ブログほほえみ通信

不妊治療は、夫婦のチーム力が大切です

不妊治療を進める上で大切なことは、"夫婦の気持ちを一致させる"ことです。
 
妊娠は授かりものなので、思うようにコントロールは出来ませんが、
妊活を取り組む中で、なかなか妊娠につながらないと、
女性は負い目を感じやすく、夫婦間でもなかなか本音を吐き出せずにいることもあります。
 
不妊治療は費用もかかり、時間の経過とともに女性ホルモンの機能低下もあるため、女性は「早く妊娠しないと!」と心が焦るのです。
 
男性は自分の精子力に問題がなければ、自分の役目は終わったから後は頑張って!と手離しがちですが、夫婦の気持ちを一致させるためにも、女性の気持ちに向き合うことが大切です。
 
それは正論や解決策を言うのでなく、ただただ気持ちに寄り添うための「話を聴く」ということだったり、理解を深めるための不妊治療のおける知識や勉強をしたりすることです。

子どもを授からない期間が長いと、女性は親族からの目や友人知人の子育て話やネットの一言、あるいは病院に通うためのスケジュール調整で同僚からの目など様々な周囲の雑音に過敏になりやすいです。
夫婦の子どもを授かるために頑張っているのですから、独りで挑んでいる気持ちにさせないで一緒に妊活に参加して欲しいのです。
味方でいる姿勢をきちんと見せましょう。

もし男性側の意見もあるようでしたら、奥さんに分かってもらう努力をしてください。
あきらめないで気持ちが一致する所を見つけてください。
言葉にして言わないと相手には伝わりにくいです。
 
もし、夫婦の気持ちが「子どもが欲しい」と一致したのであれば、
女性に必要なのは、体づくりとリラックス(笑顔)
男性に必要なのは、サプリメントを摂ったり、適度な運動や休息、家事を手伝うなど共に頑張れることを見つけてください。
 
 
先日、女性の気持ちを理解するヒントになると感じた言葉がありました。
 
「もういいよ」は全然よくない時
「どうでもいい」は、どうでもよくない時
「大丈夫」は心配させたくない時
「ごめんね」は素直になりたい時
「1人でも大丈夫」は本当は寂しい時
お茶らけている時は、本当は深く傷ついている時
 
これらは、もしかしたら男性側もあるのかもしれません。
 
今回は女性視点の記事になってしまいましたが、伝えたかったのは
夫婦の気持ちを一致させて、ともに味方でいてあげて欲しい、ということです。
 
参考になれば幸いです。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


40代で妊活をされている方へアドバイス

働く女性が増えたことで、晩婚化や高齢出産など出産を取り巻く環境は大きく変化してきています。
女性が担うも正社員や責任ある役職を任されたり、仕事以外にも家事と育児をこなしたり、年齢が上がると共にかかる負担量は大きくなってきています。

一方で女性ホルモンは20〜30代をピークに下がってきてしまうのは避けられません。
30〜40代に入るとホルモンの低下や更年期による症状も起こりやすくなります。
少しでもそういった症状にブレーキかけて、妊娠の可能性を高める対策をまとめてみました。

 

1.自律神経を整える
早寝を心掛けて、たっぷり十分な睡眠をとりましょう。


2.ホルモンバランスを整えましょう
ホルモンバランスを整えるために、食事を工夫しましょう。
これを食べればホルモンが整うというものはないので、バランス良く必要な栄養をとること
BMI20〜25を心がけて、太り過ぎや痩せ過ぎに注意しましょう。
エストロゲンに似た働きをする大豆製品や骨量を補うカルシウム豊富な乳製品や小魚なども◎


3.ストレスを発散する
頑張り過ぎないこと、
楽しく笑いある生活を送ること、
執着を手放すことや許すことも大切です。


4.下半身の血行を良くする
外から温めるのは、温める道具を活用する(とくに高温期)
内から温めるのは、筋肉をつける(とくに低温期)
足裏をほぐしたり、ウォーキングをしたり、ふくらはぎの筋トレや足湯、重ね履きやカイロなどをうまく利用しましょう。

 

よくある話ばかりで知っていると思うかもしれませんが、無意識に自分のコップが溢れていることもあります。

女性ホルモンの分泌低下による卵巣機能の低下で更年期を迎えやすくしてしまいます。
また、この時期に環境の変化や心理的ストレスが重なると影響も大きくなりやすいです。

 
自分と向き合って、自分に合ったペースを見つけて、家族や周囲の人に協力してもらうことも大切です。
体と心の健康に意識を向けて、体調を整えて更年期を緩やかにしていけたらと思います。

