ブログほほえみ通信

生理痛、冷え性、むくみは下半身が冷たいのが原因

上半身は火照って暑いけれど、下半身が冷えていませんか?

へそから上、へそから下で温度が違っていたら注意が必要です。


生理不順や生理痛、冷え症、むくみなどの症状がある方はおへそから下が冷たくなっています。
おへそを横に一文字に線を引くと考えて、上と下で温度が違うと思う方は、下半身が冷えていることになります。

「冷えている所」に婦人科系の病気が出やすいので、下腹部が冷えている方は、子宮や卵巣も冷えて血液循環が悪くなっていて、不妊症や婦人科系の病気が起こりやすくなります。


下半身が冷えていると代謝も悪くなり、体の中の水分がうまく体から出ていくことが出来ません。
 
下半身に不調が出やすいという人は、仰向けになって、おへその上下の温度を手のひらで触れて比べてみてください。
夏に冷房や冷たいものの飲食で冷やしてしまっていた方は、これからの季節が辛くなります。


カイロをお腹、仙骨に当ててお腹周りを温めて下さい。
またお風呂での半身浴も効果があります。

冷たい飲み物、冷蔵庫から出した冷たいものは避けてくださいね。


細かいことのように思うかもしれませんが、こうしたことの積み重ねが妊娠に繋がるのです。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


冬の妊活対策は入念に、しっかりと。

「忘年会」「クリスマス」「年末年始」「年賀状」と、

イベント盛りだくさんの12月になりました。
冬の対策準備は大丈夫でしょうか。
 
イベントに参加する時に気をつけること
・氷の入った飲み物やアイスクリームは控える
・お刺身でしたら、赤身系を
・生野菜よりも温野菜を
・白砂糖が入ってる甘いものは少なめに...etc
・就寝時間を意識して、早めの帰宅を
 
服装対策

・寒空の下では(イルミネーションや初詣など)では下半身1枚多く履く
・重ね履き(暖パン、タイツ、レギンス、靴下、レッグウォーマー、腹巻きなど)
・タイツ1枚にスカートは×
・カイロ、ムートンブーツなどの準備
・ 座る椅子が冷たい時にショールを敷くなど

 

睡眠や年末年始の帰省対策
・睡眠の質低下すると自律神経が乱れて冷えにも影響します
・ストレスが続くと冷えを招きやすいです
・年賀状や帰省など様々な心の準備と予防線を
・妊活中なので普通の人と同じ感覚で過ごさないこと
 
睡眠の質、基礎体温の2層化を死守して、寒い冬もしっかりホルモンバランスを保ちましょう!

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


亜鉛と妊活

施術中に「亜鉛は摂った方が良いですか?」というご質問をいただきました。

亜鉛は、男性の精子をつくる上で必要というのは有名ですが、
亜鉛には、壊れた組織の再生や細胞を作る体の新陳代謝を上げる働きがあります。
女性の場合、受精卵の細胞分裂を促すのに亜鉛が関係します。
 
亜鉛の摂取量は9〜12mg/日
 
亜鉛が不足すると免疫力低下につながり、
風邪をひきやすくなったり、抜け毛や爪が欠けたり、食欲低下、味覚障害など起こしやすいです。
 
牡蠣など海由来の魚介類に多く含まれています。
他にも牛肉やうなぎ、玄米、大豆などにも入っています。
 
亜鉛はミネラルの1つでです。
ミネラルは体の中で作ることが出来ないので、食べ物から摂る必要があります。
けれども、ミネラルの利点は貯蔵できること。
 
妊活中にアルコールを飲んでいる人は少ないと思いますが、アルコールは亜鉛吸収を妨げるので注意が必要です。
 
日頃からバランスの良い食生活を心がけて亜鉛欠乏を防ぎましょう。
 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


糖質とうまくつきあいましょう

食べ物によって体が作られます。
妊活中の方にはまずは「高タンパク低糖質」を心がけましょう。
食べる順番も最初にタンパク質→最後に炭水化物がおすすめです。
 
ただし、誤解がないようお伝えしたいのが、低糖質といっても糖質も必要な栄養素であり摂取が必要です。
 
先日、NHKで糖質制限の番組がありました。
とても分かりやすい内容だったので、簡単にまとめました。
 
糖質を摂る量も、年齢や性別や運動量など人によって違います。
厚生労働省では
「例えば40代であまり運動をしない女性の場合、220g以上の糖質摂取が必要」と周知しています。
つまり、糖質は悪いものではなく、糖質種類を考えて摂ることが重要です。
 
