ブログほほえみ通信

低血圧、貧血、冷え性は妊活悪循環

低血圧、貧血、冷え性は妊活にとって悪循環をつくります。

血圧は心臓から送り出される血液の圧力のことを言います。
低血圧とは循環している血液に勢いがないということです。
低血圧ゆえの倦怠感、めまい、肩こり、冷えな症状が問題になります。
 
血圧が低ければ低いほど、温かい動脈血が末端へ流れにくくなって、さらに末端から冷たい静脈血も心臓へ戻りにくく、うっ血も起こりやすくなるです。
血液が子宮や卵巣に栄養や酸素を送っているので、低血圧がいかに妊活において、悪循環か分かってもらえたと思います。

 
1日30分のウオーキングをして下半身の筋肉を鍛え、動物性たんぱく質を摂り、冷たいものを控え、ヘム鉄を摂り、夜はお風呂で半身浴をして冷えを防ぎましょう。

栄養不足、痩せすぎにはご注意ください。
妊活中はダイエットも控えましょうね。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


仕事が忙しすぎるといい卵子にはなりません

今は女性のほとんどの方が、仕事をもっていて男性と同じような働き方をされています。
一昔前は女性は結婚すると、仕事をやめて主婦になっていた時代がありました。
けれども現代は女性の管理職も増え、結婚する年齢も遅くなり、出産年齢も上がったことなどで、体外受精をされる方も多くいらっしゃいます。
 
体外受精をしたら赤ちゃんを授かると思われている方もいますが、何度も体外受精を繰り返しても妊娠につながらない方もいらっしゃいます。
それが現実です。

 

仕事が忙しくて家の食事も作ることができないような生活をしていたり、
忙しすぎてストレスが溜まることが原因となっていると考えられます。
そうした生活を続けることによって、体温が低くなって高温期がなくなってしまって、質の良い卵子が育たなくなってしまいます。

 

妊娠に必要なのは「質の良い卵子」です。

 

本当に赤ちゃんどちらがを産むことが大事なのか、それとも仕事が大事なのかよく考えてくださいね。
女性には限られた時間というのがありますから。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


妊娠の大敵、慢性的な浮腫み

先日、3回流産されている方が不妊鍼灸治療に来られました。

 

体を診てみると、下半身の浮腫みが強いのですが、本人は慢性的にむくんでいるので浮腫んでいことに気付いていませんでした。

鍼灸治療を1回したら、次の日に体重が2キロ痩せていました。
その2キロは浮腫みによる老廃物の溜まった水分です。


下半身の代謝がとても悪いため、浮腫みとして慢性的に体に溜まっているのです。

浮腫みがあるため、新鮮な血液からの栄養が子宮や卵巣に届きにくくなるため、強い卵子が育ちません。
そのために流産を繰り返すのです。

 

そのままでは何回体外受精をしても同じことを繰り返すだけなので、鍼灸治療に来てくれています。

このようなタイプの方の体は下半身が上半身に比べて太く特にお尻、太ももがやせず、汗をかきにくい基礎体温が低く上がらないといった特徴があります。

同じような体の特徴をお持ちの、方で妊娠できない、流産をする、体外受精が上手いっていないような方は体質改善が出来ますのでお試しください。


良い卵子が育ち妊娠しやすい体に変わります。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


骨盤の歪みと不妊治療

不妊治療に来られる方の体を診させていただくと、左右の足の長さが違う、骨盤の高さが違う、肩の高さが違うなど、骨盤の歪みがある方が多いです。
 

骨は自分では動きません。
骨の周りの殿筋、腸腰筋、股関節周りの筋肉の使い方が左右でちがうために固まって短縮してしまいます。
伸びない筋肉に引っ張られて固まった方向に歪みます。
そうして骨盤がずれるのです。


骨盤に歪みがあると、骨盤回りが固まりお腹の血行が悪くなり、不妊症になります。

また背骨も曲がるため、不妊症の方は肩首の凝り、腰痛のある方が多いです。

 

股関節、膝関節には太い血管が通っています。
そこが固まり血管が圧迫されて下半身の血液の流れが悪くなるため足が冷えます。

そのままの体では何回、採卵などをしてもうまくいきません。
肩首の凝り、腰痛、足の冷えなどがある方は骨盤の歪みが不妊の原因の可能性があります。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


40代で妊娠する方としない方のどこが違うのか

ほほえみ鍼灸院では、40代で妊娠される方が多い方だと思われます。


注射で採卵をされた経験がある方は、しばらく採卵をやめて体づくりに専念していただくと良い結果につながっています。
採卵した回数にもよりますが、半年間くらい不妊治療の病院には行かず、鍼灸治療に専念して自宅でのケアで体づくりをすることによって、今まで採卵できず移植までいかなかった方でも妊娠されています。