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


使い捨て「布ナプキン」

「布ナプキン」が体に良いというのは何となく知ってはいましたが、
洗って使いまわすのが面倒と感じている方は、私だけではないのではないでしょうか。
かといって、紙ナプキンも便利で使いやすいけれど、なんとなく体に悪そうに感じてしまいます。

 

紙ナプキンは、紙が化学繊維で出来ており、吸収体ポリマーが入っていることで冷えを誘発して、生理痛など婦人科系に影響を与えているようです。
肌に刺激が強いと冷えだけでなく、かゆみ痛み臭いの原因にもなります。

 

布ナプキンが体に良い理由は、
生理不順、生理痛、冷え、痔、便秘、尿漏れ、におい、かゆみ、おりもの減少…などの改善につながるとのこと。
生理周期が乱れている人が安定したり、薬を飲まないと乗り越えられないくらい生理痛が重い人が軽減したりなど…の話はよく聞きます。

 

そこで、「使い捨て」の布ナプキンで婦人科の悩みが解消したという助産師さんの話を聞いて、私も実践してみました。

使い捨ての布ナプキンは市販でもあるそうですが、節約も兼ねて衣替えで出た古着をナプキンサイズにカットしてやってみました。
ハンカチサイズにして折り畳んで使っている方もいらっしゃるようです。自分の使いやすい方法で大丈夫です。

*生理期間は、念のため一番下に紙ナプキンをして、その上に端切れ布を5枚前後(個人差あり)
*生理以外の時は、おりものシートの代用で、端切れ布を1〜2枚(個人差あり)

使用後は、紙ナプキンと同様にトイレットペーパーで丸めて捨てるだけ。

 

やってみて良かったのは、小まめにトイレに行くようになったこと。
使用済の布なので柔らかくて、肌に温かくて、蒸れないこと、気持ち良いこと。
自分の経血の状態を把握しやすいこと。

 

冬や冷房など寒い時は「おまたカイロ」もおすすめです。

 

妊活を始めると、自分の体と向き合うことになります。
婦人科系のことはなかなか人と比べることが出来ないので、自分が知ろうとしないと、状態が分からないまま年齢を重ねてしまいます。
妊活が終わっても、自分の体は生涯付き合っていくので、大切なことだと実感しているこの頃です。

ご不明な方はお気軽にご相談ください。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


港の見える丘公園

先日の休診日に港の見える丘公園に行って来ました。

バラの花が満開でした。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

筋肉が少ないと起きやすい症状

筋肉が少ないと冷え性になったり、低体温、肩こり、首コリ、腰痛、浮腫みや不眠、無気力になりやすくなります。
筋肉には血管が流れており、筋肉を使わずにいると筋肉が硬くなり血行が悪くなります。

肩が凝るとパンパンに硬くなるし、足を使わなかったら足がむくみやすくなります。
デスクワークで長く座って体を動かさなければ、筋肉が萎縮して、血流が悪くなり肩や腰が痛くなります。
筋肉は動かさないと固くなり、血行が悪くなるのです。
 
老化、仕事での過度のストレスや過労の蓄積、また運動不足や過度の運動も筋肉が硬くなる原因です。
またそれだけではなく、低体温になると免疫力低下を招き、風邪やインフルエンザなどにかかりやすくなります。

1日30分い歩くだけでも筋肉は変わってきます。
またお風呂あがりのストレッチは体が温まって緊張していた筋肉が緩みやすくなりますので、お勧めです。
仕事の合間でも、階段を使いかかと上げをしてみたり、肩や首を回す、腕を回したりして動かすだけでも血行が良くなります。
お試しください。

 

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


現代人に低体温や冷えが多いのはなぜか

低体温で冷えが原因で体調を崩している方が増えています。
体温の低下によって免疫力低下を招き、自己免疫疾患やアレルギー症状の発症につながります。

 

では、どうして現代人に低体温や冷えが多いのでしょうか。

理由は、運動量が減っているからです。


電気掃除機や電気洗濯機など家事を行う家電が当たり前となったため、これらが普及する以前に比べると私たちは運動量が減少しています。
また交通機関の発達とマイカーの普及も運動量現象の要因となってます。


どこに行ってもエアコンが効いていることも体を冷やす要因となっています。
そして、仕事場や移動の電車で体を冷やしているのにも関わらず、シャワーだけで入浴を済ませてしまい体を温めないままでいる方も増えています。
そして、運動不足のまま水分を取り過ぎることで、体が浮腫み体温が下がります。
また冷たいものの摂り過ぎることで、内臓温度を下げていることも低体温や冷えの要因となっています。
 