<糖質の種類>
単糖類や二糖類:りんご、バナナ、はちみつ、白砂糖
多糖類:食パン、ご飯
 
<特徴>
単糖類や二糖類
一気に吸収されるため血糖値の急上昇につながり、インスリンが過剰に分泌されやすい。
肥満や糖尿病になりやすい
 
多糖類
ゆっくり吸収されるため血糖値もゆっくり上昇するので、肥満や糖尿病のリスクが低い。
 
*吸収が早いと太りやすく、吸収が遅いと太りにくいです
 
*加糖ブドウ糖液糖(人工的に作られた糖質)は吸収率が早いので危険です
急速に吸収されてドーパミンによって強い快楽を出るため依存性が高いです。
清涼飲料水や甘味の調味料系など身近なものにも入っているので無意識に多くとりがちです。
 
また、血糖値が上げやすい食べ物は人によって違うそうで、例えばりんごを食べても上がる人もいれば上がらない人もいる。
それは腸内細菌が関係しており、糖質の分解や吸収は腸内細菌によって行われるため人によって違うとのこと。
自分の腸内細菌に合った腸内環境の状態を良くすることが大切だそうです。
 
<糖質制限する際の注意点>
対象者:肥満の人、糖尿病とその予備軍
期間:1年以内
※極端な糖質制限の長期化は死亡リスクを高めやすいです。
 
大事なのは、糖質の種類と量を考えて、バランス良く、食べる順番を意識して、ゆっくり食べることです。
良い卵と良い体を作ることが妊活の基本です。
 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

  • 2019.11.29 Friday
  • -
  • 10:24
  • -

うれしい便りが届きました

ほほえみ鍼灸院のポストには、時折卒業した患者様からお便りが届きます。
少し前に嬉しいお手紙を頂いたので、ご紹介させていただきます。

 

------------

院長先生 三鶴先生 古財先生 大変ご無沙汰しています。
妊活中には先生方に大変お世話にな、感謝しております。
おかげさまでん妊娠生活も無事に9ヶ月(33週)に入り、先日より仕事の方も産休に入ることができました。
もっと早くに連絡しようと思っていたのですが、この時期になてしまって申し訳ありません。

 

赤ちゃんの成長も順調で、検診のたびに大きくなっていて、胎動も元気いっぱいの女の子です。
妊活中には辛い経験もしましたが、その辛さがあった分、今お腹の子が愛おしくたくさんの幸せを感じております。
本当に先生方にはよくしていただき、生活面で気遣っていただいたおかげです。
辛い時にはたくさん話を聞いていただき、応援していただいたおけげで、
今こうして元気に過ごせているのだと思います。

無事に出産したらご報告させてください。


まもなく実家の仙台に里帰りします。
こちらに戻ってきた時には、赤ちゃんを鍼灸院に連れて行きますので、抱っこしてあげてください。

先生方のご多幸をこころよりお祈り申し上げます。

 

 

------------------

 

この方は看護師として働いておられ、妊娠にたどり着くまでに大変苦労されたのを覚えています。

本当に根気よく頑張ったと思います。


子どもは授かりものですが、粘り強く諦めなかった方は妊娠されて鍼灸院を卒業していくのも、いつも不思議に感じます。

このお手紙をいただいてしばらくしてから、無事出産し母子ともに健康とのお知らせをいただきました。
本当におめでとうございまあす。

便りがないのは元気な証拠といいますが、やはりお便りをいただけると嬉しいものですね。

そしてこのお手紙が、今 妊活で頑張っている方の励みになりますように。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


高温期はしっかり温めましょう

排卵日の後は高温期に入ります。


「高温期」という言葉の通り、体温が上がるよう後押し温活が重要です。

以前に排卵日頃に実家に帰省した方が、実家が寒くて高温期に体温が上がらず無排卵周期になってしまったことがありました。
妊娠している可能性があるときは、低温期と同じように過ごしていてはダメです。
 
子宮の温度は受精卵にとってとても大切です。
体外受精で良いランクの受精卵を胚移植しても着床出来ない方は子宮内の温度が低いと考えられています。

子宮を温めるためには仙骨に毎日カイロを貼ってやると良いです
仙骨の所には子宮に流れる血管や神経がありますので子宮が温まりやすくなります。

 

