ブログほほえみ通信

ひどい倦怠感がずっと取れなかった30代後半の方が、鍼灸治療で元気に

ずっと体の倦怠感が取れず、子どもは授かったものの自分では育てる体力がなかったため、旦那様のお母様に育児のほとんどをお願いしないといけないほどつらい症状の患者様がほほえみ鍼灸院に一般鍼灸治療にお越しになられました。

すぐに疲れるのでそういう時は横になって体を休め、ほぼ寝たり起きたりの生活をしておられたそうです。
けれども、病院でもありとあらゆる検査をしても原因が分からなかったと言われていました。

 

体を診てみると、体温も低く平常温が36度くらいで、低い時には35度台の時もありました。
体全体がむくみ、顔色も青白い色をされていて鉄不足もみられました。
風邪も1度ひくと半年くらい風邪気味で微熱が続き、体のだるさがものすごくあったそうです。

ほほえみ鍼灸院の温灸は特にむくみを取ることが出来ます。
むくみとは何らかの原因で血液とリンパ液の流れが悪くなり、体内の余分な水分や老廃物が適切に排出されず、皮膚の下に溜まった状態を指します。
このむくみが体に溜まると、だるさや息切れ、動悸などを伴うこともあります。

 


ほほえみ鍼灸院の治療では、まず滞った悪い筋肉を見つけ、鍼を打ちパルスをかけて筋肉の緊張を取り除きます。
その後、温灸を患部に当てて血液の流れを活発にすることで、鍼とパルスで緩めた筋肉の状態を長く継続させていくことで血液の流れが良くなり、元気を取り戻すことが出来るのです。

 

診療を終えた患者様のほとんどの方がトイレにいきます。
これは体の中に溜まった老廃物や水分が体から出ていくためです。

 

人によれば1回の治療で、体重が減り身長が4センチほど伸びることもあります。
余分な水分や老廃物を外に出すことで、体温が上がり免疫力もアップさせることが出来るので、風邪をひきにくくなったりだるさやむくみなどなくなり健康になることができます。

 

この30代後半の女性は、鍼灸治療で体の調子もよくなり、今では子育てもしながら、仕事もしています。
子どものころから体が弱いと思っている方、仕事をするようになってから体調がすぐれないと感じている方は、是非ほほえみ鍼灸院の鍼灸治療をお試しください。

 

ほほえみ鍼灸院

https://hohoemi-moxa.com/

血流改善 子宝 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


免疫力と病気の関係

「免疫力がある」などと言いますが、改めて「免疫」とは何でしょうか。
はっきり答えられる人は少ないと思います。

なんとなく病気から体を守ってくれるもの?くらいでしょうか。
免疫とはわたしたちの体が生まれつきもっている、病気に抵抗する力のことを言います。
 
体の機能を維持しょうとする防衛システム、自然治癒力です。
体の防衛システム「免疫」のなかでもっとも大事な役割をしているのが白血球です。
体を病原体から守ってくれる軍隊のようなものです。
 
ストレスが長くかかると免疫力は下がります。
当然風邪をひきやすくなったり、頭痛、腰痛神経痛、便秘、下痢、むくみ、ひどくなるとうつ病などが起こりやすくなります。
免疫力を上げるには、下半身を鍛えることです。
 
人間の筋肉は70パーセントが下半身についています。
筋肉を使わないとどうなるのか。
人間の体温を生む働きの40パーセントを筋肉が担っています。
その筋肉を使わないと、体温が下がり免疫力もダウンしてしまうのです。

1日に30分歩くことで免疫力はアップさせることができます。
また歩き方もできれば工夫してみましょう。
5分早歩きをして、次の5分間は普段通りの速さに戻すことを繰り返すと体の細胞内の「ミトコンドリア」が増やすことができ
この「ミトコンドリア」が増えると細胞が若返り人を健康へと導くのです。
 
「体力がなくなった」「疲れが取れにくくなった」「無理が利かなくなった」と感じている方は歩き方を変えてみましょう。
それでも体調が戻らない方は、根本から治す鍼灸治療をすることで健康な体を取り戻すことができます。

ほほえみ鍼灸院のヘッドマッサージは、温心地良い温灸と丁寧なマッサージでリンパの流れを良くし、頭痛や肩こりなどを改善できます。
温灸を使った私たちの治療の良さを感じていただけるかと思います。

