ブログほほえみ通信

一日中温めることが妊娠につながります

患者さんから「今月は排卵しなかったかも」と言われることがあります。
こういう場合家庭での冷え対策が出来てないことが多くあります。
そこで「寒くなってからの家庭での暖房器具はどのような物を使っていますか」と尋ねてみます。

ほほえみ鍼灸院に不妊治療に来られている方の多くの方は赤ちゃんを授かるために、若い方でも体外受精を視野に入れています。
体外受精となるとお金がかかるので、普段の生活にかかるお金はできるだけ節約し、昼間一人の時は暖房を入れずに過ごされている方もいるようです。
 
しかし考えみててください。
体外受精で失敗すれば何十万円もかかります。

たとえ昼間でも寒い時期に暖房なしでは、体が冷えきって血行が悪くなり、排卵が飛んだり、風邪をひいたりで体にとっても、子宮や卵巣にとってもいわけありません。
 
毎朝早めに起きて足湯をして、湯船に入って半身浴をしていても、昼間冷やしてしまうとダメです。
体つくりをしていることにプラスして暖房を入れて冷やさない時間を長く保ってくださいね。
そうすれば排卵が飛んだり、風邪をひくようなこともなくなり、妊娠しやすくなりますよ。

 

JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


「いまを楽しむ」

仕事が忙しかったり、なかなか赤ちゃんができないと落ち込んだりして感じたストレスは、ホルモンバランスを崩しやすくします。
不安や焦りで気持ちが体を緊張させ、交感神経によって血流を収縮させ、筋肉がこわばり冷えにつながります。


背中や首肩の筋肉、頭皮が硬い人は、無自覚にストレスを抱えています。
自分が何にストレスを感じているのかを把握し、心身をリラックスさせる工夫をすることが肝心です。

 

ストレスを生む原因のひとつが「すべてが自分の思い通りになる」という考えです。
“自分の出来る取り組みに尽力すればすぐに妊娠できるはず”という思いが、予想外に授かれない時に焦りや不安となってホルモンバランスを崩しやすくします。

 

赤ちゃんには赤ちゃんの都合があるのです。
赤ちゃんは効率や合理的には授かれないのです。

 

だから
「赤ちゃんが欲しい。
でも赤ちゃんが授かれなくても自分の人生を楽しもう」
という気持ちが大切です。

 

子育て中には出来ないことを今のうちにやっておこう、子育ても自分の思い通りにいかないはずだから今のうちに心をトレーニングしよう、など肩の力を抜いて「いま」を楽しむ気持ちに目を向けてみてはいかがでしょうか。

 

妊活を止めた途端に自然妊娠するケースも少なくないです。

今のうちから楽しむ生き方が出来ると、きっと赤ちゃんを授かっても、子供を所有物としてでなく子供の人生は子供のもの、親子といえど自分の人生を楽しもうという心の持ち方になっているはずです。


心身のリラックス法が身につくと、副交感神経によって、筋肉が緩み血流も良くなり、良いスパイラルになるはずです。


もうすぐ年末年始を迎えますが、なかには帰省がストレスになっている方もいらっしゃるかと思います。
きっとプレッシャーがあるだろうと想定範囲内に入れて、自分の妊活の取り組みにおける心の軸をしっかり持っておくことも大事ですね。
さりげなくかわすことや適度な距離感を心にとどめて、いまを楽しんでみてはいかがでしょう。

 

JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


タイミングが取れたなら静かに過ごしましょう

「タイミング」がちゃんと取れた時は、なるべく静かに過ごしてくださいね。

以前治療に来られていた43歳の方がタイミングを取っていた後、生理が10日ほど遅れていました。

 

「まさか妊娠?」と思っていたら生理がきてしまったのですが、まず10日も生理が遅れることは今までなかったこともあり、調べてもらいました。
すると、少しHCGが出ていたことがありました。
hcg値とは、妊娠したかどうかを調べる際に使われる数値です。
妊娠すると胎盤が作られますが、その胎盤から分泌されるホルモンのことを「hcg」といいます。
どうやら知らない間に流産をしてしまっていたようです。
 
