ブログほほえみ通信

甲状腺免疫疾患と妊活

本来、人間の体には外敵をやっつけ、味方をまもる機能があります。
これが異常をきたし、味方までも攻撃する暴走した状態を「自己免疫異常」いいます。

 

健康な体は、以下の3つのバランスによって保たれています。

1.免疫
インフルエンザや風邪などウィルスや細菌から身を守ります。

 

2.自律神経
体温や心拍をキープし、消化機能を調整するなど生命維持に大切な働きをしています。

 

3.ホルモン
臓器が正常に機能するよう働きかけています。

 

この3つのうち1つでも欠けたらバランスが崩れます。
免疫の低下は自律神経やホルモンを乱れにもつながります。
 
30〜50代の女性に多い甲状腺免疫疾患は、自己免疫異常の一つです。
加齢によって甲状腺ホルモン分泌の減少、過剰なストレス、怪我や感染症がきっかけになったりします。
甲状腺ホルモンは、基礎代謝や新陳代謝に関わっており、症状が加齢や更年期に似ているため見過ごされやすいので血液検査で確認すると安心です。
 
妊娠を目指す場合、胎児のことも異物を捉えて攻撃されてしまうため流産のおそれもあるため、甲状腺免疫疾患に該当した場合は、妊娠前までに治療することが大切です。
不妊治療における薬剤性や子宮卵管造影検査後やヨード過剰、出産などによって一過性に甲状腺ホルモンの分泌異常を起こすことがあります。
 
血液検査で行われるTSH(大脳から出される甲状腺刺激ホルモン)の値が
一般の人:0.2〜4.5
妊娠を目指す人:0.2〜2.5
ですと基準範囲です。
妊活をしていなければ、2.5以上の値でも4.5以下であれば正常値になりますのでご注意ください。
 
治療法は、内服薬が主です。
1か月ほど服薬するとTSHの値が正常になっていくと言われています。
(もちろん個人差はあります)
 
予防法は、
・過激なストレスを避ける
・風邪やインフルエンザなどウィルス感染や怪我に注意する
・体調不良につながる諸症状に敏感になり早めに対処する
・ヨードを豊富に含む昆布やヨード卵やヨードうがい薬など避ける
 
また、甲状腺ホルモンは睡眠中に正常にリセットされるので睡眠不足に注意し、十分な睡眠をとれるよう工夫することも大切です。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


秋の秩父三峯神社

11月末に秩父の三峯神社に行きました。

紅葉は終わりかけではありましたが、山の中の空気は気持ち良かったです。

平日だというのに駐車場はいっぱいでした。

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


妊娠するために自分ができること

妊娠するために必要なことは
元気な卵子と精子、そしてふかふかのベッドのような子宮があることです。

そのためにみなさんが日頃の生活でできることは以下の通りです。


1.夜は早く寝ましょう
良質な卵子を体の中で育てるためには、女性ホルモンが活発になる夜の10時〜12時までには休みましょう。

 

2.バランスの取れた食事を
動物性たんぱく質多め、低糖質、バランスのとれた食事を摂りましょう。
 
3.毎日足湯、半身浴をしましょう
多くの方が子宮や卵巣が冷えていることに気づいていません。
下半身を温めることで、子宮や卵巣の血行が良くなり妊娠しやすくなります。
 
4.1日に30分歩きましょう
3分間息が少し上がる程度に歩き、3分間普通の速さに戻して歩くことを繰り返していくとミトコンドリアが増えていきます。
ミトコンドリアが増えると細胞が若返ります。
 
5.ストレスをうまく解消しましょう
ストレスが溜まると、体温が下がり血流が悪くなります。
自然の中に行くとか、自分の好きなことをするとか、うまく解消しましょう。

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


不調の原因の根本を知る

自分の体に起きていることが、どういうことなのか、
お医者さんに出された薬はどういう作用・副作用があるのか、自分の体にその薬がなぜ必要なのか、
これらを把握することが、早い改善に繋がりやすいです。
 
たとえば頭痛や不正出血など何か体に不調が起こった場合に、それぞれ別々の医院にかかれば、新たに薬が処方されてしまいます。
薬との相性や重複している薬があるなど、自分の体の状態と今飲んでいる薬の説明などが出来れば、それらを未然に防ぐことが出来ます。
また覚えているうちに記録(メモ)するクセをつけておくと、不調の原因が薬によるものか、天気や仕事など他にあるのかが判明しやすいです。
サプリメントも同様ですが、半年以上継続して飲んで変化がよく分からない場合は再検討する必要があります。
 
