ブログほほえみ通信

風疹対策は、妊活でとても大切です。

既にニュースを見た方もいらっしゃると思いますが、夏頃から風疹が再び流行してきています。
ワクチンの数に限りがあるということで、
先に風疹抗体の有無を調べる「風疹抗体検査(無料)」受けることを厚生労働省が案内しています。
 
予防接種歴が不明な方は、一度調べることをおすすめします。
 
地域によっては助成金を受けられると聞きます。
 
詳しくは、以下よりご確認ください。
 
厚生労働省より
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/index.html
 
練馬区の場合(各自、該当地域を調べてください)
https://www.city.nerima.tokyo.jp/hokenfukushi/hoken/yobo/koutaikensa.html
 
NHKより
https://www.nhk.or.jp/d-navi/stopfushin/


風疹が妊婦にも甚大な影響をもたらします。
風疹の流行を受けて、産婦人科を舞台にした人気漫画の「コウノドリ」の風疹エピソードを出版社が緊急無料公開したとのこと。

風疹の恐ろしさや、予防接種の大切さを漫画の中でも伝えられています。
https://comic-days.com/episode/10834108156628614120

こちらもぜひ読んでみてください。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


からだを温める食材をとると自律神経が整います。

毎日の食事は自律神経にも影響してきます。

 

また食品とそれを食べる人の性質は似てくるとも言います。
たとえば、フワフワのパンやケーキ、水分たっぷりのフルーツなどが好きな人は、色白でぽっちゃりとした体形になりやすく、硬い食べ物やゴボウなどの根菜類が好きな人は、引き締まった体型になりやすいようです。
 
わたしたちのからだは毎日食べている食事からできています。
たまに外食することはストレス解消になるので問題ないですが、やはり体に良いものを摂取するためには家での食事を基本にしましょう。
また家でご飯を食べると、食費も多くかかりません。

生野菜のサラダやフルーツはからだを冷やす性質があるので、できる限り根菜類の煮物などを休みの日に多めに作って食べるようにするとからだが温まり、基礎代謝がアップして脂肪の燃焼がうまくすすみ、免疫力もアップし自律神経も整ってきます。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


糖質との付き合い方

夏の疲れが出やすく、季節の変わり目による気温差で疲労感がなかなかぬけないという方が多いようです。
 
「疲労解消に」と、つい甘い物に手が伸びてしまいますよね。
 糖質も体に必要な栄養素ではありますが、今回は糖質摂り過ぎ注意の「糖尿病予防」についてまとめてみました。
 
コンビニや自販機など手軽に甘い物が入手しやすい分、気づかぬうちに糖質の摂り過ぎに..なんてことも少なくないです。
甘い飲み物には、砂糖が多く含まれている上、液体で消化されやすいため、摂取後の血糖値も即効で上がりやすいです。
 
まずは、食事の内容と食事の順番と食べ方が大切になります。
 
(食事の内容)
・野菜やきのこ類、海藻類、未精製の穀物など食物繊維が豊富でよく噛む必要がある素材を多く心がける
・筋肉の元になるたんぱく質を心がける
・和食中心の食事を心がける
 
(食べ方)
・食事は適量で
・ゆっくり時間をかけて
・よく噛み
・ゆっくり味わい、食を楽しむ
 
すると、血糖値の急激な上昇を抑えられ食べ過ぎを防ぐことができます。
 
(食事の順番)
食物繊維豊富な野菜類など → たんぱく質 → 炭水化物(糖質)
 
消化吸収速度が遅いものから摂り、糖質が一番最後にくるような順番が◎
 
ご飯、パン、麺類、いも類、かぼちゃ、あずき、などは炭水化物で糖質が多く含まれています。
 
炭水化物→ブドウ糖+膵臓から分泌されるインスリン→血液中から細胞へブドウ糖が運ばれて→エネルギーが作られる
 
インスリンの分泌不足やインスリンに対する反応が悪い状態だと、ブドウ糖をうまく活用できなくなり、血中に糖質が溜まって血糖値が上がります。
 
食生活、運動不足、ストレス、加齢などが要因で、進行すると血管が傷つきやすくなり、全身への合併症や脳卒中、認知症、がん などを引き起こしやすいです。
 
食事で摂ったエネルギーは、筋肉を使う運動で消費すれば血糖値も安定しやすいので、食後に動くよう心がけると◎
摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスが体重維持コントロールに◎
ウォーキングなど有酸素運動や軽度なスクワットなど筋肉に負荷をかける運動なども◎
 
筋肉量の減少につれブドウ糖の消費量も減少し、血液中のブドウ糖が溜まりやすくなるので、筋肉量を維持することも大切です。
 
NHKの番組でも「血糖値スパイク」の特集が以前にありましたが、食後の血糖値が上がりやすいことをさしており、
若くて痩せている女性でも血糖値の異常上昇はあるとのこと。
生活習慣を振り返ることは誰しも関係します。
 