こういった便利な生活が、体の体温を奪い、病気になりやすくしています。

子どもが公園などで遊んで体を動かす機会が減り、中高生が冬でも素足にスカートでいて下半身を冷やしていることも、将来の不妊につながりかねません。

 

これからはどこに行ってもエアコンが効いており、体が冷えやすくなってます。
そうして冷えた体は家に帰って、湯船に入って温めましょう。
1日の疲れも取れ、次の日まで疲れが取れないようなことはなくなります。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


ミネラルをしっかり摂り入れましょう

1年で一番過ごしやすい快適な時期がやっと来ました!
忘れがちなのが、水分補給です。
目安として1.5〜2ℓ/日の水を飲んでいますか?
 
水分を適量に摂れていると、血中の糖濃度が薄まり血糖値が下がったり、代謝の質を上げる効果があります。
 
水分といっても、浄水や清涼飲料水、お茶など色々ありますが、「ミネラルウォーター」がおすすめです。
 
たとえば、牛乳をたくさん飲めば骨を強くするカルシウムが摂れると思いがちですが、カルシウムはマグネシウムがあって吸収率を上げてくれます。
 
代謝機能に重要な酵素も体に良いのは有名な話ですが、酵素もミネラルやビタミンがないと機能を発揮できません。
 ビタミンもミネラルがないと機能を発揮できないし、ミネラルもビタミンと一緒でないと酵素を作ることができません。
 
高タンパクが良いといって脂肪の多い肉を食べ過ぎてもコレステロールが上がって血管系疾患になりやすいです。
 
動物性タンパク質が吸収率が高いですが、大豆製品がダメといっているわけではありません。
大豆製品も動脈硬化を防ぐビタミンEが豊富で抗酸化作用が高いポリフェノールが含まれています。
 
体が疲れると酸性に傾きやすく、これが蓄積すると病気になりやすいです。
肉や糖分は酸性に傾きやすい食品ですが、バランス良く栄養を摂ることで、体のpHを弱アルカリに持っていくことができます。
それが健康の秘訣です。
 
牛乳だけ摂り過ぎてもダメ
ビタミンだけ摂り過ぎてもダメ
肉だけ食べ過ぎてもダメ
過剰摂取、何事も過ぎたるは及ばざるごとし、です。
バランス良く摂ることが重要です。
その中で、高タンパク低糖質が重要だと言うことを覚えておいていただけると良いです。
 
細胞の浸透圧作用(栄養を取り入れて老廃物を排出する働き)もミネラルが内外液のバランス調整に必要です。
機能が衰えると、浮腫みや太ったり、だるくなったり、冷えたり、最終的には病気になったりします。
 
いわば、車に例えるとミネラルはオイル、タンパク質や脂肪や炭水化物などはガソリンというイメージを持つと分かりやすいと思います。
 
塩分はナトリウムで余分な塩分を排出する働きはカリウムです。
ナトリウムとカリウム、カルシウムとマグネシウムという連携機能もあります。

私の飼っている高齢猫が腎臓を悪くして具合が悪くなりました。
体内のミネラルバランスを崩しているのではと思い、猫に軟水の硬度30以下のミネラルウォーターをあげたところ、みるみる回復した例もあります。
高齢になると人間も同じで、腎臓機能が低下します。
家にいると浄水で水分補給しやすいですが、高齢の方はミネラルウォーターをペットボトル一本くらい飲めると体のミネラルバランスの維持に良いです。
食材なら海藻類や根菜類にミネラルが豊富に含まれています。
 
栄養が摂れて、血流を良くして、血液の質を良くすれば、細胞も元気になり、病気予防にもつながります。
 
これからの時期、熱中症にもなりやすいです。
毎日のミネラル補給が予防につながります。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


妊娠するための体を温める食品選び

野菜は煮たり焼いたりゆでたりして、できるだけ火を入れて食べましょう。


生野菜による水分過多で排出できなかった水分が体に溜まり体を冷やします。

サラダに使われるレタス、キュウリ、キャベツなどは90パーセント以上が水分です。
こうしたものを常に摂ることによって必然的に他の物の摂取量が減ってしまいます。

 
冷えを改善するためには、自然に近い状態のものを食べるようにしましょう。
お砂糖や塩は未精製のものや、精米していない玄米などを積極的に取り入れましょう。
切り身の魚より頭が付いたお魚や、大根なら葉つきのものを。
生より、漬けた漬物、干した魚、野菜などを焼いたり、煮る。
 