半年間は体調を整えながらタイミングを取ることで、その間に自然妊娠された方もおられます。

 

注射での採卵を何度もやっている方は、卵巣が弱りいい卵子がとれていません。
初めに行った病院が悪いとしかいえません。

毎月1個出ている卵子を、注射で無理やり採卵できる卵子を増やしているので、卵巣に無理をかけているのです。
なかには、今まで行っていた病院がいいと言われ何度も採卵、移植を繰り返す患者さんもいらっしゃるのですが、なかなか妊娠されません。


注射での採卵は2回して妊娠しなかったら、体をしっかりつくってからでないと、何度採卵しても妊娠しません。

注射での採卵を繰り返すのはやめましょう。
お金と時間の無駄です。


また仕事が忙しすぎるのも妊娠にとってはいいことではありません。
ストレスがかかるといい卵子はとれないし、移植のときもホルモン数値が悪くなってしまいます。


森三中の大島さんがお子さんを授かるために、1年休んでいたことはご存知の方もおられると思います。
できればそういうやり方がベストではないでしょうか。
仕事してはいけないといっているのではありません。仕事のやり方を変えてもらいたいのです。
諸事情はあるとは思われますが、それくらいしないと40代の妊娠は難しいと思われます。

 

ほほえみ鍼灸院で不妊治療して40代で妊娠された方の症例紹介

JUGEMテーマ:不妊治療

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


卵子が胚盤胞までいかない方へ

卵子が胚盤胞まで育たない方は、からだに悪い部分が見受けられます。
からだを診てみると、大体の方が血液循環が悪く、顔色も冴えず、浮腫みがあり、ふくらはぎがはっています。

 

これに気づくのは容易ではなく、長年人のからだを治した者だから気づき、どのように治療をしたらいいかがわかります。

 

最近でも、これまでまったく胚盤胞移植ができなかった患者さんが、ほほえみ鍼灸院の鍼灸治療でからだを治すことで胚盤胞移植ができ妊娠しました。

 

私たちがやっている鍼灸不妊治療は母体を健康にしてから、良い卵子が育つようにもっていく治療です。
もし集中してからだを作りたい方は、毎日通って治療していただくことでからだの状態をしっかり整え、しばらくしてから採卵をしていただいています。

 

JUGEMテーマ:不妊治療

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


「鍼のひびき」と「灸の熱伝導」

先日、ジムのエアロバイクで心肺機能を測定したところ、なんと18歳という診断をいただきました。
舞い上がっていたら、今度は筋力量測定で「かくれメタボ」と診断が下りました。
わずか1時間で一喜一憂した古財です^_^;
 
さて、今日は「鍼のひびき」と「灸の熱伝導」について話したいと思います。
 
よく鍼を刺した部分が「ズーン」とか「ジーン」とか「重だるい感じがする」などおっしゃる方がいます。
これは鍼特有の「響き(ひびき)」というもので、神経に触れているものではありません。

ひびきは正確にツボに刺激が与えられている証拠で、ひびきがあることは効果があることを示してます。
ひびきの重さは自然に消えますし、その後の経過も良い方に向かいやすいです。

仮にひびきがなくても当院の場合は滞りのある塊(しこり)の部位(筋肉)に鍼を刺しているので効果は十分にあります。
以前に通っていた患者さんが鍼を刺した後からずっと生理痛のようなズシーンとした重さが続いているとおっしゃっていましたが、すぐ後に妊娠されました。
滞っている部分の血流が良くなって更に鍼灸が高温期を後押ししたことが結びついたためです。
ひびきがどうしても苦手、嫌いという方は無理せず言ってもらえれば温灸のみの治療に変えることも出来ます。
 
たまに、温灸している部位とは違う部位が温かい感覚があるとか、熱が広がる感じがするという敏感な方がいらっしゃいます。
これは体の中の経絡に温灸の熱が伝導している証拠です。

 

生きるためのエネルギーである「気血水」のエネルギーの通り道を経絡と言います。
気は生命エネルギー、血は血液、水は体液のことです。

例えば、皮膚を地面、地上に出ている地下鉄の出入口がツボ、線路を経絡とイメージしてもらうと分かりやすいと思います。
体には縦に14本の経絡(線路)があり、それらは五臓六腑すべての臓器に関連しています。
路線が乗り換えて経絡が全て繋がっているイメージです。
 
当院では一人一人の体を診て、その人に合ったツボや滞りを改善し、全身のバランスを整える治療しています。

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


体外受精で早く妊娠するためには

ほほえみ鍼灸院では、これまで何度も体外受精をしたけれどうまくいかなかった方がたくさん妊娠されています。

 

11回採卵をして6回の胚移植をしてもうまくいかなかった方、
5回採卵をして1回目以降はまったく卵子が育っていなかった方が不妊鍼灸治療にお越しになられました。

 