お薬は即効性があるので改善すると思って安易に手を伸ばしがちですが、即効性があるということは強い作用があるということ、つまり体に強い負担がかかることも忘れてはいけません。
ドラッグストアやネットで簡単に薬を入手しやすい時代ですが、体と心はイコールなので、騙し騙し過ごしてしまうと、どこかでバランスを崩してしまいます。
薬に頼り過ぎてしまうと本来持っている体の機能もが怠えてしまいますので、体調に合わせて徐々に薬から離脱することもまた大切です。
 
薬やサプリメントでどうにかしようと思う前に、自分の体に起こっていることの「根本的な原因」に向き合う方が早い改善につながります。
また、食事や運動、睡眠や休養など生活習慣からの養生の方が、体に負担も少なく本来持っている機能が働きやすいです。
おひとりおひとり体力も体質も違うので、許容量のコップもまた人それぞれです。
皆が出来ているから自分も大丈夫と思っていても、人によってはオーバーヒートしていることもあります。
その場合に体や心で体調不良という形でSOSサインが出ています。
場合によって、一旦足を止めることが必要な方もいらっしゃいます。
 
年末が差し迫ってまいりました。
自分にとって今必要なのは何か、ぜひ年末年始の長期休暇に考えてみてはいかがでしょうか。

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

  • 2018.12.03 Monday
  • -
  • 10:33
  • -

低温期と高温期の差がない方は妊娠しづらい

低温期が36.0℃以下であったり、36.0以上あったとしても、高温期との差が0.4以上くらいなければ排卵してないかもしれません。
低温期が低いと高温期も低いため質の卵子が排出されていない可能性が高く、排卵日あたりにタイミングを取ったとしてもなかなか妊娠しづらくなります。

 

このような状態になっている方は、下半身全体を冷やしてしまっています。
だから、下半身全体をしっかり温める必要があります。

下半身の筋肉がかたくこわばったようになって、指圧をしたくらいではこのかたさを取ることはできません。
鍼とパルスをしてこわばったようになった筋肉を緩め、血液の流れを良くしていきます。
その後、温灸治療をして筋肉を温めて血行を良くし、体全体の体温を上げていくことで健康で妊娠しやすい体をつくっていきます。
 
血液は酸素と栄養を体に運ぶのが仕事です。
血液の循環が悪いために子宮や卵巣に栄養と酸素が届きにくくなって不妊症を起こすのです。

 

このブログでは何度もお伝えしていますが、冷えは妊活の大敵です。
そして、ふだんから下半身を温めるよう心がけてください。
ズボンの下にはレギンスを履きましょう。
寒い日には2枚重ねて履くくらい温めてください。
そして、家の中では暖房をつけて体を冷やさないように。

 
動物性たんぱく質、根菜類もしっかり食べて、体の内側から温めましょう。
また氷の入ったものを飲まなように。

お風呂はシャワーだけで済まさず、湯船に入るなどを心がけてくださいね。

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


年末年始の休診日について

ほほえみ鍼灸院の年末年始の診療についてお知らせします。
年内は12月30日まで診療しています。
 
休診日
12月31日〜1月4日
1月5日からは平常通りの診療となります。
 
土日は込み合うことが多いので、予約は早めにお願いいたします。

https://hohoemi-baby.net/contact/index.html
 
ほほえみ鍼灸院

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


寒い季節こそリラックスを。

日ごと寒くなってきました。
無意識に力んでしまったり、体を冷やしたり、睡眠の質の低下など、寒さによる影響で、
肩コリ・頭痛・腰痛・自律神経の乱れ・ホルモンの乱れなど体調を崩しやすい時期です。
 
そんな時は、何くそと頑張り過ぎず、自分に合うリラックス法でバランスを取ると良いです。
 
たとえば、
 
☆ 睡眠(睡眠時間を増やす、15分程度の軽い昼寝など)
☆ 好きな音楽を聴く
☆ 自然の中でくつろぐ
☆ カラオケなど大きな声を出す、歌う
☆ 美味しいものを食べる
☆ 気功、ヨガ、座禅、瞑想など腹式呼吸で気を流す
☆ 旅行に行く
☆ 絵を描く
☆ 楽器を演奏する
☆ 庭いじり、ガーデニング、植物や花を愛でる
☆ 料理をする
☆ 模様替え、DIY、大掃除、断捨離など
☆ 好きな人とおしゃべり
☆ 好きなアロマなど香りを愛でる
☆ 映画や読書など浸る
☆ マッサージしてもらう
☆ 温泉や岩盤浴などで体を温める
☆ 汗をかく運動をする
☆ 歯を浮かす(上の歯と下の歯を離す)
☆ 笑うことをする
 
など、沢山ありますね!
 
