ブログほほえみ通信

うれしい来客

以前ほほえみ鍼灸院に不妊鍼灸治療に来られていた患者さんが赤ちゃんを連れて遊びに来てくれました。
旦那様がオランダの方で、奥さんと旦那様は年の差がありました。
体外受精でしばらく時間はかかりましたがかわいい赤ちゃんが授かりました。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

  • 2017.12.13 Wednesday
  • -
  • 10:18
  • -

冬桜

目白通りの冬桜が咲いていました。

花は小さいけれど力強さを感じます。

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


一人目は体外受精で妊娠、二人目は自然妊娠しました

 二人目を妊娠してつわりがきつくて、鍼灸治療にお越しくださった患者様のお話です。

この方は30代後半の方ですが、一人目は体外受精で授かりました。


一人目は2年以上不妊で、なかなか授かることができませんでした。

けれども鍼灸治療を続け、からだを温めることやたんぱく質多めの食事をとって、冷たいものを控える習慣が身につき、その後もずっと継続をしていたら、なんと二人目のお子さんを自然妊娠されたそうです。

まだ上のお子さんは1歳2ヶ月で断乳して無いにもかかわらず。

 

からだを温めることやたんぱく質多めの食事をとって、冷たいものを控えていたら、自然に授かることもあるのです。

正しく《温める》ことが大事です。


これまでブログでさまざまなことをご紹介してきましたので、ぜひ最初から読んでみてください。
具体的な方法を書いています。
とにかく、長く続けることが大切です。

 

不妊症と冷えとり

食事で妊娠しやすい体づくり

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


こんなところに!

仕事から帰ってワンコをみたら、なんと足のマッサージ器にはまっていました。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


妊娠において少なくない精神的影響

排卵は精神的な影響を受けやすいため、妊娠することにあまり意識をしすぎるとかえってよくないこともあるようです。

一方で、意識するのをやめたことで気持ちがリラックスし、子宝を授かったというような話もよく聞きます。

 

かつてほほえみ鍼灸院に治療に来ていた患者様の話です。
彼女はありとあらゆる治療を受けたにも関わらず妊娠できず一旦病院での治療をあきらめ、鍼灸治療だけを継続していました。
そして、子どものことは忘れて暮らしていたところ、体調がわるくなって「何か病気かも?」と病院に行ったら妊娠しいました。
リラックスした気持ちでいたことが、良かったのだと思います。

 

基礎体温の値に一喜一憂し、焦りの気持ちでかえってマイナスになることもあります。
基礎体温を付けるのはいいことだけれども、起きる時間やその日の気温にも左右されますので、2層に分かれていたらいいくらいに思ってください。
焦りは禁物ですよ。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

  • 2017.12.04 Monday
  • -
  • 09:40
  • -

妊娠前の貧血を治すには

毎月生理になると男性に比べ、女性は貧血気味になることがあります。
女性に多い貧血は赤血球の成分の「鉄」が不足するために起こる鉄欠乏貧血です。

 
食事で十分に鉄分を摂取できなかったり、子宮筋腫などのために月経量が増加している場合がよくみられます。
妊娠すると、日頃貧血ではなかった方も貧血になることがあります。
 
食生活に偏りがないのか、普段から月経量が異常に多くないのか、チェックするとともに、妊娠前にきちんと治療をしておくことが大切です。
鉄剤でもヘム鉄は、鉄剤に比べて吸収率が高いのでおすすめします。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


紅葉が見頃です

ほほえみ鍼灸院の近くにある、練馬文化センターの紅葉が真っ盛りです。

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


必死は何事においてもダメですよ

体外受精の病院に初めて通う時、
「今度こそは!」と病院に行かれる時のの気持ちは分からないではありませんが
妊活において「必死」になるのはあまりよくありません。
 
患者さんには「できれば楽な気持ちで行ってくださいね」とお伝えしていますが、これには根拠があります。
視床下部というところでホルモンを調整したり、自律神経を調節しています。
必死な気持ちで心が興奮状態だとホルモン値が悪くなるのです。
 
ですから患者さんには、「赤ちゃんは来るべき時にはちゃんと来てくれますから」と言っています。
難しいことかもしれないが、あんまり頑張りすぎないようにしましょう。
来るべき時にはちゃんと来てくれますから。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
  • 2017.11.29 Wednesday
  • -
  • 09:53
  • -

妊活には「鉄」は不可欠!