温灸ヘッドマッサージ
https://hohoemi-moxa.com/menu/head/index.html


 

血流改善 子宝 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


喘息の発作で何度も入院していた中学生が、鍼灸治療で全快しました

 

院長の長谷部義文です。

幼い頃から喘息を患い、中学生になってから2〜3度発作のため救急車で病院に運ばれては入院を繰り返していた男の子がいました。

3回目の入院中に、かつてほほえみ鍼灸院の治療で喘息が治った方に「行ってみたらいいよ」と紹介されて、お越しになられました。
両親も藁をもつかむ思いだったそうです。


入院中は、動ける時に病院からタクシーで治療に来てくれました。

こういう症状の方には体には直接熱を入れて、胸の筋肉を緩めなければ発作は収まりません。
背中にも悪い部分があり、全体的に血行を良くしていき、体温を上げて免疫力をアップしていきました。
何度か治療を施すことで、発作はなくなり元気を取り戻すことが出来ました。

この方から喘息の子どもさんを多くご紹介いただき、たくさんの喘息でお悩みの方を治療させていただきました。
そして、多くの方が喘息の発作が治り元気になられています。

鍼灸治療も先生によってやり方はさまざまです。

 


ほほえみ鍼灸院の治療は鍼で深部の筋肉をほぐすことで骨格、骨盤の歪みを正しくし、
独自の温灸で全身100か所以上のツボに熱を深部まで浸透させることが出来るので その効果がその場で実感出来ます。

 

私が鍼灸師になったのは、妻の病気がきっかけでした。
妻は何年も膠原病で苦しんでいました。
膠原病というのは特定疾患で、認定されると医療費は全くかからず差額のベット代と食費以外は負担がかからない難病です。
原因も分からず、治療法も副腎質ホルモンを投与し、痛みが出ると痛み止め、高い熱が出ると解熱剤を入れるといった対処法しかありませんでした。
そして、急性腎不全をおこし、命の危機にさらされました。

 

「これは西洋医学では治らない」と実感し、北海道の師匠にあたる先生のところに鍼灸治療を行いました。
半年鍼灸治療に専念することで、妻の膠原病は全快し、すっかり元気になりました。
60歳を超えた今でも、一緒に元気に働いています。

 

その後サラリーマンを辞め、鍼灸の学校に通い、そこから20年間師匠のところで学び現在に至ります。

私は妻の病気が何年も治っていなかったら、鍼灸師を目指すこともなかったと思います。
そして、私たちが行っている温灸治療は、様々な症状でお悩みの方の体をよくすることができるます。
多くの方を病気の苦しみから救ってあげたく鍼灸治療をしています。

西洋医学的アプローチで改善できないつらい喘息でお悩みの方も、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

 

ほほえみ鍼灸院の治療法について詳しくはこちらで

 

血流改善 子宝 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

  • 2019.02.15 Friday
  • -
  • 10:47
  • -

ひどい頭痛が温灸治療で改善

ひどい頭痛でロキソニンを1ヵ月に3箱飲んでいた方が、ほほえみ鍼灸院に治療にいらっしゃいました。
この方は秋田県生まれ、特に東京に来てからひどい頭痛に悩まされていました。
秋田にいた頃も生理痛と頭痛もあり若いころから鎮痛剤を服用していたため、治療に来られた当初では1ヵ月に3箱飲んでやっと痛みが止まるようでした。


体を診せていただくと、肩こりもひどく体も冷え切っていました。
ロキソニンのような鎮痛剤は体温を下げる作用があるので、
このまま飲み続けると、体が壊れてしまいます。
なので、ほほえみ鍼灸院の温灸ヘッドマッサージで治療をすることで、
薬に頼らない体を作っていきました。

頭痛の原因はさまざまですが、「冷え」と「ストレス」「首」に悪い部分があって頭に血液がまわりにくくなって起こっていることが多いです。

こういった頭痛はほほえみ鍼灸院の「ヘッドマッサージ」で改善することができます。
ほほえみ鍼灸院の「ヘッドマッサージ」は、顔、頭、肩、首、背中まで上半身をくまなく温灸治療を施していきます。
これによって上半身の血流が良くなり、頭部にもしっかり血液が循環するようになります