 
専門的な話をすると、
たとえば、赤身の魚や肉など動物性たんぱく質を多めの食事にすると、セロトニン(幸せと感じるホルモン)を活性化させるトリプトファンとビタミンB6が豊富に含まれているのでおすすめです。
 
それから、自然の力は元気の源と言われるように、朝陽を浴びる習慣をつけたり、朝の散歩をしたりするのも、セロトニンを活性化させやすいです。
 
ほほえみ鍼灸院のヘッドマッサージも、頭、首、肩、腕など凝り固まった上半身をほぐすので、とってもリラックスできます。

http://kodakara.hohoemi-baby.net/?eid=841
 
皆それぞれ、リラックスと感じることが違うので、上記を参考にしていただけたら嬉しいです。
 
個人的におすすめは、パン屋さんに行くです。
なかでも、メロンパンを食べると脳の隅々まで幸せが沁み渡る感じがあり、浸ります。笑
 
自分に合ったリラックス法を見つけて、自分の心と体のバランスを大切にしてくださいね。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

  • 2018.11.20 Tuesday
  • -
  • 10:12
  • -

那須は紅葉真っ盛りです

休日に那須にいってきました。

那須は紅葉真っ盛りでした。

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


いつも考えていることが自分の人生をつくりだします

頭の中でいつも考えていたことが、現実として起こってしまったことが何度かありませんか。
こういったことをこれまで考えたことがなかった方も、少し時間をとって振り返ってみてください。

 

私は過去に「こういったことが起こると嫌だなあ」と思っていたことが何回も起こった経験があります。
どうしてこんなにも、頭の中で思っていたことが現実として起こってしまうのか、不思議に思っていました。
 
だったら良いことばかりに焦点を集めてみたらどうなるか。
そう思って、マイナスなことを考えるのではなく、「こうなったらいいな」と思うことをできるだけ考えようと決心しました。

私は過去にこのままではどうにもならない状態まで追い込まれ、
そして誰にも相談ができない状態のつらい時期がありました。

普通の生活をしていたら、ここまでの決心はできなかったかもしれません。

そして、普段自分が何を考えているのかを見つめ直していると、
いかに自分の考え方が後ろ向きなのかを知ることができました。

 
「後ろ向きなことは考えない」と決心をしてからも、ネガティブな感情は時々でてきてしまいます。
けれどもどうしてそのような考えが出てくるかが分かるようになり、
楽しいことに切り替えることが出来るようになりました。

ネガティブなことを考えるのではなく、
ポジティブなことを考えるよう努めることで、
不思議と目の前に起こることが変わってきました。
もちろん、1日や1週間で大きな変化があるわけではなく、長く続けることは必要にはなりますが、必ず変わります。
 
ほほえみ鍼灸院に来られている患者さんでも
仕事場でのトラブルや親子、兄弟のトラブルなどを抱えている方がいらっしゃいました。

そういった方々も治療やカウンセリングを通して、
自分という存在を認め、起こっていることにも意味があること、
また小さなことにも感謝ができるようになっていき、
体調もよくなり、自分が本当にやりたいことを見つけ今では、生き生きと暮らしています。


良いことに自分の気持ちの焦点を当てるだけで、

その人が問題と思っていたことがそれほど大きな問題でなかったことに気づくことができ、その人らしい生き方をされています。

 

普段あなたは何を考えていますか。
自分を見つめなおすことも、良い人生を歩むことにつながるのではないでしょうか。
目の前の小さな良いことに焦点をあてると本当に変わるんです。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

  • 2018.11.15 Thursday
  • -
  • 11:45
  • -

妊活の大敵、風邪をひかないために

寒暖差がある時節、風邪をひいている方をお見かけします。
朝晩の温度の差に体がついていっていないので、服装で調整しながら風邪を予防しましょう。
衣類の着方ひとつで、体が感じる温度にも差がでます。
 
寒い日は厚着をするよりも薄手の衣類を重ねると、温かさが増します。
カーディガンや薄手のコートなどで、体温調整することも必要です。
外に出た時、急に雨が降って温度が下がることもありますので、荷物になっても用意していきましょうね。
人混みでは風邪の季節には、マスク、マフラーなども予防になります。

 

また、首、手首、足首「首」という字のついたからだの部位は、冷やすと風邪になりやすいといいます。
首の後ろ部分には熱をつくりだす、褐色脂肪細胞が集中しています。
 
同じように肩甲骨の間やわきの下などにもこの細胞は多いのでので、ショールやベストなどで覆うのも効果があります。
妊娠するためには風邪は大敵ですので、気をつけて生活しましょう。

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


| 1/91PAGES | >>

記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索