流産の原因になるようなことはないのかと尋ねてみたら、毎日1時間ほどストレッチをていたようで、知らないうちにお腹に腹圧をかけるようなことをしていたようです。
 
また31歳の方が1年間婦人科に通い人工受精をするたびホルモン剤を使っていたけれども妊娠には至らず、鍼灸治療をして体つくりをしてから体外受精に行くつもりでいただ、タイミングはとっていたら自然妊娠しました。
 
彼女は1年出来る限りのことはしたけれど妊娠に至らなかったので体外受精に移行するしかないと思っていたそうです。
まさか自然妊娠するとは思っていなかったので、しりもちをついて痛みがあったので、病院に行きレントゲン検査をしてしまったのです。

私たちも長くこの仕事をしていますが、妊娠初期にレントゲン撮影をした方はいなかったので、専門の病院で見ていただいたところ、初期だったで問題なく妊娠を継続することができ、ホッと胸をなでおろしました。
 
自然妊娠、体外受精どちらもそうですが「もしかしたら妊娠の可能性があるかも」と思うのであれば、高温期は静かに過ごしましょう。
知らないうちに妊娠し流産していることもあるので...。

 

JUGEMテーマ:不妊治療

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


ほほえみ鍼灸院のご予約について

毎日、たくさんの方から予約のお電話を頂戴し、ありがとうございます。
お陰様で、たくさんの方が妊娠され卒業されています。

 

今のところ平日の夜と土日は予約はすでに予約でいっぱいなのですが、平日の昼はまだ空きがございます。
平日に時間のある方はお気軽にお問い合わせください。

 

JUGEMテーマ:不妊治療

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


妊娠しにくいのは子宮が冷えているからです

患者さんをみていると夏場は素足にサンダル、冬場ha上半身は温かそうなダウンコートを着てはいるものの、下半身は黒のタイツ1枚だけという方が多いのです。
 
子宮は膣を通して外気に接しています。
他の内臓は接していません。女性の子宮だけなのです。
夏場、冬場もそうですが下半身を薄着にしていると、当然のことながら子宮は冷えていきます。

冷えないために、仙骨やお腹にカイロを貼ったりよもぎパットを利用して、冷えから子宮を守ってください。
先日テレビで26歳のお笑い芸人さんが出ていて子宮の血液がちゃんと流れているのかを調べていましたが、この方はいったん子宮に入った血液が逆流していました。
 
担当していた婦人科の先生が子宮が冷えていますからと伝え、子宮を冷やさない体操を教えていました。
体操も大切ですが普段から冷えない服装に変えることも大事です。
冷えた状態で体外受精をされても、着床率が下がります。

 
患者さんが使って良かったと言っておしえてくれたのが、パナソニックの蒸気と遠赤外線の足湯でしたので早速購入しました。
バケツの足湯は時間が経つと、お湯が冷えてしまいますがこの足湯はふくらはぎまで、ポカポカになります。
また水もコップ1杯で出来るのでいいと思いました。
参考になれば幸いです。

 

JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


妊娠できない方の子宮の温度

大阪の医療法人オーク会で同一女性の2個の卵子を36℃ と37℃に分けて培養したところ、
36事例中、細胞数、胚盤胞到達率、移植可能の卵子の割合はすべてで37℃で培養した方が優れていたと言う結果が出たそうです。
実際に出産した人数も36℃は4人、37℃は8人と言う事です。
 
体外受精で良いランクの受精卵を胚移植しても着床出来ない方は子宮内の温度が低いと考えられます。
受精卵は37℃で培養されています。
その温度で細胞の活性が最も高まり成長するからです。

受精卵にとって心地いい温度から子宮に戻しても、子宮内の温度が低いと途端に受精卵の活性が落ちて細胞の成長が止まってしまい、妊娠は出来なくなります。
女性の方はいつも上半身は温かくしていますが下半身は薄着で子宮は冷えています。
 
仕事場で冷えを感じていませんか。
高温期が37度になる方は少ないと思います。
37度ある方でも下半身は冷えているので子宮内の体温はそれよりも低いと思われます。

子宮を温めるためには仙骨に毎日カイロを貼ってやると良いです
仙骨の所には子宮に流れる血管や神経がありますので子宮が温まりやすくなります。

 