野菜は1日300gは摂ってください。
そうするとビタミンやミネラル、植物繊維の所要量がほぼカバーできます。

淡色野菜と緑色野菜のバランスは2対1くらいを目安にしましょう。
できれば野菜は7種類以上とるのが理想的です。

 

サラダが好きならゆでたジャガイモ、ニンジン、ブロッコリーなどの温野菜を摂ることで体を温めます。
またドレッシングをひまわり油、サフラワー油を使うと体を温めるビタミンEが摂れます。
さらにゴマ、しょうが、シソなどを加えると、ミネラルも十分補給できます。


妊娠するためには、体を温める食品を選んで取り入れていくことが大切です。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


精子の力

ひと昔前まででは、あまり考える必要もなかった「精子の力」
最近ではNHKの番組で特集を組まれるほど、世の中で着目されている重要な問題となっています。

草食男子という言葉もあるように、精子に危険がせまっていると言います。
以前NHKで放送されていた内容がとてもわかりやすいく、ご覧になった方もいらっしゃると思いますが、
大事なことなので、こちらのブログでも共有したいと思います。


受精して妊娠を成功させる力=「精子力」

精子が卵子まで辿りつかない、辿りついても受精できない、体外受精や顕微授精を何度挑戦してもなかなか成功しない場合、この精子力が関係している可能性があります。

・動きが悪い、あるいは動いていない
・数が少ない、あるいは無い
・奇形が多い
・そもそもDNAが傷ついている など

 

不妊治療で悩んでおられるカップルでも、不思議と男性は自分に原因は無いと思いこんでいるケースが多いです。
いつまでも精子さえあれば子どもができると思ってはいませんか。
おそらく1回の射精時の基準精子数が億単位と知識を持っているからではないでしょうか。
実際、億単位でも上記の通り、動きや形が悪かったり、傷ついていたりすれば、その中でいくつ正常な精子が残っているのでしょうか。
健康な人で1億個中4個しか正常な精子がいないそうです。
さらに30代から老化が加わると、場合によってはもっと少ない場合もあります。


顕微授精があるから大丈夫と思っていても、もし肝心のDNAが傷ついていたら…と考えると男性ももっと現実の自分の精子力を知ることが早い妊娠につながります。

 

ただし、精子は毎日生まれるため、日々の生活習慣や生活背景を見直すことで、精子力アップにつながることもあります。

日常で取り組める精子力アップの対策としては、

・運動不足 → 軽めの運動をすると◎
・坐り過ぎ → こまめに立ったり動いたりすると◎
・禁欲しない → タイミングあるいは採取する3〜4日前に1度出しておくと◎
・揚げ物など飽和脂肪酸の摂り過ぎ → 魚介類に含まれるオメガ3脂肪酸、亜鉛、ビタミンCなど◎
・体重管理する → 血流を良くすると◎
・寝る前のスマホやめる、照明をつけたまま寝ない、睡眠不足 → 質の良い睡眠をとると◎(7時間程度)
・長風呂、サウナ、膝の上でパソコン作業、ごろごろ寝そべるのはやめる → こたつや座イスでなく、椅子とテーブルに変えると◎
・ぴっちりした下着をはかない → トランクスなど◎
・喫煙、アルコール、カフェイン過多 → やめると◎
・夜勤がある人 → 遮光カーテンを活用すると◎
・ストレス過多 → 活性酸素を増やさない、リフレッシュが◎ など

 

サプリメントで栄養補助するのもおすすめです。
還元型コエンザイムQ10、ビタミンC・E、えごま油(亜麻仁油)、亜鉛、マカなどを摂ると、精子力がアップしやすいです。
その際、細胞の入れ替わりは、およそ3か月周期と言われているため、最低でも3か月は継続してのみ続けることが大切です。


これらのポイントは以下の2つ。

「活性酸素を増やさないこと」
「テストステロンを減らさないこと」

活性酸素が増えて溜まり過ぎると、精子が攻撃され傷つけられたり死滅する危険があります。
テストステロンも夜に分泌されるため、質の良い睡眠と量をとることが減少を抑制してしまうからです。


メンズ検査は、

・男性不妊の専門科
・泌尿器科
・体外受精を扱っている病院(体外受精を行う人対象)

で受けることができます。

精子が毎日生まれるように、値も毎回変動します。
取り組む中で、何回か受けて把握することが大切です。

 