以前、ブログでも紹介した記事もぜひご参照ください。


▼妊娠できない方の子宮の温度
http://kodakara.hohoemi-baby.net/?eid=607
 
移植後の過ごし方についてはこちらの記事もぜひ。
▼移植後の過ごし方
http://kodakara.hohoemi-baby.net/?eid=699

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


寒暖差の激しい季節の体温調整

日ごと寒くなってきました。
昼夜の寒暖差も大きく、心身の疲労が出やすいです。
 
そんな時は、「睡眠をたっぷりとること」と「体を温かくすること」が大切です。
自分の心身のサインを聞いて、休息も上手にとってくださいね。
 
体を温めるポイントは
 「頭寒足熱」と「ながら温活」です。

しっかり意識して体をあたためましょう。
 
服装選びが難しい季節ですが、ぺたんこの薄い靴を履いたり、ストッキングや短いソックスで足首を出していると、下半身の冷えにつながります。
暑い時は上半身で体温調整ください。
上半身は前開きのファスナーやボタンのものなら、着脱せず熱を逃がしやすいです。
 
カイロやレギンスやタイツの重ね履き、レッグウォーマーなど活用して、室内の服装、パジャマの服装、職場内の服装や移動中の服装をそれぞれ工夫してみて下さい。
 
また、家の中の環境や寝室の環境なども寒い場所はないかチェックしてみてください。
 
これから年末に向けて忙しくなると思いますが、「終わりよければすべて良し」を目指して、良い年越しを迎えられるよう準備しましょう!
 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


妊活は夫婦ふたりで、ふたりのために。

妊娠は夫婦2人の協力があって出来るものですが、
未だ、旦那さんの理解が低く、苦しんでいる女性が何人かいらっしゃいます。

 

過去に書いた記事をぜひ読んでみてください。

「妊活での旦那さんの説得材料」
http://kodakara.hohoemi-baby.net/?eid=826
 
体外受精の無料説明会も各クリニックで開催されています。
ご夫婦で出席されると、参加者の人数や話の内容から、詳しく理解できるはずです。

 

前進につながり、1日も早い妊娠に近づくことを祈っています。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

  • 2019.11.14 Thursday
  • -
  • 10:19
  • -

子宮内膜症、子宮筋腫

婦人科系の病気は、子宮や卵巣が冷えて血行が悪く、血液の循環が良くないことが原因で起こります。
子宮筋腫は子宮の筋肉にできる固い良性の腫瘍です。


水は冷蔵庫で冷やすと凍ります。
それと同じように体を冷やすと子宮や卵巣に病気がでます。

 

体を冷やすと上半身に血液が回ります。
何故かというと上半身には様々な臓器があるため、生命維持のために優先的に上半身に血液を送るのです。
子宮や卵巣など下半身にある臓器は生命の維持ににはあまり関わらないので、血液が回りずらくなるのです。
血液循環が悪くなると、弱っている部分に病気が出るのです。
 
子宮内膜症も原因についてはいろいろと難しいことがいわれていますが、おへそから下を温め、血行を良くすることで、症状が軽減されるのです。


へそから下にカイロ、仙骨にカイロ、おまたカイロをお勧めします。
体を温めて血流を良くしましょう。
そしてそれは妊活につながります。

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


体質まで変えてしまう入浴法

最近では湯船に浸からず、シャワーだけですましてしまう人がたくさんいます。


仕事から帰って湯船にお湯を入れるのが面倒で、シャワーで簡単に入浴してしまうようですが、それを続けていると「低体温」になってしまいます。

体の表面についた汚れを落とすだけならシャワー浴でも十分ですが、「体を温めること」「老廃物を出す」ということはシャワー浴ではできません。

 
湯船に浸かることでいろんな効果が得られます。

1・温かいお湯につかることで、血管が拡張して、血流が良くなります
2・内臓や筋肉にも十分な血液が回り、老廃物排出機能が高まります
3・温熱効果で体温が上がって皮脂腺から皮脂が分泌され、それが汗と混じり皮脂膜を作り皮膚がしっとりします
4・お湯につかると水圧がかかり、血管やリンパを圧迫して、血行を促し、代謝を高める効果があります
5・入浴の温熱効果が高まり、免疫力が上がります
6・脳内ホルモンが分泌されて、血行が良くなります。体がリラックス状態になり、排出効果が高まり血液がきれいになります。
7・疲れが取れてよく眠れる効果もあります。良く寝ることで、卵子が元気になります。

 

一日の疲れは湯船に入ることで、次の日の活力になります。
そして体を温め、血流をよくすること妊活にとっても必要です。
湯船に入る習慣をつけましょう。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


| 1/101PAGES | >>

記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索