鍼灸治療では子宮や卵巣に流れる血液が増えるように治療する事で良い卵子を育て着床しやすい子宮にしてゆきます。
良い卵子を育てるためには採卵の前から鍼灸治療をすると良い結果を得られやすくなりますよ。

 

JUGEMテーマ:不妊治療

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


温めてリラックス

今回ご紹介するリラックス法は、「温める」ことです。

体を温めることによって、思考パターンが良い方へ働きます。
逆に体が冷えていると、良くない方へ考えがちなので、体を温めるのが気持ちの切り替えにはおすすめです。

 

体が温まると眠くなります。
それは副交感神経が優位に働いている証拠で、心身の力が抜けてきていることです。

 

先日、私も足温器を購入し、100円均一で保温用のアルミシートと滑り止めを入手し、足温器の熱が床や冷気に負けないように防寒しています。


冷たい空気は下に溜まるので温める場所は膝〜足先がポイントです。
冬の服装を見ていると上半身が着ぶくれして肝心の下半身がタイツ1枚にスカートなど薄い格好している方が多いので要注意です。
ほほえみ鍼灸院では内側がシルクで外側が綿のレッグウォーマーも販売しています。
シルクの温かさを実感できるので、必要な方はお声かけください。

 

椅子の下にも冷気が溜まるので、電気ザブトン(ホットクッション)をお尻の下に敷くのも、お尻〜太もも後面が温まるので◎。

保温用のアルミシートは、じゅうたん下・イス下・お布団の下・湯船の上にもおすすめです。
コルクマットを敷くのも温かそうですね。
リビングなど2人以上の時は面積を温める方が良いですし、1人だけの時は体の部位を温める方が節電出来ます。

 

飲食でいえば、卵かけ雑炊やお鍋、かけうどん、豚汁などは内側から温まります。
しょうが紅茶も◎。

 

それから、気分を変えて外で温まるなら「温泉」がおすすめです。
日帰りでも行ける先はありますし、旦那さんを連れていけば仕事の疲れを癒す機会にもなります。
リラックス、ストレス発散、自律神経やホルモンバランスを整える、血行促進、筋肉の弛緩など温泉の効果は豊富です。

 

最近では、「子授け温泉」「子宝温泉」と言われるパワースポットも人気のようです。

いくつかピックアップしてみました。
心身のリラックスは免疫力も高まります。
どうぞ参考になさってください。

 

兵庫県「有馬温泉」

http://www.arima-onsen.com/


兵庫県「城崎温泉 柳湯」

http://www.kinsui.net/kinosaki/sotoyu/yanagiyu.html


群馬県「草津温泉」

http://www.kusatsu-onsen.ne.jp/


群馬県「伊香保温泉」

http://www.ikaho-kankou.com/


岐阜県「下呂温泉」

http://www.gero-spa.or.jp/


岐阜県「日本まん中温泉 子宝の湯」

http://www.kodakaranoyu.jp/


秋田県「唐松温泉」

http://akita-hinaijidori.com/karamatsu/


新潟県「板尾又温泉」

http://www.iine-uonuma.jp/stay/stay_info/stay_yunotanionsenkyo/stay_tochiomataonsen.html


神奈川県「雲遊天山の子宝洞」

http://tenzan.jp/


神奈川県「湯河原温泉 こごめの湯」

http://kogomenoyu.com/


熊本県「黒川温泉」

http://www.kurokawaonsen.or.jp/


富山県「小川温泉元湯」

http://www.ogawaonsen.co.jp/


静岡県「吉奈温泉」

http://www.amagigoe.jp/tomaru.html#KONA


長野県「田沢温泉 有乳湯」

http://www.hikyou.jp/detail.php?shid=30256


滋賀県「長浜太閤温泉」


(おまけ)
ちなみに湯治で有名なのが以下の温泉です。

秋田県「玉川温泉」

http://www.tamagawa-onsen.jp/


福島県「三春温泉」

http://miharukoma.com/syukuhaku.html


山梨県「増富ラジウム温泉」

http://masutominoyu.com/


鳥取県「三朝温泉」

私の父が前立腺癌でしたが、早期発見早期治療と玉川温泉に通い、数値が下がりました。
主治医の先生と相談して早期に対応することをおすすめします。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

  • 2016.11.16 Wednesday
  • -
  • 10:22
  • -

音楽の力を使ってリラックス!