2回ほどのヘッドマッサージで、ひどい頭痛は改善され、
かつてのように鎮痛剤を飲まなくてもよくなりました。

鎮痛剤が離せないほどの頭痛を抱えておられるかたは、
ほほえみ鍼灸院が行っている鍼灸師のヘッドマッサージを1度受けてみて下さい。

温灸で血流を改善することで、肩こりや首こりも随分と改善されますよ。

詳しくは以下のページをご覧ください。

 

温灸ヘッドマッサージ

温心地良い温灸と丁寧なマッサージで
リンパの流れを良くし、頭痛を改善します。

 

血流改善 子宝 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


体が辛くて仕事ができなくなった方が鍼灸治療で元気になられました

「体のだるさ」は鍼灸治療で改善できます。

20代、30代と頑張って仕事をやってきたけれども、40歳を目前にした頃から体がだるくて疲れやすくなってしまい、それが原因で仕事を辞めてしまった方がほほえみ鍼灸院に治療に来られました。

体を診てみると、浮腫みがあり、寝ても疲れが取れないとのこと。
1度風邪をひいたら何か月も治らず、それでも仕事をやめるわけにはいかないため、
鎮痛剤や栄養ドリンクを飲んで、仕事を続けていたそうです。
そんなことを続けているうちに、朝も起きれず体調不良が続き仕事をやめてしまったとのこと。

 

「生きてるけれど体が辛くてやっと生きているという感じです」とおっしゃる患者様もいらっしゃいます。
そういう方々は体全体が浮腫み、肩こり、腰痛、頭痛があります。

色んなことを試してみたけれど元気になったことがない。
病院の検査もいっぱいしたけれど異常がないと言われ、
原因もみつからず、誰にも相談できず、
「どうしたら元気にまた働けるのでしょうか」と、
悲痛な面持ちで相談に来られる方もこれまでたくさん診てきました。

 

これまで他の鍼灸院で治療を受けてきた患者さんほど、
ほほえみ鍼灸院の温灸治療の違いをよくわかってくださいます。

 

まず、治療時間中はつきっきりで施術を行います。
置き鍼をしたまま、その間は何もしないということがありません。
温灸、鍼、パルス、マッサージなど、さまざまな手技を用いて治療していきます。

 

また、お灸というと直接肌の上にするものや、シールで貼るものをイメージされる方が多いですが、当院のお灸は全然違う独自の治療方法です。
一般的なお灸は数が少なく5か所から多くても10か所ぐらいで皮膚の上だけ熱いもので熱が浸透しないため効果が出るのに期間がかかると言われています。
当院独特の温灸は「棒灸」を使って、治療技の上から熱を入れていきます。
ですので、顔から足までどこでも温灸を施すことができます。
また1点への熱の浸透力も強いため、しっかり悪い部分のツボ、筋肉の中まで熱を入れて滞りを解消することができます。
そして、この温灸法は治療着の上からできるので、跡もまったく残りません。

 

こうして、血液、リンパの流れの悪くなった毛細血管を拡張させ、循環障害を回復させることで、体の不調が改善するのです。

 

何をやっても体調が良くならなかった方には、ぜひこの独自の鍼灸治療をお試しいただきたいのです。
心身ともに健やかに日々を送っていただけるよう、30年の治療実績を持つ院長がしっかり治療いたします。

体が辛くて仕事をやめようかと切羽詰まるほど悩んでいる方は、ぜひ1度お試しください。
1度目の治療後に、体がすっきりしているのを感じていただけるかと思います。

 

血流改善 子宝 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


胃の不調の原因

胃がもたれる、胃が痛い、少ししか食べれない、口が乾きやすい…など、胃の不調がある場合、胃の働きが悪くなって胃から栄養が吸収されにくい状態になっています。
 日頃から栄養の良い食生活を心掛けていても、栄養が吸収されていないため、鉄不足や栄養不足、タンパク質不足といった体になっています。
 
胃が不調になる原因で多いのが、「早食い」と「よく噛んでいない」です。
 
よく噛むことで唾液がたくさん出るため、消化吸収を促し栄養を吸収しやすくします。
とくに妊娠中は胃の状態を良くすると、栄養が赤ちゃんに届きやすくなります。赤ちゃんの成長を促します。
 
唾液が多ければ虫歯予防にもつながります。
半年ごとに歯医者に通っているのに、虫歯になったという方がいらっしゃいましたが、その方もよく噛めていないため胃の不調がありました。
 
