ブログほほえみ通信

都会のオアシス

休日の朝、西武百貨店の屋上庭園に行きました。
木々が生き生きとしていて、池には蓮の花が満開で都会の中のオアシスを満喫しました。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


温活と汗と冷え

先日、日帰り温泉浴した帰宅後、水をいくら飲んでも喉が渇くという症状が起こりました。
おかしいなと感じ、スポーツドリンクを摂ったところ、一発で喉の渇きが治まりました。
 
入浴中は300〜500mlほど汗を大量にかきます。
入浴後は余熱で更に大量に汗をかきます。
汗をかくと血液の粘度が高まり、ドロドロ血液になります。
ドロドロ血液のままだと、血圧の急上昇や血管の詰まり破れに繋がりやすいです。
 
水分補給して15分ほどすると血液がサラサラになるので、入浴の前(15分前)と入浴後あるいは入浴中に一旦休憩で抜け出て水分補給すると良いです。
水分補給は水だけでなく、汗で失われた成分を含んだスポーツドリンクや湯あたりを防ぎやすいビタミンCを含んだオレンジジュースなども良いです。
これは入浴に限らず、日常で汗を大量にかく場合すべてに当てはまります。
 
水分は基本的に体を冷やします。
体が冷えると硬くなります。
水分補給と同じくらい、水分を出すことも大切になります。
 
体を温めることは、温熱によって血管が拡張し血行促進効果があります。
すると、内臓や筋肉へ酸素の供給や栄養補給が円滑に進み、腎臓や肺からの老廃物の排泄作用も促されます。
血液が浄化されると疲労も回復し、病気予防に繋がります。
まさに、”良いことづくし”です。
 
以前は熱い湯船が好みだった方が、温活をこつこつ取り組み続けたところ「熱い湯より、ぬるい湯にじっくり浸かる方が気持ち良いと感じるようになった」とおっしゃっていました。
これはまさに体質改善に成功された証拠です。
 
ぬるい湯の方が副交感神経が働き、脈も緩やかになり、血圧もゆっくりと低下し、胃腸が活発化し、気持ちもゆったりとなります。
 
これからの季節、”温活と汗と冷え”はもれなくセットでついてきます。
上手につきあっていきましょう。
 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


体の疲れに、温灸ヘッドマッサージと一般治療。

新メニュー「温灸ヘッドマッサージ」コース、既に喜びの声をたくさんいただいています。
改めて、東京人はとても疲れている…と実感した今日この頃です。
http://kodakara.hohoemi-baby.net/?eid=841
 
ただ、なかには根本的な原因が下半身にある方もいらっしゃいます。
 
その場合、「一般治療」コースを受けていただくと、全身のバランスが整います。
60分・・・ 7,500円 部分治療
90分・・・11,300円 全身治療

 
また、遠方からの来院や何度も足を運ぶことが難しい方もいらっしゃると思います。
 
その場合、「温灸ヘッドマッサージ + 全身治療」コースを用意しております。
120分・・・15,000円 頭から足まで全身くまなく治療
 
根本の原因を見つけ、治療することで、1回でスッキリ軽くなります。


 
実際に体験された方からのクチコミで知ってくださった方からの、温灸ヘッドマッサージと一般鍼灸治療のご予約もいただいております。
初めての方もお気軽にご連絡くださいね。

 

ほほえみ鍼灸院
03-6318-5648
東京都練馬区桜台4-18-2


ほほえみ鍼灸院は、皆さまの笑顔をサポートして参ります!