妊活にはリラックスが必須です。
無自覚に緊張しやすい、力みやすい、ストレスを抱えやすい方が数名いらっしゃいます。
そのような方の共通点は、”色々取り組んでいるのになかなか体が変わらない”です。
 
そこで、どうすればリラックスしやすいか、思いつく方法を何回かに分けていくつか紹介させていただければと思います。
 
今回のリラックス法は、「音楽」です。
 
音楽は、言葉が通じなくても世界中の人と共有でき、老若男女どんな方にも、いつの時代にも楽しめます。
私自身も、これまで音楽に学び、音楽に救われ、音楽を活用して今日に至っています。
東洋医学でも陰と陽があるように、自分の心に溜まった陰を上手に逃がすことが大切です。
その方法として、「音楽」をおすすめします。
 
音楽は、その名のとおり「音を楽しむ」ことです。
手段として、聴く・歌う・踊る・演奏することがあります。
 
たとえば、気持ちを盛り上げたい時に明るいやる気が出る曲を聴いたり、幸せな気持ちになりたい時に愛をテーマにした曲を聴いたり、逆に浮上させるための落ちる所まで落ちようと泣ける曲を聴いたり、寝る前に興奮を落ち着かせるためにクラシックを聴いたり。
音楽でコントロールして気持ちのアップダウンの差を縮めるようにするのもひとつです。
 
最近では、ひとりカラオケをする人も当たり前になってきています。
人の目を気にせず思いっきり自分の歌いたい曲を歌ってスカッとするのもおすすめです。
歌うことは呼吸のほか腹筋や腰痛防止、さらには血流も良くなります。
私は、ストレス発散したい時はYoutubeを自宅で聴いて窓を締めきって大声で歌っています。
上手く歌えている気になれるのも満足します。笑
 
リズムに乗って体を動かすのもストレス発散には効果的です。
例えば、スポーツジムのスタジオレッスンは音楽に合わせて運動しますね。
とっても気持ちいいです。
私はこれで3年乗り切りました。
そのほかには、阿波踊りや盆踊りも日本ならではの楽しみ方ですね。
 
生涯の趣味につなげたい場合、楽器を演奏出来るようになるのも良いですね。
もちろん好きで楽しいという気持ちが大前提です。合う方はおすすめです。
私の父は、サラリーマンでしたが併用して三味線を習い始め40年目に突入しました。
暇さえあれば延々と弾き唄っています。
ちなみに私の老後の夢はピアノを再開することです。
いずれにせよ、楽器は手先や腕を使います。これは脳の活性化や老化防止にも効果的です。
 
作家であり生き方健康学者である佐藤富雄さんは、音楽は歩く効果と同等のものが脳にもたらされると言っています。
音楽は、免疫力アップ、自己治癒力アップにも繋がるのです。
 
妊娠中は特にお母さんの心の状態がダイレクトに子供に伝わります。
音楽にふれ合った生活を送れると、穏やかな気持ちがお腹の赤ちゃんに伝わります。
ぜひ自分にとっての大好きな「音楽」で脳・心身をリラックスさせ、良いホルモンを出しましょう。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


歯とリラックスの関係

今回は「歯」とリラックスに関するお話をしたいと思います。

 

先日、成人歯科検診を受けてきまして、歯医者さんに面白い話を聞いてきました。
その先生はとても勉強熱心な方で、話の途中で何度も席を立っては本や資料やファイルを持ってきて理解しやすいように説明してくれました。


さまざまな話の中の1つに「歯ぎしり・くいしばり」のことがありました。
無意識にしている歯ぎしり・くいしばりは、人間にとって役立っている生理的現象で、何らかの必要性があるとのこと。
一説によるとストレス発散に役立っていると言われているそうです。
日本人のおそらくほとんどの方は、歯ぎしり・くいしばりになっているそうです。

 