ストレスも胃の不調の原因に関係します。
よく噛むことは脳神経を刺激するため、脳の働きを活発にさせホルモンが分泌しやすくなります。
脳内の神経伝達物質が十分に分泌されることで、自律神経を整える効果もあります。
食生活からどれだけ必須アミノ酸(タンパク質)が摂取できるかで、睡眠の質も変わります。
幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」がたくさん分泌されると、夜に睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌も促されます。
リラックスしてゆっくり食事することが自律神経の乱れを予防し、腸内環境を整えることにもつながります。

ほほえみ鍼灸院の「温灸ヘッドマッサージ」もストレス軽減におすすめです。

https://hohoemi-moxa.com/menu/head/index.html
 
良く噛めば満腹中枢が刺激されるので、食べ過ぎや肥満を防ぐこともできます。
早食い予防になります。
 
麺類はすするもの、噛まずに飲み込むと思いこんでいた方がいらっしゃいました。
麺類でも飲み込む前には、口の中でよく噛んで小さくして飲み込むことが大切です。
丸飲みをすれば胃に負担が大きく、胃の不調につながります。
 
胃が不調と分かっているのであれば、脂肪の多い物は控え、豆腐や雑炊や卵スープなど消化の良い物で軽い食事をとると胃にも優しいです。
同じ麺類でも脂肪の少なめのものを選ぶなど工夫をすると◎
 
何か不調があるたびに、「各科のお医者さんに通って薬を処方してもらう」というのもお気持ちは分かりますが、
根本的な解決にならないため、なかなか薬から脱出することができなくなります。
 
ゆっくり、よく噛んで、良い睡眠と朝食をしっかりとれるようにしましょう。

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


こんなところにインコが!

仕事の前に買い物を済ませて、さあ仕事に行こうとバイクの所まで歩いていたら、

ふと見上げた木におかめインコが止まっていました。
あまりに可愛かったので、バイクのエンジンをかけずに静かに近寄って、写真を撮りました。
朝からかわいいインコが見られて幸せを感じましたが、何処からか逃げて来たのか心配でもあります。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


どうして妊活で鍼灸治療なのか?

「妊活で何で鍼灸院に通った方がいいの?」
通っている患者さんが妊活当初に疑問に思ったそうです。
現在は、もちろん理解しているとおっしゃっていましたが、
同じように疑問に持たれている方がいらっしゃるかもと思い、妊活に鍼灸が効果的であるお話させていただければと思います。
 
妊娠を妨げる要因の代表的なものは、「冷え」です。


妊娠できない方の子宮は冷えています。
受精卵の成長には37度の子宮の温度が必要です。
下半身が冷えている方は基礎体温を測る上半身はのぼせているので体温は高いようでも、子宮は冷えています。

「冷え」によって、血流が悪くなります。
血流が悪いと卵子に栄養が充分に届きませんその為妊娠できる強い卵子が育ちません、
すると、臓器の機能が低下したり、ホルモンバランスが乱れたり、自律神経が乱れたり、凝りで姿勢が歪んだり、睡眠の質が低下したり、など様々な症状が現れます。
 
妊娠しやすい体は、血流が良く体が温かい状態であることです。
とくに下半身が温かいことが大事です。

これは、赤ちゃんの視点で考えると分かりやすいかと思います。
赤ちゃんがお腹の中で過ごすのは子宮です。
なので、赤ちゃんのベッドは子宮内膜になります。
子宮内膜が厚い方がベッドがふかふかな状態で赤ちゃんにとって居心地が良いです。
また子宮が温かいと赤ちゃんは寒い思いをせず、ぬくぬくと気持ちよく過ごせます。
そして、赤ちゃんの食事はお母さんの血液です。
血流が良いと栄養が豊富で赤ちゃんはすくすく成長しやすいです。
 
鍼灸は、体の詰まっているところ、滞っているところを鍼やお灸を使って流れを良くし、血行を促進させます。
全身の血の巡りが良くなれば、現れていた不調な症状も改善しやすいです。

臓器が温かく柔らかくなれば、便秘が改善したり、消化機能の働きが良くなれば栄養を吸収しやすくなります。

頭まで血流が良くなれば、脳からのホルモン分泌の指令が出やすく、ホルモンバランスや自律神経が整いやすいです。
のぼせ冷えや多汗などの改善につながります。

凝りがほぐれれば、引っ張っていた筋肉が緩み、正しい姿勢に戻って全身の血液循環が良くなります。
睡眠の質が上がれば、ホルモン分泌が活発になり、元気な卵子を育てやすくなります。
 
