ブログほほえみ通信

夜中の目覚めを防ぐには

先日、「高温期に体温がなかなかあがらない」という相談に対して、
睡眠の質の中でも「寝つきが悪い」「眠りが浅い」ということについてお伝えしました。

 

睡眠不足を解消することは妊活で大切です
http://kodakara.hohoemi-baby.net/?eid=652

 

高温期の体温が上がらないのは?
http://kodakara.hohoemi-baby.net/?eid=649

 

妊活で良質な睡眠のためにできること
http://kodakara.hohoemi-baby.net/?eid=653

 
今回は、睡眠の質の中でも「夜中に目が覚める」についてご紹介します。

 

夜中に目が覚めるのは、温かいを通り越して暑い状態か寝酒してる場合が考えられます。
先日、電気毛布をつけたまま寝ている方がいらっしゃいましたが、それと同様の場合も寝る直前まで温めて、寝るときは電源を切るようにしましょう。


室温や体温が寝る時に高いと、汗をかいて体温を下げる習性があります。

すると汗冷えを起こしたり、夜中に目が覚めたりします。

季節やホルモン期に応じた工夫が出来ると睡眠の質を良くすることに繋がります。


たとえば、室温を夏は28度前後、冬は20度前後に設定するとか、冬は厚手の寝巻にしたり、低温期に頭が熱くならない工夫や高温期に吸収速乾性の良い(シルクなど)ゆるっとした腹巻きやステテコやレッグウォーマーや靴下を着用して保温性を高めることをおすすめします。


締め付け感のあるきついものは血流阻害になります。


寝ていて汗をかかない、もしくは寒さで目が覚めない寝具を選ぶことも大切です。

敷布団が適度に柔らかい、掛け布団が軽くて保温性に優れている、枕の高さが自分に合っている、定期的に洗ったり干したりして湿度がこもらないようにするなど気をつけてみましょう。

 

朝起きて腰が痛いという方もたまにいらっしゃいますが、それはマットレスの真ん中がくぼんでいる場合が多いです。
定期的に動かして変形や偏りを防止したり、乾燥させたり、直らない場合は買い換えるのも必要です。
腰痛も不妊の要因のひとつですが、治ると妊活も良い方向へ運びます。
 
最後に、体温計が正確に測定されていない場合もあります。
冬は寒いため、夏に比べて0.1〜0.2度下がりやすいです。
最近では、予測式に30秒など短い時間で測定するタイプの体温計がありますが、冬の夜中の冷気中にある体温計を短い時間では正しく測定できません。
同じ時間に寝て、同じ時間に起き、実測式に5分ほどかけて測定する水銀計の方が正確なデータがとれます。

 

先日も、温活にがっつり取り組んでいて、腹尻足を触っても温かいのに、基礎体温が低温期35.9度前後、高温期で36.1度前後の患者さんがいらっしゃいました。
基礎体温が不安定で返ってストレスになるから測るのを止めるのもひとつですが、測って気になることを記録しておくと薬の影響なのか睡眠なのか仕事なのか体調なのか、体温計が原因なのか、問題に向き合うことが治療のヒントを見つけるきっかけにもなります。
これは基礎体温をコントロールする上でも参考になります。

 

そうしていく中で、2層に分かれた基礎体温に変わり安定してくれれば余計なストレスを感じることなく、ゆったりと過ごすことが出来ます。
 
ぜひ、参考になさってみてください。

 

JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


富士山が見えました

自宅の三階から富士山が見えます。

冬の寒く晴れ日は特に綺麗に見えたので、写真に撮りました。

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

  • 2017.02.27 Monday
  • -
  • 09:44
  • -

不思議と明るい患者さんは妊娠します

ほほえみ鍼灸院には20代から40代まで、さまざまな年代の患者さんが来られています。

いろんな方をみていて思うのですが、
明るくめげない患者さんは、妊娠されお子さんが授かっていることが多いのです。

これは落ち込んであまりくよくよしないということでもあり、
人から何と言われようとあまり気にしないようにしていて、自分を持っている感じがします。

 
体外受精をしていて妊娠するまで何度もかかる人もいます。
卵子はその時によっていい卵子もあれば、悪い卵子が採卵されることもありますから

1度目や2度めで妊娠する方は本当にラッキーな方だと思います。
 
10回以上採卵という方もいます。
そういう状況の中でも、他人に振り回されることなく淡々と体つくりをし、

前向きに頑張っている方には、赤ちゃん来るのです。

 

反対に「落ち込みやすい人」はなかなか結果に結びつかないことが多いです。

何故落ち込みやすい方が難しいかというと、
脳の視床下部が自律神経系、内分泌系、女性ホルモンの分泌を調整しているからです。
ストレスを受けるとホルモンバランスが乱れ他の機能にも影響が生じてしまうのです。


上手にストレスを解消しましょうね。

 

JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


妊活で良質な睡眠のためにできること

先日、「高温期に体温がなかなかあがらない」という相談に対して、
睡眠量が体温とどう関係しているのかについて2記事に分けてお伝えしました。

http://kodakara.hohoemi-baby.net/?eid=649

http://kodakara.hohoemi-baby.net/?eid=652
 
今回は、睡眠の質の中でも「寝つきが悪い」「眠りが浅い」ことについてご紹介します。

 

寝つきが悪いのは、寝る前に明るい光(テレビ、ゲーム機、携帯、ライトなど)を浴びていたり、夕食や入浴が寝る直前になってしまうなどが原因として多いです。
交感神経が興奮している状態で、脳内が活動的な状態になっているからです。
寝る1時間前までには部屋の灯りを少し落とし、食事や入浴も済ませておくと、基礎体温を安定させることに繋がります。

 

先日、こんな方がいらっしゃいました。
寝る前に悩み事を考えてしまい、寝つけなく、食欲もなく、痩せてきていると。
行動は日々前向きにがんばっているのに、心が前を向いていなければ、いたちごっこでもったいないです。
心配こと嫌なことは夜布団の中で考えないことです。

 

太陽の下で考えれば何事も明るくなります。
それでもダメなら、考えるのを止めて日帰り温泉やスパ、足湯や湯船など体を温めることです。
体が温まれば、前向きになります。
チャンスや幸運の神様は、明るくて前向きで感謝が多い人に寄ってきます。
 
眠りが浅いのも、運動や仕事などのし過ぎによる過労や、同じくイライラくよくよなど精神的なストレスを抱えていたりする場合が多いです。
寝る直前にリラックスできる環境を工夫して作れると、気持ちが緩み眠りも深くなり、ホルモンバランスを安定させやすいです。
 
ぜひ、参考になさってみてください。

 

次回は、夜中に目が覚めてしまうことが体温とどう関係するのかお伝えします。

 

JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ


睡眠不足を解消することは妊活で大切です

先日、「高温期に体温がなかなかあがらない」という相談に対して、
睡眠量を規則正しく一定にとることが体温にどう関係するのかお伝えしました。
http://kodakara.hohoemi-baby.net/?eid=649
 
今回は、なかでも一番多い「睡眠不足」について、ご紹介します。
睡眠不足の主な原因は、「旦那さんの帰宅を待っているため」が多くあげられます。

 

確かに疲れて帰ってきた旦那さんを起きて迎えてあげたい気持ちはよく分かります。
夫婦の絆や愛情を深める上で起きて迎えることは必要かもしれませんが、
苦言を呈するならば、それによってホルモンバランスが乱れてしまい日々の努力がリセットされてしまいます。

そんなこと分かっているという方が多いと思いますが、お2人の子供の為にも早く体を休めて欲しいのです。

 

おそらく旦那さんも奥様が妊活をされていることをご存知で協力的なのであれば、
帰宅を待っていてくれることは嬉しいけれど、
帰りが遅くなって申し訳ないという気持ちもどこかにあるはずです。

 

男性は過酷な環境が長期間続いても活動できるような体になっているのです。
女性は妊娠する特殊な身体で、そのために身体の機能を調節するよう出来ているのです。

睡眠やストレス、疲労が勝手にホルモンバランスを乱してしまうため、体が強くできていないのです。


気持ちが元気な方で到底そう思われない方でも体は正直な反応を示しているケースをよくお見かけします。

一度ちゃんと説明するか、このブログを見せて理解してもらい、
極力旦那さんの帰宅を待たずに早めに寝るように出来ると子宝を早く授かることに繋がると思います。


睡眠不足が続くと、基礎体温が低温期も高温期も全体的に低くなる傾向があるため、
一日でも早く夫婦間で気持ちを一致させることをおすすめします。
 
ぜひ、参考になさってみてください。
次回は、睡眠の質についてお伝えします。

 

JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


子宮筋腫にならないために

子宮筋腫は良性の腫瘍の一種で、冷えて固くなる病気で、
へそより下の血行の悪さが原因と言われています。

若い30代の方の中にも、子宮筋腫のある女性が増えています。
握りこぶし大以下の筋腫であれば、下腹部を温めることで良くなるケースもあります。

 
子宮筋腫などの疾患は女性ホルモン「エストロゲン」の分泌異常と深く関わっています。
よって体を温めることと、エストロゲンと酷似したイソフラボンというポリフェノールをとることが、これらの病気の予防や治療に繋がります。

 
イソフラボンは大豆、納豆、みそ、豆腐、湯葉、などに多く含まれます。
また普段からウオーキングやスクワット、腹筋運動などで下半身を鍛えておきましょう。
下半身を鍛えることで、子宮や卵巣の血流が良くなり、子宮筋腫や卵巣のう腫などが小さくなる患者さんもいました。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