あともう一息!という時に手が伸びるエナジードリンクや栄養ドリンクも砂糖が多く含まれているため、摂り過ぎに注意が必要です。
 
血糖値が高いと、女性の場合、排卵が起きにくくなったり、生理不順や妊娠糖尿病などにも影響が起きやすいです。
また逆に、血糖値が低過ぎると、脳と筋肉がエネルギー不足を感じ、めまいや頭痛、集中力の低下など引き起こしやすいです。
 
高齢者は筋力低下で転倒や骨折で寝た切りになったり、エネルギー不足で脳の働きが低下し、うつ病や認知症をおこしやすくなったりします。
 
糖質を摂り過ぎても、少な過ぎても体によくないことが分かります。
全てバランスが大切という結論です。
 
無理はしない方がいいので、少しずつ変えていくと良いです。
どうぞ、参考になさってみてください。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


肩こり、首こりも妊娠に影響します。

肩こり、首こりも妊娠に影響します。

 

たかが肩こりや首こり、されど肩こりや首こり。
肩こりや首こりが何故妊娠に影響があるかというと、肩こりや首こりは体の血行が悪くなって起こっているからです。


体のむくみも同様で、血行の悪さが老廃物を体の中に溜め込んでしまっている状態です。

子宮や卵巣も血行が悪いと、栄養や酸素が届きにくくなり、良い卵子が育ちにくくなります。

 

肩こりや首こりが自律神経に影響して、月経周期が40日〜50日と長い方もいました。
また月経周期が短いのと、高齢やストレスで高温期が短くなります。
月経周期は平均して28日から30日くらいになると妊娠しやすくなります。


そういう方の体を診せていただくと、たいてい肩こりや首こりがあります。
体の血行を良くすることが、妊娠に繋がりますので、湯船に入ったり体を動かしたりして血行を良くして妊娠に備えてくださいね。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


逆子治療は鍼灸で治る

逆子は血行が悪いと起こりやすくなります。
そして、逆子は鍼灸治療で治すことができます。


病院で逆子と分かったら、ほほえみ鍼灸院にお越しください。
ほとんどの方が逆子が治り、無事出産されています。

出産日が近すぎると、お腹の赤ちゃんが大きくなっているため回りにくくなります。

治療は温灸のみのやさしい治療で、施術着を着たままするので火傷の心配はまったくありません。


お気軽にご相談くださいね。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


妊娠するために必要な「精子力」

先日、NHKの番組で精子力について分かりやすい内容が放送されていました。

https://www.nhk.or.jp/special/plus/articles/20180809/index.html
ご覧になった方もいらっしゃると思いますが、大事なことなので共有したいと思います。
 
受精して妊娠を成功させる力=「精子力」
 
体外受精や顕微授精を何度挑戦してもなかなか成功しない場合や精子が卵子まで辿りつかない場合など、この精子力が関係している可能性があります。
・動きが悪い
・数が少ない、あるいは無い
・奇形が多い
・そもそもDNAが傷ついている
 
不妊治療に悩むカップルでも、不思議と男性は自分に原因は無いと思いこんでいるケースが多いです。
いつまでも精子さえあれば子どもができると思ってはいませんか。
おそらく1回の射精時の基準精子数が億単位と知識を持っているからではないでしょうか。
実際、億単位でも上記の通り、動きや形が悪かったり、傷ついていたりすれば、その中でいくつ正常な精子が残っているのでしょうか。
健康な人で1億個中4個しか正常な精子がいないそうです。
さらに30代から老化が加わると、場合によってはもっと少ない場合もあります。
顕微授精があるから大丈夫と思っていても、もし肝心のDNAが傷ついていたら、、と考えると男性ももっと現実の自分の精子力を知ることが早い妊娠につながります。
 
メンズ検査は、
 
・男性不妊の専門科
・泌尿器科
・体外受精を扱っている病院(体外受精を行う人対象)
 
で受けることができます。
 
日常生活の過ごし方をチェックすることが大切です。
なぜなら精子は毎日生まれるため、毎回値は変動します。
生活習慣の改善が精子力アップにつながります。
 
たとえば、
 
・運動不足 → 軽めの運動をすると◎
・坐り過ぎ → こまめに立ったり動いたりすると◎
・禁欲しない → タイミングあるいは採取する3〜4日前に1度出しておくと◎
・揚げ物など飽和脂肪酸の摂り過ぎ → 魚介類に含まれるオメガ3脂肪酸、亜鉛、ビタミンCなど◎
・体重管理する → 血流を良くすると◎
・寝る前のスマホやめる、照明をつけたまま寝ない、睡眠不足 → 質の良い睡眠をとると◎(7時間程度)
・長風呂、サウナ、膝の上でパソコン作業、ごろごろ寝そべるのはやめる → こたつや座イスでなく、椅子とテーブルに変えると◎
・ぴっちりした下着をはかない → トランクスなど◎
・喫煙、アルコール、カフェイン過多 → やめると◎
・夜勤がある人 → 遮光カーテンを活用すると◎
・ストレス過多 → 活性酸素を増やさない、リフレッシュが◎
 
