々です。
当然合う合わないはあると思いますが、
「もっと早くほほえみ鍼灸院に出会ってれば、もっと早くお金も時間もかからずにすんだのに・・」という声を手探りでやってきた患者さんからよく聞きます。

私たちほほえみ鍼灸院は、妊活のハウツーを具体的にアドバイスしているので、「もっと早く知っていれば」に協力できることがたくさんあると思います。
 
ほほえみ鍼灸院の場合、卵子の質を上げる治療法なので、体づくりに重きをおく治療になります。
1日でも早く妊娠に繋がればという思いで、独自の治療法を行っています。

体づくりの過程で、妊娠されるケースはよくあります。
健康オタクのように、体に良いことを選んで過ごしていれば、必然と妊活になっています。
たとえば、夏でもレギンスを下に履くとか、足首を出さない、素足にならない、アイスを食べない、甘いものは少なめにするなど
 
病院も初めての方は、自然妊娠に近い、極力弱い薬でやってくれる病院を選ぶのが良いです。
自力での排卵が難しい方や卵管が詰まっている方は、注射による採卵も有効です。

ただ、先ほどあげたように副作用も大きいので、間隔をあけて取り組むこと、血流を良くする取り組みを日頃からコツコツ継続して薬を抜くことも一緒に大切です。
そして培養技術が高く、妊娠率が高いところを選ぶと良いです。
 

体づくりと自分に合った病院選びが大切です。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


どうして妊活で鍼灸治療なのか?

「妊活で何で鍼灸院に通った方がいいの?」
通っている患者さんが妊活当初に疑問に思ったそうです。
現在は、もちろん理解しているとおっしゃっていましたが、
同じように疑問に持たれている方がいらっしゃるかもと思い、妊活に鍼灸が効果的であるお話させていただければと思います。
 
妊娠を妨げる要因の代表的なものは、「冷え」です。


妊娠できない方の子宮は冷えています。
受精卵の成長には37度の子宮の温度が必要です。
下半身が冷えている方は基礎体温を測る上半身はのぼせているので体温は高いようでも、子宮は冷えています。

「冷え」によって、血流が悪くなります。
血流が悪いと卵子に栄養が充分に届きませんその為妊娠できる強い卵子が育ちません、
すると、臓器の機能が低下したり、ホルモンバランスが乱れたり、自律神経が乱れたり、凝りで姿勢が歪んだり、睡眠の質が低下したり、など様々な症状が現れます。
 
妊娠しやすい体は、血流が良く体が温かい状態であることです。
とくに下半身が温かいことが大事です。

これは、赤ちゃんの視点で考えると分かりやすいかと思います。
赤ちゃんがお腹の中で過ごすのは子宮です。
なので、赤ちゃんのベッドは子宮内膜になります。
子宮内膜が厚い方がベッドがふかふかな状態で赤ちゃんにとって居心地が良いです。
また子宮が温かいと赤ちゃんは寒い思いをせず、ぬくぬくと気持ちよく過ごせます。
そして、赤ちゃんの食事はお母さんの血液です。
血流が良いと栄養が豊富で赤ちゃんはすくすく成長しやすいです。
 
鍼灸は、体の詰まっているところ、滞っているところを鍼やお灸を使って流れを良くし、血行を促進させます。
全身の血の巡りが良くなれば、現れていた不調な症状も改善しやすいです。

臓器が温かく柔らかくなれば、便秘が改善したり、消化機能の働きが良くなれば栄養を吸収しやすくなります。

頭まで血流が良くなれば、脳からのホルモン分泌の指令が出やすく、ホルモンバランスや自律神経が整いやすいです。
のぼせ冷えや多汗などの改善につながります。

凝りがほぐれれば、引っ張っていた筋肉が緩み、正しい姿勢に戻って全身の血液循環が良くなります。
睡眠の質が上がれば、ホルモン分泌が活発になり、元気な卵子を育てやすくなります。
 
ほほえみ鍼灸院は、つきっきり治療なので、施術中に話をする時間がたくさんあります。
疑問・質問・悩みなどにお力になれることもありますし、ライフスタイルは個々人違いますので、生活習慣の中でどこを気を付ければいいのかお伝えすることも出来ます。
実際、患者さんから妊活について何もわからなかったので、手順がわかって助かりましたという声もたくさんいただきます。
 