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

  • 2018.06.18 Monday
  • -
  • 10:15
  • -

不妊の大敵ストレス

呼吸したり、食べ物を消化したり、体温を維持するために汗をかいたり。
普段 私たちはこれらのことを意識をすることなく行っています。

生命維持のために内臓や血管、ホルモンなどの働きをコントロールしているのが自律神経です。

 
冷えや低体温などで妊娠しづらい体を根本的に改善するには、自律神経のバランスを整えることが重要になります。
自律神経のバランスを整えるためには、生活習慣や食事の見直しが必要です。

自律神経は交感神経と副交感神経があります。
活動時やストレス・緊張を感じると交感神経が優位になり、体が冷えた状態になります。
反対に休息時やリラックスしている状態では、副交感神経が優位になります。
 
ストレスや気持ちの落ち込み、肉体疲労などの状態が長く続くと体温調整がうまくいかなくなります。

自律神経のバランスを正常に保つには、リラックスが欠かせないのです。

自律神経を整えるために、簡単にできる運動を紹介します。

 

足の5本指に力を入れギュッと曲げてグーをつくる。
親指を上げてチョキ、全部開いてパー。
交互に5回繰り返しましょう。

こちらの映像の説明もわかりやすく参考になるかと思います。

 

笑うことも自律神経を整えるのに良いです。
お笑いのDVDを借りてきて、笑うのも効果がありますよ。

不妊の大敵はストレスです。
ストレスとうまく付き合う方法を、ぜひ見つけてくださいね。

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


脳の疲れとホルモン分泌の影響

脳が疲れていると、ホルモン分泌作用に影響します。
 
先日いらした患者さんから、「深呼吸ができない」というご相談を受けました。
体はとても元気な方なのですが、上半身が疲れているのが原因だと分かりました。
 
自律神経は呼吸や心臓の動き、血液循環、体温調節など生命活動に必要な全ての機能をコントロールしています。
自律神経が酷使され続けると、体内に活性酸素が大量に発生し、抗酸化物質では対抗しきれなくなります。
細胞や筋肉を酸化させて破壊し、それが疲労という形で現れます。
疲労により日頃から呼吸が浅くなっていることが原因でした。
 
規則正しい生活が自律神経を整える上で大切だということは、既にご存知の方も多いと思います。

ただ、家事や仕事、運動などの日常生活を規則正しく過ごしていても、その時の季節・気候・環境・条件によって体が感じる疲労度は変わってきます。
たとえば、炎天下にウォーキングするのと、涼しい快適な環境で同じ距離を歩くのでは、大きく違いますよね。
それでも、いつも通り規則正しくと言い聞かせて無理を続けると、体ではなく脳に疲労が溜まります。

 

脳に疲労が溜まると、自律神経が乱れます。
自律神経と女性ホルモンは密接に関係しているので、脳が疲れているとホルモン分泌の効果も半減します。
 
疲れにくい体をつくるには、脳を疲れさせないことが大切です。
体は正直なので、必ず何かしらの症状を示して教えてくれます。
体の声をキャッチすることが大切です。
 
脳の疲れを取るには、睡眠・休息が一番です。
良質な睡眠や休息時間を取って、疲れを解消することで自律神経の老化を防ぐことに繋がります。
睡眠を削って調整したり、時間を無駄なく惜しむのではなく、睡眠・休息を優先1位に持っていき調整することが、元気に過ごす基本です。
仕事に家事、育児など大変な環境の方もいらっしゃると思いますが、周りの方に協力してもらって工夫してみてください。
 
また、当院の温灸ヘッドマッサージも脳の疲労を取るのにも効果的です。

http://kodakara.hohoemi-baby.net/?eid=841
疲れがなかなか取れない方、お気軽にご相談ください。


 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


目の疲れは腕の疲れからきてます

一日中パソコンを使う仕事の方が、温灸ヘッドマッサージによく来られます。
http://kodakara.hohoemi-baby.net/?eid=841


目の疲れは、腕の疲れからきていることをご存知ですか?