これだけ体外受精をしてもうまくいかないのには、必ず原因があります。

妊娠するためには、良い卵子とふかふかの子宮内膜が必要です。
鍼灸治療で血行の悪い部分を治し、血液の流れを良くして卵巣と子宮に血液が流れやすくします。
血液は酸素と栄養を運んでいますから、当然子宮や卵巣栄養が運ばれ良い卵子ができやすくなるのです。

 

おふたりともそのままの体で体外受精をと続けていてもうまくいかないと重い、真剣に鍼灸治療に通ってくださいました。
そして鍼灸治療と日常生活の改善で体づくりをしっかりして採卵に臨みました。
11回の採卵でうまくいっていなかった方は1回目の新鮮胚移植で妊娠されました。
5回の採卵で卵子の全く育たなかった方は1回目の採卵で無事受精卵が育ちましたこの新鮮胚移植は陰性でしたが、鍼灸治療を継続して、2回目の胚盤胞移植で無事妊娠されました。

 

鍼灸治療を受けることも根気がいる思われる方もおられると思います。
でも、確実に妊娠に近づきます。

早く妊娠したいと思われ焦って採卵を繰り返す方もおられますが焦ってもかえって卵巣を疲れさせて良い卵子が育たず費用と時間を無駄にします。


しっかりと体を整えることが早い妊娠につながります。
鍼灸治療をする時間は無駄にはなりません。
これまで体外受精を繰り返しているけれども上手くいっていない方には、特にお勧めします。

 

JUGEMテーマ:不妊治療

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


おりものから排卵日を推測する

タイミング法をする場合、排卵日を把握することがとても重要です。


把握する手段として、5パターンが考えられます。
・基礎体温
・日数
・おりもの
・排卵検査薬
・病院にて
 
この排卵日を予測するのがとても難しいのですが、
「おりもの」と「日数」で推測するのがオススメです。
 
体に起こることなので、体の症状が一番正直だと考えます。
「おりもの」は、本来、排卵日が近づくと量が増えてくる特徴があります。
膣内部に潤いを保ち、バイ菌などの侵入を防ぐ役割があります。
おりものによって精子を守り子宮内に運ぶ役割があります。
おりものが増えてきたら翌日が排卵日なので、排卵日前日にタイミングが取れると良いです。
 
「日数」は、25〜38日が生理周期の正常範囲とされています。
排卵期〜生理期までの黄体期(高温期)は、どの人も約14日間です。
次回の生理予定日(自分の生理周期)から14日を引くと排卵日が予測できます。
 
基礎体温の場合、振り返ってみて体温の上昇直前のこの日が排卵日だったと分かりやすいですが、季節や環境温度変化、睡眠等によって影響も受けやすいため予測してタイミングをとるのは難しいのが現状です。
排卵検査薬の場合、LH(黄体形成ホルモン)の上昇で陽性か陰性か分かります。ただしLHの上昇が一気に上がるのか緩やかなのかによって排卵日の見極めが難しいです。
 
鍼灸治療は、体の滞りを改善し血流を良くさせ、体質改善にとても有効です。
ほほえみ鍼灸院に通ってくれている患者さんからは、
・「おりもの」の量も質もとても良くなった
・生理周期が安定してきた
・基礎体温が二層になってきた
などの嬉しい声をたくさん聞きます。

 

JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


女性ホルモンと鍼灸治療

妊活をしているとよく聞く「女性ホルモン」。
これは「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の2種類のことを言います。

 

ホルモンを分泌するのは、脳にある「視床下部」から「脳下垂体」へ指令が出て、それを受けた「脳下垂体」から「卵巣」へホルモン分泌の指令がおります。


たとえば、生理後〜排卵にかけて「卵胞ホルモンを上げて」と指令が出ると卵胞ホルモンの分泌量が増え、排卵後〜生理前では「黄体ホルモンを上げて」と指令が出ることで、卵胞ホルモンが下がって黄体ホルモンの分泌量が増えます。
約1ヶ月間ホルモン変動サイクルによって女性ホルモンのバランスをとっています。

 

このバランスが乱れると、排卵障害、月経周期異常、経血量や生理期間の変化、PMS(月経前症候群)など不調が現れやすくなります。

ホルモン分泌のコントロールをする視床下部は、ストレスの影響を強く受けてしまう場所で、不規則な生活や睡眠不足、心身に負担がかかると乱れやすくなります。

規則手正しい生活が自律神経を整え、脳の働きを良くします。


全身の血流を良くさせておくことも脳まで血流が行き渡り視床下部の働きを良くさせてくれます。

週1回の鍼灸治療を続けることは、女性ホルモンの分泌を良くする上でも有効と言えます。

 

JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


| 1/15PAGES | >>

記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索