体質改善には、およそ3か月ほどかかります。
だから、取り組んでいる成果が現れるのにもそれ位の時間が必要になります。

また、「卵子の質」を変えたい場合は、体質改善出来てから3ヵ月ほど時間が必要になります。
妊娠を急ぐ前に、出産まで続く強く元気な卵子に育てる方がかえって早い妊娠に繋がります母子ともに妊娠中や出産後も安心して過ごすことができます。
 
体質改善には、血流を良くすることがとても大事です。
鍼灸は、細胞レベルから変える上でとても効果があります。
まだ鍼灸が怖いというイメージを持たれている方もいらっしゃるかもしれませんが、まずはご不明な点などありましたら、どうぞお気軽にご連絡くださいね。
鍼が苦手な方は、お灸のみで治療させていただくことも出来ますよ。
 
皆さまの1日も早い幸せを願って。
 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


授乳の落とし穴

2人目を望んでおられるけれども、授乳を4〜5年されている方もいらっしゃいます。

授乳に関してはいろいろな考え方があるとは思いますが、
「子供がおっぱいを欲しがるまでは与えなさい」というのは考えものです。


授乳している間は「授乳分泌ホルモン」というプロラクチンがたくさん出ています。
このプロラクチンには排卵を抑制する作用があります。
つまり授乳を行っている期間は、子どもができずらくなる状態にあるわけです。

これを長年続けていけば、妊娠から遠ざかってしまいます。
特に第1子を高齢で出産された方は、第2子を授かるチャンスから大きく遠ざかってしまいます。

 

体外受精・自然妊娠を希望される方は授乳をやめてから3ヵ月後くらいから二人目妊娠を考えて動き出すのが良いと思われます。


2人目を希望なら何年も授乳を続けない方が賢明かもしれません。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


甲状腺免疫疾患と妊活

本来、人間の体には外敵をやっつけ、味方をまもる機能があります。
これが異常をきたし、味方までも攻撃する暴走した状態を「自己免疫異常」いいます。

 

健康な体は、以下の3つのバランスによって保たれています。

1.免疫
インフルエンザや風邪などウィルスや細菌から身を守ります。

 

2.自律神経
体温や心拍をキープし、消化機能を調整するなど生命維持に大切な働きをしています。

 

3.ホルモン
臓器が正常に機能するよう働きかけています。

 

この3つのうち1つでも欠けたらバランスが崩れます。
免疫の低下は自律神経やホルモンを乱れにもつながります。
 
30〜50代の女性に多い甲状腺免疫疾患は、自己免疫異常の一つです。
加齢によって甲状腺ホルモン分泌の減少、過剰なストレス、怪我や感染症がきっかけになったりします。
甲状腺ホルモンは、基礎代謝や新陳代謝に関わっており、症状が加齢や更年期に似ているため見過ごされやすいので血液検査で確認すると安心です。
 
妊娠を目指す場合、胎児のことも異物を捉えて攻撃されてしまうため流産のおそれもあるため、甲状腺免疫疾患に該当した場合は、妊娠前までに治療することが大切です。
不妊治療における薬剤性や子宮卵管造影検査後やヨード過剰、出産などによって一過性に甲状腺ホルモンの分泌異常を起こすことがあります。
 
血液検査で行われるTSH(大脳から出される甲状腺刺激ホルモン)の値が
一般の人:0.2〜4.5
妊娠を目指す人:0.2〜2.5
ですと基準範囲です。
妊活をしていなければ、2.5以上の値でも4.5以下であれば正常値になりますのでご注意ください。
 
治療法は、内服薬が主です。
1か月ほど服薬するとTSHの値が正常になっていくと言われています。
(もちろん個人差はあります)
 
予防法は、
・過激なストレスを避ける
・風邪やインフルエンザなどウィルス感染や怪我に注意する
・体調不良につながる諸症状に敏感になり早めに対処する
・ヨードを豊富に含む昆布やヨード卵やヨードうがい薬など避ける
 
また、甲状腺ホルモンは睡眠中に正常にリセットされるので睡眠不足に注意し、十分な睡眠をとれるよう工夫することも大切です。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


体外受精の病院選び。時間をかけずに妊娠するためには。

全国に体外受精の病院はたくさんあって、どこの病院を選んだらいいのか分からないという方も多いでしょう。
「仕事場から近いから」とか「家から近いから」という理由だけで不妊治療の病院を選ばないでください。