  • 2017.02.19 Sunday
  • -
  • 13:40
  • -

頭痛、肩こりの解消法

患者さんの中にも頭痛と肩こりで悩んでいる方を多くみられます。
「こり」とは実は「痛み」の軽い状態なのです。

頭痛や肩こりは体を温め、発汗、利尿を促して、首から上の血行をよくすることで解消されます。

 
以前来てくださっていた患者さんは中学生の頃から頭痛があり、
30代半ばまでロキソニンが離せない状態で、
生理痛も含め生理前も1ヶ月に3箱飲んでいる人がいました。
 
これでは不妊治療どころではないので、
頭痛の治療に2日間時間を取っていただき、
首から肩、頭に温灸治療を施すことで、何十年もの頭痛がなくなりました。

この患者さんは東北出身で方で、雪が降る地方でしたが、家の中は東京より温かかかったとおっしゃっていました。
寒い地方の家の中はストーブを炊きっぱなしですから、よっぽど東京の居住環境が寒いというのは理解できます。
 
東京に暮らす方の多くはエアコンを使っているので、冷えている方を多く見ています。
冷えていると肩こり、頭痛も起こしやすくなります。
薬に頼らない生活習慣に変えていくことも、妊活にとっては大切です。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

 

JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち



にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


高温期の体温が上がらないのは?

「高温期の体温がなかなかあがらない」という相談をよく受けます。
自覚されている方も多いのですが、睡眠の量や質が大きく関係します。
寝る時間が遅かったり、眠りが浅かったり、夜中に目が覚めたり、睡眠不足だったりする場合が多いです。
 
寝る時間と起きる時間をいつも同じにすることがポイントです。
夜11時頃に寝て朝6時〜6時半頃に起きるのが基礎体温を安定させやすく理想とされています。

長期間にわたり寝る時間が遅いのが続くと、早発閉経の傾向になりやすく、
起きる時間が遅いと、基礎体温が低温期でも上昇傾向になりやすいです。
ですから、短すぎず長すぎず早寝早起きの7時間睡眠が安定させやすく理想とされています。

 

先日の患者さんとの会話の一例ですが、
休みの日は目覚まし時計が鳴らなくても8時間くらいで自然とぱちっと目が覚めて気持ち良く起きられると。
平日は6時間睡眠で目覚まし時計もスムーズ機能でやっと起きるため低血圧の傾向であると。


その場合、自分にとっての睡眠適切量は8時間なので、平日も8時間睡眠を確保できるようスケジュールを見直す必要があります。
優先順位のトップを妊活に置くのであれば、何としてでも死守したい事やずらせない事、例えば睡眠時間、食事時間、お風呂や足湯など温活時間などを紙に書き出すことです。


そして隙間の時間の過ごし方を見直し、どこを調整したり工夫したりするべきかを可視化するのです。
ルーティンで毎日実行できれば、体には恒常性の維持と言われる体内時計機能が備わっているので、自動的に覚えこみ体が教えてくれます。続けていけば当たり前のように出来るようになるはずです。
 
ぜひ参考になさってみてください。
次回は睡眠不足についてお伝えします。

 

JUGEMテーマ:不妊治療

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


体が冷えている人は子宮も冷えてます

仕事で長時間同じ姿勢をして体を動かす習慣のない人は、
熱を生み出す筋肉を鍛えていないので
たいてい体のどこかに冷えを感じているはずです。

体が冷えた時、脳は生命維持に大切な心臓や肝臓、腎臓などに血液を送ります。
 
そのため末端の血管が収縮して、手足が冷たくなります。

子宮も同じで、生命維持の働きとしては優先順位が低いので血流が滞ってしまうのです。
血流が滞ってしまうと臓器の働きが悪くなり、生理が止まるようなこともあります。
 
少しずつでも運動不足を解消しましょう。
毎日の生活の中で
エレベーターを乗らないようにしてみたり
階段を歩いたり、一駅手前で電車を降りて歩くなど
少し工夫をすることで、血液を送るポンプとなるふくらはぎの筋肉を鍛えることができます。

また冷たいものはとらないように気をつけたり
下半身が冷えないような温かい服装に変えていきましょう。

 

JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


隠れ冷え性ではありませんか

「隠れ冷え性」の方は上半身が熱くなっていることが多いので、
ご自分が冷え性と思っていない方が多いです。
体温も上半身で測るので高い数値となるのため、冷え性と気が付かない方もいます。
上半身が熱くほてっているけれども、
お尻や太もも、足先といった下半身は冷えている方は「隠れ冷え性」です。

おへそから上は温かいのにおへそから下が線を引いたように冷たい人がいます。

 

トイレに行った時に、
自分のお尻やお腹を触って冷たいと感じるのであるならば
「それは冷えています」と私たちはお伝えしています。

 

こうした症状は特に女性に多く、子宮、卵巣、膀胱、腎臓、大腸から直腸まで血行が
悪く、血液が老廃物やコレステロールでドロドロ状態に汚れていきます。

そうなると
イライラしたり不安に陥ったり、顔がほってて、歯茎や舌が赤黒くなり、動悸や息切れ
がしたり、月経過多になり妊娠しにくくなります。
 
体を温める方法はこれまでこちらでも何度も載せてありますのでぜひ参考になさってくださいね。

 

JUGEMテーマ:不妊治療

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

 



にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


| 1/65PAGES | >>

記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索