普段リラックスしている時には上下の歯は接触していないのが正常な状態だそうです。(口を閉じていても)
ふと歯に意識する回数を増やして、もし上下の歯が触れていると感じたら力を抜いて歯を浮かす。(口を開ける必要はありません)
寝ている時は難しいですが、日中に歯が触れ合っている事に気付くことの繰り返しが力を抜く習慣づけになり、力の緩和につながり心のリラックスにつながります。


歯磨きも同じで、力加減が歯を丈夫に長持ちさせる上で大事だとおっしゃっていました。

 

鶏が先か卵が先かのように、筋肉を緩めてリラックスできる人なのか、心を緩めて筋肉がほぐれる人なのか。
いろいろ取り組んでもなかなか身体が変わらない方は、内面に着目すべきなのかもしれません。

 

目がつくところに「力を抜く」「歯を浮かす」と紙に書いて貼っておくのも一つの手かもしれません。
私も長く健康な歯でいたいので実践しているところです。

ぜひ、心当たりのある方はお試しください。

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


妊活のツボ

先日、こんなことがありました。
妊活の取り組みが優等生で、体も当初に比べたら結構良くなってきた最中、なぜか再び硬くなってホルモンバランスも不安定になってしまったのです。
いろいろお話を伺ったところ、大きなストレスを抱えていることがわかりました。
 
「私は(私ばかり)こんなに頑張っているのに!」
 
という気持ちが強くなっていました。
 
旦那さんの一挙一動にイライラしたり、気持ちが強く出てしまって知らずに嫌な気持ちにさせてしまったり、夫婦喧嘩も頻繁にする人もいれば出来ない人もいたり。
そもそも何のための妊活なのか、何のために努力してきたのか、自分がどうすればいいのか迷子になってしまっている方をよくお見かけします。

どうしても不妊治療について話せる人が限られるので、一番の味方である旦那さんとうまくいかないと、ひとり抱え込んで溜めこむ方も少なくないです。
妊活は毎日地味な取り組みなので、旦那さんと気持ちが通い合っていることが本当に大切です。
旦那さんが忙しい場合、自分で心の掃除をしながらモチベーションを維持するのが必須です。
 
なぜならば、赤ちゃんのことを思う妊娠を目指す場合、体づくりに最低3〜4カ月、さらに良い卵を育てるのに3カ月は必要だからです。
その間、毎日コツコツ根気よく体づくりに取り組みながらパワーを温存し、ここぞという時に全力をそそぎ、休むべき時に休んでメリハリを付けてモチベーションを維持して欲しいからです。
 
心配不安緊張ストレスを抱えていると、体は素直なので呼吸が浅くなり筋肉の質が悪くなり血流を悪化させます。
 
だから、旦那さんとちゃんと気持ちを一緒にして同じ方向を向いて取り組むのことが大切なのです。
その際、旦那さんは家族を増やすことにどう思っているのか、男性の身体と女性の身体との違い、妊娠しやすい状態を整えるのに時間がかかるということ、ホルモンの事情で都合を合わせでもらう必要が出ること、年齢の問題などを説明する必要があります。
自分の努力の前に、旦那さんの希望や状態を知ることが肝心です。
 
妊活は一人でやるものではありません。
夫婦でやるものです。
患者さんの中には、自分の行く先々に旦那さんも一緒についてきてもらったり、毎日のサプリメントや漢方薬など飲んで協力してもらったり、家事を分担してサポートしてもらったりして、旦那さんにも一緒に妊活に参加してもらっているご夫婦もいます。
 
ツボという言葉があるように、同じ努力でも、的を射た努力、的外れの努力があります。
まず言葉にして、ちゃんと旦那さんと気持ちを一緒にする努力が的を射た努力です。
男性には理解しがたい内容ですし、距離が近い分、何度も説明しなければいけないこともあるかもしれません。
夫婦関係が悪化しないよう、病院の先生さんや鍼灸院の先生など第3者から話をしてもらうのも時も必要かもしれません。
 
冒頭に話した患者さんは、病院の先生の話を聞いて旦那さんの姿勢が変わったとおっしゃっていました。
今は、自分自身もモチベーションが下がらないよう、妊活の中に楽しみを見つけて心の掃除も心掛けているそうです。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

  • 2016.11.08 Tuesday
  • -
  • 09:27
  • -

| 1/61PAGES | >>

記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索