 

女性の多くが仕事を持って働いているので、職場や家から近い病院を選びたくなる気持ちもわかります。
けれども、病院によって採卵の仕方や使用する薬は異なります。


また人によっては、薬が合わなくて飲めないことがあったり、薬が効きすぎて採卵ができないこともあるのです。

 

ほほえみ鍼灸院にはさまざまなか方が不妊治療にお越しになられています。
6年間以上何度も注射による採卵を繰り返したことで卵巣が弱ってしまい、
別の病院に変わっても、採卵さえ出来なくなった方もいます。
注射での採卵法が卵巣に負担がかかり、別の病院でガンの危険性を指摘された方もいました。
 
きちんと生理が来ない方は、薬による排卵も有効であると思いますが、
1年以上このやり方を繰り返していると、今度ステップアップしたときには、卵子の質が落ちてしまいます。
こうなると体外受精をしても採卵しても、良い卵子がとれなくなってしまいます。
移植できたとしても良い卵子がなければ、妊娠には至りません。
 
初めて体外受精の病院を選ぶなら、低刺激からはじめましょう。
特に卵巣に病気を持っていた方は、低刺激の病院をおすすめします。
できるだけ卵巣に負担のかからない病院を選んでください。

 

そして何より大切なことは、
良い卵子を作ることができる体をしっかり作ることです。

生活習慣の見直し、妊娠するために必要な栄養をとる、
冷え対策などをしてからでないと体外受精だけでは妊娠できません。

 

良い卵子をご自分のからだの中で育てることが出来るからだを作ること。
それが妊娠するために1番必要なことなのです。
 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


妊活は、急がば回れ!

ずっと不妊に悩んでおられて、当院に治療に来られて数回ですぐ妊娠される方がいます。
 
それは、治療することで子宮の血流が良くなり、子宮内膜が厚くなることで受精卵が着床しやすくなるからです。
鍼やパルスそして温灸を使ったほほえみ鍼灸院の治療は本当に効果が高いので、そのような方は少なくないです。

当院の治療に来られてすぐ妊娠される方の場合、卵子の質まではまだ変わっていないので、まれに流産される方もおられます。
けれども、その後も治療を継続すれば卵子が強くなり、妊娠を継続して無事出産されています。

卵子は、およそ3ヶ月かけて育ち排卵します。
3ヶ月前にどのような過ごし方をしていたのかが卵子に影響します。
また、体質を改善する上で細胞の入れ替わりにもおよそ3ヶ月かかります。

 
まれに採卵前・移植前・移植後に「鍼灸治療が効果あると聞いてきました」と言ってお越しになられ、1回だけ治療したらなんとかなると思って、その後パタリと来なくなる方がいらっしゃいます。
あるいは、すぐに妊娠されて安心してパタリと来なくなる方もいます。
 
先ほど上げたように鍼灸治療はとても効果がありますが、卵子の質が変わっていないまま妊娠された場合、妊娠を継続させる上で引き続きこれからも鍼灸に通っていただき、体の状態を良い状態に保っておくことが必要です。
せめて安定期までは。
 
これまでの妊娠&出産された患者さんの共通点は、妊娠しやすい体づくりに時間をかけて、なおかつ自分自身で血流良くなる生活を徹底していたことです。
 
たとえば、
・仕事の心身への負担を減らした
・室内外ともに足首を出すファッションや素足などやめて、下半身の血流が良くなる服装に徹底努力した
・足湯&湯船、重ね履き、ホッカイロや湯たんぽなど温かいグッズを活用して、常に下半身が温かい肌でいれるようにした
など、たくさんありますが詳しくは過去のブログをご参照ください。
 
しっかり体づくりに時間をかけた方ほど、早い妊娠&無事出産に繋がりやすいです。
また、胎児の成長も良く、産後の体の回復も早いです。
 
「妊娠・出産のためにそんなに時間はない!」と言う声が聞こえそうですが、体外受精は卵子が良くないと失敗を繰り返すだけでお金と時間が無駄になるだけです。
妊娠に必要なのは、強い卵子とふかふかのベッドのような子宮です。