特に男性で一日に7〜8時間デスクワークが続き、仕事が終わるころにはこめかみや目の疲れがひどく、寝てもその疲れがとれないような方は、腕の疲れが原因になっていることが多くあります。

美容師さんの腕は普通の仕事の方と違い、腕をよく使います。
なので、特に腕の疲れをとることで肩や首、頭痛まで楽になります。

 

からだは全部つながっていおり、肩こりや首こり、目の疲れは、その部分の疲れだけではないのです。

 

男性、女性にかかわらず忙しく目や腕を酷使されている方には温灸ヘッドマッサージがおすすめです。

つらい疲れがどこからきているのかを判断し、その方にあった施術をいたします。


上半身の疲れを温灸とマッサージで、しっかりとっていき、施術後は体が軽くなっていることを実感していただけると思います。

 

温灸ヘッドマッサージについて詳しくはこちらでご紹介しています。
http://kodakara.hohoemi-baby.net/?eid=841

 

ご予約はお電話で承っております。
03-6318-5648

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

汗との付き合い方

関東地方も梅雨入りしました。
そして、汗と冷房から逃げられない季節になってきました。

 

汗とは上手に付き合っていくことが大切です。
冷房の効いた部屋にずっとこもっているなど、汗をかかない生活を続けていると汗をかきにくい体質にもつながります。
汗をかくことを避けるのではなく、汗と上手に付き合っていきましょう。
 
汗のもとは血液の1つである血漿から作られていますので、血流が良くなると、全身に栄養や酸素が運ばれるため、体の細胞の働きも元気になり、汗も血液もサラサラします。

血流がよくないと、汗をかきにくくなります。


汗をかきにくい体質だった方が鍼灸治療で血流を改善することで、しっかり汗をかくようになり、また基礎体温も上がって妊娠しやすい体質改善に成功されることは珍しくないです。

 

汗をかくことは、体内に溜まっている老廃物や毒素を体外に排出する「毒出し」効果があります。
 汗が皮膚表面に出るまでに、ミネラルや塩分あるいはタンパク質などは体内に再吸収され、水分だけが汗として排出されるような「ろ過機能」が備わっています。
 
汗をかけばかくほど「ろ過機能」は高まります。
 
汗をかきにくい体質の場合は、汗をかきやすい体質に変えること。
悪い汗をかく場合は、良い汗をかける体質に変えること。
 
良い汗とは、水に近いサラサラした汗で、無味無臭です。
皮膚面で蒸発しやすく雑菌による繁殖も少ないです。
 
一方、悪い汗は「ろ過機能」がうまく機能していないため、ジトっした汗で蒸発しにくいため雑菌も繁殖しやすく、嫌な臭いやアレルギーを起こしやすくします。
 
高温多湿のこれからの季節を快適に乗り越えるうえで、汗をかいた後のケアがとても重要です。
温活を日頃から努力されているので、温活をしていることが気が付いたら汗冷えして肌が冷たい、、なんてことはもったないです。
 
汗をかいた後は、
着替えるも良し!
汗ふきシートで拭くも良し!
肌に触れる衣類の素材で工夫するも良し!
一番ダメなのは、汗をかいた後そのまま放置していることです。
人によっては、タオルをインナーの下に入れて、さっと抜けるよう工夫されている方もいます。
 
体質も生活も人それぞれなので、自分に合った温活ができると良いですね。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


体温調整をうまく行いましょう。

初夏のような気温の日でも、足が冷たい方が多いです。
 
暑い、暑いと思っているのは、実は上半身だけだったりします。
いわゆる「のぼせ冷え」の症状です。
 
熱は温まると上昇し、冷えると下降する習性があります。
体の中で上半身と下半身と熱が分離している可能性が考えられます。
 
一番わかりやすい確認方法は、自分の手で「お尻・お腹・足指・足裏・足首・太もも」を触って肌温度をみることです。
 
暑いと人はなぜか下半身から薄着になりがちです。
外を歩いていても、ほとんどの方が素足にスカート、あるいはズボン下は何も履かず足首を出す服装をしています。
 
薄着以外に冷たい方は、汗冷えが多いです。
体は汗をかいて体温を下げる習性があります。
汗をふかずに、もしくは汗で濡れた衣類を着たままでいたら、体温が下がった上に濡れたおしぼりで覆っている状態になります。
汗をかいた後なので、当然体温は下がっていますので、肌温度を上げるのは難しいです。
 