サプリメントで栄養補助するのもおすすめです。
こちらは、過去の記事をご参照ください。
http://kodakara.hohoemi-baby.net/?cid=16
 
※ 活性酸素が増えて溜まり過ぎると、精子が攻撃され傷つけられたり死滅する危険があります。
※ テストステロンも夜に分泌されるため、質の良い睡眠と量をとることが減少を抑制します。
 
夫婦であっても、男女の認識のズレは多いものです。
・子どもが何で欲しいのか
・どんな家族を構築したいのか
未来の話をすることがズレを認識でき、一致につながります。
 
また、治療以外の会話も楽しむこともお互いを認識し合う上で大切なので忘れてはいけません。
 
夫婦で何事も話し合い、納得した結論を一致させることが大切です。
 
鍼灸治療をタイミングあるいは採取の前に受けると、精子力がアップします。
ご夫婦で一緒に治療を受けに来られる方もいらっしゃいます。
どうぞ、お気軽にご相談ください。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

  • 2018.09.27 Thursday
  • -
  • 10:14
  • -

元患者様たちからのうれしいお便り

 

ほほえみ鍼灸院で不妊治療をされて、妊娠・出産された方々から、出産報告や近況報告など嬉しいお便りがたくさん届いております。
本当にありがとうございます!
どのお手紙も気持ちのこもった文面が記されており、思わずこちらもニッコリ嬉しくなってしまいます。
 
また、近くにいらした際は、お気軽に顔を見せてくださいね。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

  • 2018.09.21 Friday
  • -
  • 10:13
  • -

現代人の冷え

現代人の体は冷えきっています。

 

今から50年前の日本人の平均体温は36.8度くらいありました。
けれども現代では36.0度前後、また35度台の人も見かけるようになりました。

体温が1度下がると免疫力が30%低下するといわれます。
さらにがん細胞は35.0度でもっとも増殖するといわれます。
 
ほほえみ鍼灸院に治療に来られる患者さんの中にはがん患者さんだった方も多く診ていて、ほとんどの方が36.0度以下です。
どうしてこんなに現代人の体は冷えてしまったのでしょうか。
生活の乱れや、生活習慣の乱れが原因にあるように思われます。
 
他にも筋力の低下で体温が下がったり、多忙な仕事でストレスが溜まり体温低下になったりする場合もあります。

血液の循環が悪く、浮腫みが出たり、食べすぎや冷たいもののとりすぎでも体温低下の大きな要因になります。
 
体温を上げることが健康な体につながりますので、食生活や生活習慣の見直しをして健康な体を取り戻しましょう。

そうすることによって、妊娠できる体となっていきます。

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


ほほえみ鍼灸院の営業日

ほほえみ鍼灸院では、水曜日、木曜日は休診しておりますが
祭日は診療しております。

 

ご予約はお電話でお待ちしています。

03-6318-5648

妊活に必要なのはリラックス

妊活を始めると、どうしても周りが気になったり、人と比べたりしがちになります。
 
ですが、人と比べることは焦りやストレスにつながります。
 
妊娠はコントロールできるものではありません。
そして妊娠しやすい状況は、絶対的に「心身がリラックス」している時です。
 
真面目な方や一生懸命努力している人ほど、焦りやストレス過多な状態に陥りやすく、見ていて私どもも心苦しく感じます。
 
鍼灸師として治療に携わっていて、常々思っていることがあります。
体は全身どれも必要不可欠で、密接に連携し合っていて、人間の体が作り上げられているということ、そしてその現実に只々感服してしまいます。

まだ解明されていないことも沢山あるし、原因不明の病気もいくつもあります。
人の体はまだまだ未知なる小宇宙なわけです。
 
だから、学歴や仕事のキャリアや恋愛や結婚など、頑張れば何とか思いどおり手に入れてこれたことも、体の健康やホルモンバランスや妊娠、出産に関しては、思い通りにコントロールできるものではないのです。
 
「自分の体の8〜9割は思い通りにいかないくらい」に思っている方が、心身のリラックスにつながりストレスから解放されるのではないでしょうか。
 
脳が疲れていると、脳からの指令が出にくい状況になっています。
すると女性ホルモンの分泌にも影響してきて、妊活にも悪い影響を及ぼします。
そういった方には、当院のヘッドマッサージをお受けになることをおすすめします。

http://kodakara.hohoemi-baby.net/?eid=841
 
自分に優しく、自分の体と心が喜ぶ嬉しいことだけにフォーカスすると、きっと望みが実現すると信じています。

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


| 1/88PAGES | >>

記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索