鍼灸治療で血流を良くし、強い卵子を育てていくことで、急いで失敗を繰り返すより、かえって早い妊娠にむすびついています。


これまで何回も流産されている方も、ぜひご相談ください。

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


低血圧、貧血、冷え性は妊活悪循環

低血圧、貧血、冷え性は妊活にとって悪循環をつくります。

血圧は心臓から送り出される血液の圧力のことを言います。
低血圧とは循環している血液に勢いがないということです。
低血圧ゆえの倦怠感、めまい、肩こり、冷えな症状が問題になります。
 
血圧が低ければ低いほど、温かい動脈血が末端へ流れにくくなって、さらに末端から冷たい静脈血も心臓へ戻りにくく、うっ血も起こりやすくなるです。
血液が子宮や卵巣に栄養や酸素を送っているので、低血圧がいかに妊活において、悪循環か分かってもらえたと思います。

 
1日30分のウオーキングをして下半身の筋肉を鍛え、動物性たんぱく質を摂り、冷たいものを控え、ヘム鉄を摂り、夜はお風呂で半身浴をして冷えを防ぎましょう。

栄養不足、痩せすぎにはご注意ください。
妊活中はダイエットも控えましょうね。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


仕事が忙しすぎるといい卵子にはなりません

今は女性のほとんどの方が、仕事をもっていて男性と同じような働き方をされています。
一昔前は女性は結婚すると、仕事をやめて主婦になっていた時代がありました。
けれども現代は女性の管理職も増え、結婚する年齢も遅くなり、出産年齢も上がったことなどで、体外受精をされる方も多くいらっしゃいます。
 
体外受精をしたら赤ちゃんを授かると思われている方もいますが、何度も体外受精を繰り返しても妊娠につながらない方もいらっしゃいます。
それが現実です。

 

仕事が忙しくて家の食事も作ることができないような生活をしていたり、
忙しすぎてストレスが溜まることが原因となっていると考えられます。
そうした生活を続けることによって、体温が低くなって高温期がなくなってしまって、質の良い卵子が育たなくなってしまいます。

 

妊娠に必要なのは「質の良い卵子」です。

 

本当に赤ちゃんどちらがを産むことが大事なのか、それとも仕事が大事なのかよく考えてくださいね。
女性には限られた時間というのがありますから。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


妊娠の大敵、慢性的な浮腫み

先日、3回流産されている方が不妊鍼灸治療に来られました。

 

体を診てみると、下半身の浮腫みが強いのですが、本人は慢性的にむくんでいるので浮腫んでいことに気付いていませんでした。

鍼灸治療を1回したら、次の日に体重が2キロ痩せていました。
その2キロは浮腫みによる老廃物の溜まった水分です。


下半身の代謝がとても悪いため、浮腫みとして慢性的に体に溜まっているのです。

浮腫みがあるため、新鮮な血液からの栄養が子宮や卵巣に届きにくくなるため、強い卵子が育ちません。
そのために流産を繰り返すのです。

 

そのままでは何回体外受精をしても同じことを繰り返すだけなので、鍼灸治療に来てくれています。

このようなタイプの方の体は下半身が上半身に比べて太く特にお尻、太ももがやせず、汗をかきにくい基礎体温が低く上がらないといった特徴があります。

同じような体の特徴をお持ちの、方で妊娠できない、流産をする、体外受精が上手いっていないような方は体質改善が出来ますのでお試しください。


良い卵子が育ち妊娠しやすい体に変わります。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


骨盤の歪みと不妊治療

不妊治療に来られる方の体を診させていただくと、左右の足の長さが違う、骨盤の高さが違う、肩の高さが違うなど、骨盤の歪みがある方が多いです。
 

骨は自分では動きません。
骨の周りの殿筋、腸腰筋、股関節周りの筋肉の使い方が左右でちがうために固まって短縮してしまいます。
伸びない筋肉に引っ張られて固まった方向に歪みます。
そうして骨盤がずれるのです。


骨盤に歪みがあると、骨盤回りが固まりお腹の血行が悪くなり、不妊症になります。

また背骨も曲がるため、不妊症の方は肩首の凝り、腰痛のある方が多いです。

 

股関節、膝関節には太い血管が通っています。
そこが固まり血管が圧迫されて下半身の血液の流れが悪くなるため足が冷えます。

そのままの体では何回、採卵などをしてもうまくいきません。
肩首の凝り、腰痛、足の冷えなどがある方は骨盤の歪みが不妊の原因の可能性があります。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


| 1/16PAGES | >>

記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索