ほほえみ鍼灸院は、つきっきり治療なので、施術中に話をする時間がたくさんあります。
疑問・質問・悩みなどにお力になれることもありますし、ライフスタイルは個々人違いますので、生活習慣の中でどこを気を付ければいいのかお伝えすることも出来ます。
実際、患者さんから妊活について何もわからなかったので、手順がわかって助かりましたという声もたくさんいただきます。
 
体質改善には、およそ3か月ほどかかります。
だから、取り組んでいる成果が現れるのにもそれ位の時間が必要になります。

また、「卵子の質」を変えたい場合は、体質改善出来てから3ヵ月ほど時間が必要になります。
妊娠を急ぐ前に、出産まで続く強く元気な卵子に育てる方がかえって早い妊娠に繋がります母子ともに妊娠中や出産後も安心して過ごすことができます。
 
体質改善には、血流を良くすることがとても大事です。
鍼灸は、細胞レベルから変える上でとても効果があります。
まだ鍼灸が怖いというイメージを持たれている方もいらっしゃるかもしれませんが、まずはご不明な点などありましたら、どうぞお気軽にご連絡くださいね。
鍼が苦手な方は、お灸のみで治療させていただくことも出来ますよ。
 
皆さまの1日も早い幸せを願って。
 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


メニエール病は鍼灸治療で治ります

不妊治療中の患者さんが、仕事が忙しくてメニエール病を起こしました。

 

過労、ストレスがめまいや耳鳴りを起こします。
立ちくらみのような軽いめまいから、天井が回って見えてしまい立って歩けないほどのめまいや、耳鳴りが同時に起こって歩行困難になる人も少なくありません。

 

耳の中の奥にある三半規管は、体の平衡感覚を保つ機能があります。
血液や体液の循環が悪くなるとこの三半規管に悪い影響を及ばします。


めまいや耳鳴りの症状はメニエール病や中耳炎、顔面麻痺、うつ病が考えられます。
過労、ストレス、睡眠不足が続くとこういっためまいが起こりやすくなり、
精神的に気になることがあると症状がおさまらないこともあります。

 

けれども鍼灸治療で血流の滞りを改善することによって完治します。
何度も治療を繰り返さなくてもよくなるので、安心なさってくださいね。

 

妊娠中でも鍼灸治療は受けられますのでお試しくださいね。

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

  • 2019.02.01 Friday
  • -
  • 10:43
  • -

寒い季節、体調管理は万全に。

この時季は、インフルエンザや風邪の注意喚起がニュースで流れていますね。
また急性胃腸炎にもなりやすいです。
 
以前ほほえみ鍼灸院に不妊治療に来られていた患者さんで、正月に風邪を引き、その後に急性胃腸炎にかかった方がいらっしゃいました。
他にも移植に向けて体づくりをしてきて、いざ移植周期!という大事な時に、直前で風邪をもらってしまって、移植後に咳をしながら過ごした方もいらっしゃいました。
 
体調を崩すと、排卵が飛んだり、高温期に体温が上がらなかったり、低温期に体温が高かったり、生理周期が短かくなったり長くなったり、症状が表れやすいです。
今周期は何かいつもと違うかも?と思った時は、そういった後遺症もあるかもしれません。
 
手洗い、うがい、マスクの着用、水分補給、換気、十分な休息など、予防してくださいね。
 
咳をすると呼吸器周辺の筋肉が硬くなり、呼吸が浅くなりやすいです。
ほほえみ鍼灸院の温灸治療は、筋肉の中まで熱を浸透させて緩ませる効果があります。
 
長年の喘息で吸引器が手放せなかった患者さんが、治療を受けてから吸引器を使わなくなった!とおっしゃっていました。
 
深い呼吸が出来ると、心身のリラックスにつながりやすいです。
筋肉が緩めば、全身の血流も良くなります。
 
いよいよ1年で一番寒い時期がやってきましたが、負けじと予防と十分な休息でリラックスを一緒に気をつけましょう!
 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

  • 2019.01.30 Wednesday
  • -
  • 10:17
  • -

| 1/93PAGES | >>

記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索