卵子を元気にするには「鉄」が必要不可欠です。


鉄分によって血液がつくられますが、鉄分を成分とするヘモグロビンは全身に酸素を運ぶ働きもあります。
全身に酸素が運ばれると、体内に取り込んだ栄養を熱を発生させてエネルギーに変えます。
その際に酸素がきちんと満たされていると完全燃焼させてくれます。
すると免疫力や新陳代謝を上げてくれます。

つまり、鉄分が卵子に栄養がきちんと行き届いたり、新陳代謝を促して卵子の質を上げたりしてくれます。
代謝が上がることによって血流促進にもなり、子宮内膜を厚くふかふかにさせることにも繋がります。
 
女性は毎月の月経で一定量の鉄分を消耗します。
また手術などによる鉄分消耗もあるでしょう。
シミ・シワ・ニキビ・アザができやすい、めまいを起こしやすい、皮膚の治癒力が遅い、手足が冷えやすい、体がだるいなども鉄分不足の兆候のひとつです。
 
鉄分の吸収を高めるには、ビタミンCや動物性たんぱく質を一緒に摂るとよいです。
また、葉酸やビタミンB12があると血液の産生を高めてくれます。
 
ほほえみ鍼灸院では鉄分を摂取する方法として、レバーを特におすすめしています。
レバーには鉄分、葉酸、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンB1、B2、B12など妊活には持って来いの栄養の宝庫だからです。
植物性に比べて吸収率が5〜10倍と高いのも優れどころです。
たとえばレバーは焼き鳥の串レバーを多めに買って、1日1本あるいは2〜3粒でも良いので毎日少量ずつ継続して摂取することが大事です。
料理のメニューの一品としてではなく、お薬やサプリメントのように自分とこれからの赤ちゃんのために摂取してください。
 
妊活の取り組みは万全で良いことしかやっていないのに結果につながらない、という方がたまにいらっしゃいます。
けれども施術中に細かくお話を伺ってみると、「レバーが苦手で食べていない」「週に数回しか食べていない」「レバーを買える時だけ食べている」など共通点がありました。
 
卵子の発育がいまいちという方は、ぜひ食べ物・栄養バランスを見直すのも何かヒントがみつかるかもしれません。
 
また、鉄は胃酸が分泌されると吸収されやすくなりますので、胃腸の状態も良くしておくと良いでしょう。
胃腸が弱くて朝食を抜いているという場合も鉄分不足につながっている可能性があります。
梅干や酢などの酸っぱいものを食べたり、よく噛んで食べたりすることで胃酸の分泌を促すと鉄分の吸収率を高めることにつながるかもしれません。
 
発汗によっても鉄分は失われます。
過激な運動や無理なダイエット、汗をよくかく場合も鉄分を意識して摂取しましょう。
 
鉄分を補って、脳にも酸素が行き届けば、女性ホルモンにも良い影響を与えてくれます。
 
レバー以外の鉄分を含む食材は、赤身肉(牛・豚もも肉)、赤身魚(カツオ、マグロ)、魚介類(牡蠣、アサリ、しじみ)、煮干しなどがあります。
 
バランス良い食生活で元気な卵子を育てましょう。

 

JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


妊娠前に必要な検査

体外受精の病院に行くと、治療を始める前には血液検査でホルモン検査や風疹の抗体があるのか、また性病クラミジアなどの検査をします。

 

自然妊娠の場合でも、風疹の抗体があるかどうか調べたり、性病の検査も大切な検査になります。

 

妊娠中にクラミジアなどの性病がみつかった場合、女性は頸管炎を起こし流産や早産の原因になったり、子宮や卵管に炎症が及んで子宮付属器炎や腹膜炎をおこし、強い発熱や腹痛をおこすこともあります。

 

またご主人も尿道炎をおこしますますので、妊娠を考えるなら早めに病院を受診して検査を受けてみましょう。

 

風疹の抗体がなくて妊娠初期から5ヶ月くらいまでに風疹にかかってしまうと、先天性風疹症候群といって赤ちゃんの目や耳心臓などに障害がでることが知られています。

抗体があるかどうか確認してない場合はあらかじめ予防接種を受けましょう。

予防接種を受けた場合は、3ヶ月はワクチンの影響が残っているので、妊娠は控えましょう。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

  • 2017.11.21 Tuesday
  • -
  • 09:23
  • -

| 1/77PAGES | >>

記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索