精子力を上げると、もれなく将来の心臓疾患や糖尿病の予防にもつながります。
つまり、健康な体作りは、健康な精子を作るということです。

 

男性は言ってくれないと気付かない人が多く、
女性は言わなくても気づいて欲しい人が多いです。
夫婦であっても、男女の認識のズレは起きやすく多いものです。
 

・子どもが何で欲しいのか
・どんな家族を構築したいのか

未来の話をすることがズレを認識でき、一致につながります。

それから、

※ 治療以外の会話も楽しむこともお互いを認識し合う上で大切なので忘れてはいけません。

夫婦で何事も話し合い、納得した結論を一致させることが大切です。

 

鍼灸治療をタイミングあるいは採取の前に受けると、精子力がアップします。
ご夫婦で一緒に治療を受けに来られる方もいらっしゃいます。


どうぞ、お気軽にご相談ください。

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


低糖質、高タンパクを目指すと妊娠力が上がります

糖の摂り過ぎは、体の老化を早める原因になります。
 
「糖化」といって、糖分とタンパク質が加熱によって結びつき褐色の物質をつくって、茶色くします。
たとえば、玉ねぎを炒めると茶色くなるのも糖化です。
体内でも同じように、血糖値が高い状態が続くと糖化が起こり、体をサビさせます。
 
白米や小麦粉や白砂糖など精製された糖分はインスリンを分泌させるので、多く摂取しないほうがいいです。
毎朝パンを食べたり、麺類や菓子パンをよく食べたり、ケーキやチョコレートなどおやつによく食べる方は要注意です。
飲み物でも、乳酸菌飲料や野菜ジュース、果物ジュース、紅茶飲料や清涼飲料水など、知らず知らずのうちに糖質過剰になっている場合もあります。
イモ類も糖質の1つであることを忘れてはいけません。
 
妊活の場合、血糖値が高いと糖化によって卵巣機能が低下し、排卵障害が起こりやすくなり、妊娠力を下げます。
一般症状の場合、肝臓や副腎に負担がかかって、慢性疾患やアレルギー症状、低血糖症、脂肪肝、うつ傾向の症状が現れやすくなります。
 
糖分を摂るなら天然素材のものをできるだけ選びましょう。
たとえば黒糖・きび糖、てんさい糖、オリゴ糖、はちみつ、メープルシロップなどが良いです。
 
ただし、「体に良い」とされているものも摂りすぎるのはよくありません。

小腸内で消化・吸収されにくい糖類のことを「フォドマップ(発酵性糖類)*」と言います。

*(Fermentable:発酵性、Oligosaccharides:オリゴ糖、Disaccharides:二糖類、Monosaccharides:単糖類、Polyols:ポリオール)の略称のこと
たとえば、

オリゴ糖:きな粉、ごぼう、えんどう豆、小豆、玉ねぎ、はちみつ、にんにく、豆腐、小麦、ブロッコリー など
二糖類(乳糖):牛乳、ヨーグルト など
単糖類(果糖):はちみつ、糖蜜、果物 など
ポリオール(キシリトール・ソルビトールなど):シュガーレス菓子、プルーン、イチジク、マッシュルーム など
 
これらは一般的に体に良いとされていますが、摂り過ぎると毒になります。
 
フォドマップを摂り過ぎると、大腸で吸収されず、残ったフォドマップが腸内細菌のエサになって発酵して、腸内で多量のガスを作り出し、腹部膨満感を起こします。
発酵されずに残ったフォドマップは、下痢を起こしたりします。
 
炭水化物も5大栄養素の1つです。
ブドウ糖もエネルギー源として大事なことも有名です。悪者なわけではなく、
「摂る糖質を選ぶこと」「摂り過ぎに注意すること」「食べる順番を考えること(食物繊維→タンパク質→炭水化物)」
が大事です。
 
タンパク質が不足すると甘い物を欲しやすくなるので、甘いものを求めがちな時はタンパク質に意識をむけるようにしたり、
タンパク質をせっかく意識して摂っても、甘いものも同じように摂っていたら糖化される量も増えてしまうので減らす努力なども全て自分に返ってきます。
 
低糖質、高タンパクを目指すと妊娠力が上がります。
「低糖質」を心がけることが体の健康を守ります。
 
前回のタンパク質の記事と併せて参考にしてみてください。
http://kodakara.hohoemi-baby.net/?eid=955

 

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ


| 1/96PAGES | >>

記事を選ぶ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

記事を検索