そこで一番オススメなのは、「シルク(絹)素材」と「着替え」です。
 
すぐに汗をかきやすい方は、カバンに着替えを入れて、1日に何回も着替える必要があります。
そうすることで、肌温度を自然に上昇させやすくなります。
 
また、綿の素材は汗の吸収は良いですが乾かす力は弱いです。
服が濡れたままだと肌がいつもジメっと湿ったままになります。
一方、シルク(絹)素材は、吸汗速乾性が高く汗をすぐに吸って乾かしてくれます。
肌をさらさらに保ち、保温性に優れています。
 
これから梅雨・夏と洗濯物が乾きづらかったり、汗をかきやすい季節に入ります。
極力、着替えも含めて"余分に多く"揃えておくことをおすすめします。
また、ゆったりと締めつけずに履くのが血流を良くさせるので、"いつもより1サイズ上"の物を揃えることをおすすめします。
 
子宮・卵巣を守るショーツ、生殖器エリアの足首を守る靴下は最低限シルク(絹)素材を着用できると安心です。
 
別段ですが人によってはあせも予防に、シルク(絹)の腹巻きをブラジャーの下にあてて胸・腹を予防している方もいらっしゃいます。
 
冷房と外気温の繰り返しに体温調整が難しくなります。
ぜひ、お早めに自分の生活に合った工夫対策をとってみてはいかがでしょうか。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

  • 2018.06.04 Monday
  • -
  • 10:18
  • -

浅間神社へ子宝祈願へ

休日にスタッフ全員で山梨県の浅間神社と山神社にお参りに行きました。
浅間神社は関東一の子授けの神社です。
皆でひとりでも多くの方が赤ちゃんが授かるようにお参りしてまいりました。

あいにくの雨ではありましたが、霧が出ていて幻想的な1日でした。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


食べ物が体を作ります

普段摂っている食べ物が体を作ります。
甘いおやつ、菓子パン、インスタント食品、加工食品、ファーストフードなど、簡単に手に入りやすいですが、健康上はあまりおすすめできません。
 
さらに、パソコンやスマートフォンなど常に頭を休めることのない生活や、日常の様々なストレス、そして体に良くない食物によって、交感神経が常に優位になりやすいです。
 
交感神経が優位になっている状態が続くと、不眠症やアレルギー、高血圧、胃腸疾患、目・耳疾患などが起こりやすいです。
 
そこで、副交感神経(リラックス効果)が優位になりやすい状態を意識的に作ることが大切です。
方法は色々ありますが、今回はすぐに取り組める「食べ物」をテーマにご紹介します。
 
副交感神経が優位になりやすい食物
 
◎食物繊維が多い食品
便通を良くし老廃物を排出してくれます。病気の予防にも役立ちます。
→キノコ、海藻類、根菜、野菜など
 
◎丸ごと食べられる食品
生命維持に欠かせない様々な栄養素を無駄なく摂れます。
→玄米、小魚、ごま、大豆、くるみなど
 
◎乳酸菌や麹菌などの菌を活用して作った発酵食品
菌の作用によって食品本来の栄養素が消化しやすく、栄養価も高く、風味や旨味が増します。
→チーズ、ヨーグルト、味噌、醤油、漬物、納豆など
 
◎一瞬不快な気分になりやすい食品
酸味、苦味、辛味など香辛料。体が有害物質と認識しやすく排除しようと胃腸の働きを活発にしてくれます。
→梅干し、酢、わさび、唐辛子など
 
◎体を温める食品
低体温を防いで、病気の予防に役立ちます。
→しょうが、ねぎ、こしょうなど
 
 
食を見直すことが心身の様々な症状の改善に繋がります。
ぜひ参考になさってください。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

  • 2018.05.30 Wednesday
  • -
  • 10:13
  • -

| 1/85PAGES | >>

記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索